« 日曜、夜の屋台めぐり … 屋台「あしあと」&「かさ」(呉) | トップページ | 二人では食べきれない … 焼肉・ホルモン「ほらふき」(呉) »

店情報: 焼肉・ホルモン「ほらふき」(呉)

    110223a
  • 店名: 焼肉・ホルモン ほらふき
  • 電話: 0823-23-6620(予約:090-2804-5885)
  • 住所: 737-0045 広島県呉市本通2-7-12
  • 営業: 17:00-22:00、日・第3月休(祝日は営業)
  • 場所: 本通りの「四ツ道路」信号交差点から、亀山神社の方向に進むこと100mほど、左手のセブンイレブンの先の角を左折したすぐ先、左手。呉駅からの総距離は1キロ(徒歩19分)ほど。
  • メモ: 4人掛けテーブル2卓、6人掛け座卓2卓の、合計20席。看板メニューの「ほらふき鍋」(1人前1,900円)は、この店独自の味付けのホルモン鍋。野菜たっぷりで1人前たのむと、3人が満腹になるほどの量。鍋のあとは“おじや”にして、「ほらふき鍋おじや」が楽しめる。駐車場有り。
    付き出し100/人。 〔鍋物〕ほらふき鍋(1人前)1,900(豆腐、もち、えのき、白菜、ネギ、タマネギ、天ぷら、もやし、ホルモン、ハチノス、うどん)、石鍋(1人前)800(ネギ、タマネギ、もやし、ホルモン)。 〔焼肉〕タン1,100、ロース1,100、プルコギ900、カルビー800、ミノ800、キモ700、豚バラ600、トントロ600、ホルモン600、ハチノス500。 〔一品料理〕豚耳400、豚足450、ゆで豚550、豚キムチ550、チジミ450、チャンジャ350、キムチ250、辛いやっこ300、ナムル300、もやし炒め400、大根おろし300、砂肝いため450、チャンジャ焼き飯550。 〔刺身〕セン刺し600。 〔おすすめ:最後のおじや〕ご飯 大250・中200・小150。 〔飲み物〕生ビール550、ビンビール(大)600、ウイスキー水割り500・ハイボール500・ロック600、チューハイ(レモン・ライム)350、焼酎水割り・湯割り・ロック350、日本酒一合350・二合700、冷酒700、オレンジ200、コーラ200、ウーロン200。(2014年11月調べ、2016年9月確認)

    〔鍋物〕ほらふき鍋(1人前)1,800(えのき、白菜、ネギ、玉ねぎ、天ぷら、もやし、ホルモン、ハチノス、うどん ※鍋の具材は追加可能)、石鍋(1人前)700(ネギ、玉ねぎ、もやし、ホルモン)。 〔焼肉〕プルコギ900、ロース1,100、カルビー800、キモ600、豚バラ600、トントロ600、ホルモン500、ミノ800、タン1,100、ハチノス400。 〔一品料理〕豚耳400、豚足450、ゆで豚550、豚キムチ550、チジミ400、チャンジャ300、キムチ200、ナムル etc 200、辛いやっこ300、もやし炒め400、大根おろし300、砂肝いため450、チャンジャ焼き飯550。 〔刺身〕セン刺し600。 〔おすすめ:最後のおじや〕ご飯 大200・中150・小100。 〔飲み物〕生ビール550、ビンビール(大)600、ウイスキー水割り500・ロック600、チュウハイ(レモン・ライム)350、焼酎水割り350・ロック350、日本酒一合350・二合700、冷酒700、オレンジ150、コーラ150、ウーロン150。(2012年2月調べ)

|

« 日曜、夜の屋台めぐり … 屋台「あしあと」&「かさ」(呉) | トップページ | 二人では食べきれない … 焼肉・ホルモン「ほらふき」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/52069228

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: 焼肉・ホルモン「ほらふき」(呉):

» 二人では食べきれない … 焼肉・ホルモン「ほらふき」(呉) [居酒屋礼賛]
 横浜で一緒に仕事をしていたKさんが、出張で呉にやってきたので、仕事が終わってから呉の街に繰り出します。  「魚と肉とどっちがいい?」と聞くと、若いKさんは「肉のほうがいいです」とのこと。それでは、と向かったのは、前々から行ってみたかった四つ道路(よつどうろ)の「ほらふき」です。  白地に黒で「ほらふき」と染め抜かれたのれんをくぐり、店内に入ると、水曜、午後7時の店内は、すでにお客がいっぱい。  ... [続きを読む]

受信: 2011.06.28 21:49

» 予約して、ほらふき鍋 … 焼肉・ホルモン「ほらふき」(呉) [居酒屋礼賛]
 4人で飲みに行くことになり、「ほらふき」に電話予約を入れます。 「4人は男性ですか?」と電話の向こうの女将さん。 「そうです」と答えると、 (女将)「じゃ、2人前くらい用意しておきましょうか?」 (私)「いや、4人ともそれほど若くないので、1人前にしておいてください。」 (女将)「わかりました。足りなければその場で追加してくださいね。」  ということで予約完了。ほとんどの人は、この店の名物“ほら... [続きを読む]

受信: 2012.03.10 10:53

» 自家製タレでせん刺し … 焼肉・なべ「ほらふき」(呉) [居酒屋礼賛]
 やっと風邪も治って、今日は呉の地域情報誌である月刊「くれえばん」の取材で「ほらふき」です。  はじめていただいた、せん刺し(600円)には、自家製の赤いタレが添えられています。見た目はとっても辛そうに見えるのに、実際に食べてみるとそんなことはなくて、酸味が効いたいい味わいでした。  ここに来る客、ほぼ全員が注文するという定番の名物が、ほらふき鍋。1人前が1,800円ながら、この1人前で、女性であ... [続きを読む]

受信: 2012.06.03 12:38

» ほらふき鍋で燗酒6升 … 焼肉・ホルモン「ほらふき」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
「ブラジルには鍋ものがない。ぜひ鍋が食べたいなあ」  という話をしていたら、元の職場の面々が「ほらふき」を予約してくれて、14人で『ほらふき鍋』を囲むことになった。  『ほらふき鍋』というのは、「ほらふき」の先代女将(現在の女将のお母さん)が考案した、オリジナルの牛もつ鍋。もともとは女将のご家庭で、家庭料理として食べていたものを、店でも出すようになったんだそうな。  この『ほらふき鍋』、牛もつ(ホ... [続きを読む]

受信: 2014.12.15 22:07

» はじめてのひとり石鍋 … 焼肉・なべ「ほらふき」(呉) [居酒屋礼賛]
「こんばんは。ひとりです」  と入った「ほらふき」の店内は、左手小上がりの座卓は満席になるほどのグループ客がいるものの、右手にあるテーブル席2卓は空いている。 「あらぁ、いらっしゃいませ。そちらにどうぞ」  と空いているテーブル席を指し示してくれる女将の薫さん。 「石鍋を用意しますか?」と聞いてくれる。 「ええ、そうしてください。あと生ビールをお願いします」  合わせて生ビール(中ジョッキ550円... [続きを読む]

受信: 2016.09.29 22:00

« 日曜、夜の屋台めぐり … 屋台「あしあと」&「かさ」(呉) | トップページ | 二人では食べきれない … 焼肉・ホルモン「ほらふき」(呉) »