« 峰のうどんを食べた後 … おでん「あわもり」(呉・新広) | トップページ | お元気そうでひと安心 … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) »

ぬる燗で飲む生ビール … 生ビール「ヌビチノ(El Nubichinom)」(横浜・桜木町)

ヴァイツェン・ボック燗


「カジさんのおすすめのビールをください。」

「わかりました。今日は何杯くらい飲んでいきますか?」

「2杯くらいかなあ。」

「じゃあ、1杯目は、燗をつけて飲むのが美味しいビールにしてみましょうか。」

「えっ! ビールでも燗が美味しいのがあるんですか?!」

「あるんですよ。こちらのヴァイツェン・ボックというビールです。」

 とメニューに並んでいるビールのひとつを指し示してくれるカジさん(=この店の店主)。なるほど「大山Gビール」製の、濃いヴァイツェン(白ビール)なんだそうで、35度くらいに温めて飲むとバナナ風の香りが高くなって美味しいんだそうです。

 ここ「ヌビチノ」は地ビールの生ビールが売りの店で、店主・カジさんがその時期、その時期に選んだビールを、常時6種類くらい置いています。基本的にはどのビールを飲んでも、Sサイズなら500円、Mサイズは800円、そしてLサイズは1,000円。

 メニューにも簡単な解説は書いてくれていますが、簡単なのは好みだけをカジさんに伝えて、おすすめを出してもらうこと。「今日は2杯飲みたいです」とか、「4杯ほど行きたいと思います」という予定を伝えておくと、どう飲めば美味しいかという順番も組み立ててくれます。

 狭い店内で一緒になったのは「Monday☆スナック」のよっちゃん(男性)と、ヒトミちゃん(女性)。

「ちょっと聞いてくれる」とヒトミちゃん。

「よっちゃんから『来週、オレとやらない?』っていうメールが来たのよ。えっ!?ってビックリしちゃってさあ。私はそんなに軽い女じゃないわ、って確認したら、『来週の月曜日、いつも「Monday☆スナック」をやってくれているひろたろうさんが休みなので、オレと一緒に「Monday☆スナック」をやってもらえないか?』っていうことだったのよ。もう、紛らわしいわよねえ。」

「で、『何を着ていけばいい?』って聞かれたからさ。『トレンチコートがいいよ』って。下着の上にトレンチコートだけってのがいいよね」とよっちゃん。

 あはは。「Monday☆スナック」では、店員さん(主としてひろたろうさん)がコスプレしてたりしますもんね。

 それにしても、ひろたろうさんもそうだけど、野毛で飲んでる女性陣は、みんなサラッと、あっけらかんと下ネタにも加わってくれます。女性陣のノリが抜群いいので、けっこう際どい内容でも、大笑いネタにしていくのがすばらしい。

 池波正太郎さんが、その著書「散歩のとき何か食べたくなって」の中の、「横浜あちらこちら」という章で、

『当時の横浜の人びとには、明治以来の開港地の人情と、さっぱりとした気性が濃厚に残っていて、ことに若い女たちの明るい、奔放とも言える言動と人懐(ひとなつ)っこさが私をおどろかせた。それは東京の女たちにはない、一種、特別なものだったようである。』

 ということを書かれているのですが、この中の『当時の』というのは昭和15(1940)年頃のことです。それから70年以上たった現代においても、その気風(きっぷ)はきっちりと受け継がれているように思います。

 2杯目としてカジさんがすすめてくれたのは、名古屋は「金しゃちビール」のインペリアル・チョコレート・スタウト。原料の一部にチョコレートモルト(=深焙りした麦芽)を用いた、濃厚でやわらかい香味の黒ビールです。

「できたてのフレッシュなものと、3ヶ月寝かしたものの両方がありますが、どっちにしますか?」とカジさん。

 さっきまで燗づけした濃厚なビールをいただいていたので、今度はフレッシュなほうにしてみましょうか。

 ちなみに醸造元で出しているのは、フレッシュなインペリアル・チョコレート・スタウトのみ。3ヶ月熟成生ビールは、カジさんが3ヶ月前に仕入れて、それをこの店の冷蔵庫で熟成させたんだそうです。

 その3ヶ月熟成のほうも、味見用にちょっと出してくれましたが、確かに味わいがぜんぜん違う。これはおもしろいなぁ。

 店内の冷蔵庫がそれほど大きくないこともあって、いつも熟成させておくことはできないそうですが、またいいものがあれば熟成させてみたいとのことでした。

 「これもちょっと味見で」と出してくれたのは、「チーズ工房IKEGAWA」の自家製手作りナチュラルチーズ「サワークリーム」です。ここのご主人は脱サラして2007年にジャージー牛1頭で「チーズ工房IKEGAWA」をオープンし、現在に至っているんだそうです。

 やぁ、ビールもチーズも美味しかった。そして何より楽しかった。お勘定はS2杯で1,000円でした。どうもごちそうさま。

110210a 110210b 110210c
燗づけ中 / インペリアル・チョコレート・スタウト / サワークリーム

店情報前回

《平成23(2011)年2月10日(木)の記録》

|

« 峰のうどんを食べた後 … おでん「あわもり」(呉・新広) | トップページ | お元気そうでひと安心 … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) »

コメント

広島市内のBEER BAR「GOLDEN GARDEN」で燗したビールを飲んだことがあります。12月の寒い日でした。その時は「へぇーおいしいですね」なんて言って飲みましたが、実は後味があんまりよくなかった。冷えたビールが好きです(笑)。

投稿: おおかわ | 2011.05.30 19:20

燗付けビール…どのような感じかな…。私は、コーラを暖めて呑んだことあるけど、あのような感じかな?

投稿: りゅうちゃん | 2011.05.31 16:47

洋食屋「たいめいけん」の先代主人、故茂出木心護氏は普通の瓶ビールを温めて飲んだそうです。多分中公文庫の著作のどれかだったと思いますが、ストーブの上に水入りバケツを乗せて、その中にビール瓶ごと入れて温めたと書いてありました。理由は出来たてのビールは温かいから、温めた方が出来たての味に近くなるということでした。ビール工場を見学すれば、出来たてで瓶詰めされたばかりの熱いビール瓶がシャワー状の放水の中を通って冷やされているのが分かるでしょう、とも書かれていました。

私も見学に行ったことがあって、出来たてのビールはかなり熱いということは知っていました。それを読んで試してみようと思ってから20年は経っていると思いますが、未だにチャレンジしていません。缶ビールでやってみようかな。温度は覚えていませんが、多分50度くらいだったような。私が勝手にそう思ったのかもしれません。

投稿: 宝月 | 2011.07.24 02:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/51799231

この記事へのトラックバック一覧です: ぬる燗で飲む生ビール … 生ビール「ヌビチノ(El Nubichinom)」(横浜・桜木町):

» うれしい出会いに乾杯 … 生ビール「ヌビチノ(El Nubichinom)」(日ノ出町)他 [居酒屋礼賛]
 中華「第一亭」を出て、上大岡川沿いを下流(桜木町駅方面)へ。本日臨時休業の「ホッピー仙人」の下を通って野毛小路へと入り、これまた久しぶりとなる「福田フライ」です。  「福田フライ」は、戦後すぐの昭和23(1948)年頃に開店。創業店主が亡くなったあと、その奥さんの福田サダ子さんがひとりで切り盛りしながら、お子さんたちを育ててきました。今ではそのお子さんたちも店を手伝っています。  「福田フライ」... [続きを読む]

受信: 2011.11.28 22:36

« 峰のうどんを食べた後 … おでん「あわもり」(呉・新広) | トップページ | お元気そうでひと安心 … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) »