« 久しぶりニューボトル … 居酒屋「ペルル(ぺるる)」(鷺ノ宮) | トップページ | 店情報: やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

夕食会は氷見の寒ぶり … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

しゃぶしゃぶ用ぶり切身


 久しぶりに「竹よし」の夕食会に参加です。

 通算101回目の夕食会となる今回のテーマは「氷見の寒ぶり」。昨日のうちに富山湾氷見港から、大きな発泡スチロールケースで直送されてきたのは、重さ8.5キロという立派な寒ぶり。

 夕食会は午後5時に開始ながら、店に到着した順に生ビールが出され、三々五々飲み始めるのがいつもの夕食会スタイル。前菜としてサラダや枝豆が、カウンターやテーブルの上に並んでいて、それらをつまみながら参加者がそろうのを待ちます。

 開始と同時に出席することができるメンバーが全員そろったところで乾杯をして夕食会開始。ぶり料理の1品目として、大鍋のぶり大根煮が出されます。

 仕事などの都合で、午後5時に来ることができない人は、自分の都合に合わせて6時に来たり、7時に来たりしても大丈夫。夕食会は人数制限つき(店のキャパシティいっぱいの12人くらいまで)で事前予約制なので、その時点で、何時ごろ到着できるかを申告しておけば、料理は取っておいてくれるのです。

 続いてはぶり刺身。背の部分と腹の部分を盛り合わせてくれています。

 夕食会のときは、毎回その時季の旬の魚介類がテーマ食材として選ばれて、その食材をフルコースで楽しむことができるのです。完全予約制なので、どかんと立派な食材の仕入れが可能なんですね。

 ちなみに会費は5千円で、店内にあるお酒も飲み放題となります。私も1杯目の生ビールの後は、日本酒に切り換えます。寒ぶりにはやっぱり日本酒ですね。

 夕食会は、第100回までは毎月開催だったのですが、100回まで続いたのをきっかけに、それ以降は季節ごと(3ヶ月に1回程度)の開催となりました。今回が季節ごと開催の第1回目です。

 続いて出されたぶり照り焼きは、ひとりに大きなひと切れずつ。気に入った料理があればおかわりすることも可能ですが、ほとんどの場合、普通に出されるコースだけで満腹以上になってしまいます。

 ちょっとおまけでぶり卵の煮付けも出されたあと、合いの手として冷奴や玉子焼きなどの、ぶり料理以外のつまみも出されます。

 このあたりで、今日の出席予定者全員がそろい、改めて全員で乾杯し、ひとりひとりが自己紹介を兼ねて近況報告です。店主からは、今日のテーマ食材に関する説明や思い入れも疲労されます。

 自己紹介も終わると、カウンター上には固形燃料のミニコンロ、テーブル上には卓上ガスコンロが出され、ぶりしゃぶの準備が整います。

 ぶりしゃぶは、刺身よりは少し薄めに引いたぶりの切り身を、熱い出汁(だし)の中でちょっと泳がせて、サッと色が変わったころあいで、ポン酢醤油でいただく一品。ぶりの身の表面の脂分が飛んで、口に入れた感じがあっさりとするのが特長。脂ぎった刺身は、あまり大量には食べられませんが、こうやってしゃぶしゃぶにするといくらでも食べられそう。

 ぶりしゃぶの鍋で野菜もたっぷりといただいた後、鍋はいったんカウンターの中に引き上げられて、代わって出されたのは焼き網です。そして大皿にたっぷりと盛られているのは、なんと寒ぶりの内臓類(もつ)です。この焼き網で、ぶりのもつ焼きを作って食べるんですね! これはすごい。

 最後は、ぶりしゃぶ鍋に残っている、ぶりと野菜の出汁(だし)がたっぷりと出たスープを使って、ぶり雑炊です。ぶりの切り身も追加投入して、超豪華版のぶり雑炊となりました。

 午後9時半まで、たっぷりと4時間半もの夕食会に大満足。次回以降もまた楽しみですね。どうもごちそうさま。(なお、これに続く第102回目は、去る2011年6月11日(土)に開催されました。テーマ食材は鱧(はも)でした。)

110212a1 110212a2 110212a3
「竹よし」 / 今日の日本酒 / ぶり大根煮

110212b1 110212b2 110212b3
ぶり刺身 / ぶり照焼 / ぶり卵煮付

110212c1 110212c2 110212c3
ぶりしゃぶ / ぶりもつ焼き / ぶり雑炊

店情報前回

《平成23(2011)年2月12日(土)の記録》

|

« 久しぶりニューボトル … 居酒屋「ペルル(ぺるる)」(鷺ノ宮) | トップページ | 店情報: やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/51984402

この記事へのトラックバック一覧です: 夕食会は氷見の寒ぶり … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» 自宅近くの名店めぐり … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政)など [居酒屋礼賛]
 ドーンッ! 左から荒木マタエモンさん、Qちゃん、キクさん、そして渋い横顔はハッシーという、「東京自由人日記」でもおなじみのメンバーが、野方「秋元屋」のカウンターに勢ぞろいです。ここに「東京自由人日記」の小西さんがいないのが残念ですねぇ。小西さんは今日は吉田類さんの句会に参加されているんだそうです。  昨夜、明け方近くまで飲んだので、今日は昼過ぎまでゆっくりと眠り、軽めの昼食をとってしばらくすると... [続きを読む]

受信: 2011.07.09 06:59

« 久しぶりニューボトル … 居酒屋「ペルル(ぺるる)」(鷺ノ宮) | トップページ | 店情報: やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »