« お元気そうでひと安心 … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) | トップページ | 最後はトマト割で乾杯 … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) »

東京で食べたいものは … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野)

つくね(塩・タレ)


 東京に帰ってくると食べたいのが“もつ焼き”、飲みたいのが“ホッピー”です。

 そんなわけで、中野駅南口の「北国」を出て、今度は北口側に広がる中野5丁目の酒場街へ。目指すは「石松」です。

 カウンターのみ、普通に座って7席、がんばって詰めても9席くらいの店内は、満席で入れないことも多いんだけど、今日はどうかな!?

 よしっ。空いてる!

 午後9時半の店内は、ちょうど入れ替わり時間帯なのか半分ほどの入り。奥のほうには常連にして、中野の酒場通でもあるSさんたちの姿も見えます。

 「こんばんは」と店内に入り、カウンターのまん中、やや前側に座り、ボトルキープしている金宮焼酎を黒ホッピーでいただきます。

 最近、ノンアルコールビールも各社から発売されていますが、ホッピーは実はノンアルコールではありません。アルコール度数1%未満という少量ながら、ちゃんとアルコールが入っているのです。少量といえどもアルコールが入っているのと、いないのと。こんなにも味が違うのかと思うくらい、ホッピーはうまいっ!

 白ホッピーとも呼ばれる、もともとのホッピーがプレーンな味わいなのに対して、後からできた黒ホッピーはその味わいにコクがあるのが特徴。チーズやカレーなどにもよく合うアルコールドリンクとなります。

 今日のお通しはセンマイ刺。ここ「石松」では、豚もつを中心に、少量ながら牛もつも仕入れているのです。

 西日本エリアでは、食肉は牛や鶏の流通が多いようですが、東京も含む関東圏では圧倒的に豚。テレビ番組などでもよく紹介されているとおり、カレーや肉ジャガに入る肉も、関東圏では豚肉が標準的です。

 そして、その豚肉が出れば出るほど、畜産副生物としての豚もつもどんどん出てくる仕組みです。

 食肉市場に豚が運ばれてくると、まず頭や手足の先、そして内臓が落とされ、それ以外の部分が精肉処理ルートへと回っていきます。この最初に落とされる、精肉ルートにのらない部分が豚もつなのです。

 だから、学校給食の需要が減る夏休みの時期などは、豚肉の流通量が減るため、それに合わせて豚もつの流通も減ってしまうんだそうです。

 せっかくSさんもいらっしゃるので、にっきーさんにもメールしてみると、これからこちらに向かってくれるとのこと。

 もつ焼きのほうは、先客の注文に便乗してネギマ(120円)やガツ醤油(100円)をいただきます。

 にっきーさんも到着。今飲んでいる金宮のボトルは、にっきーさんとも連名なのですが、このボトルのほかに、にっきーさんはブラックニッカ・クリアブレンド(ウイスキー)もキープされていて、それをソーダ割りでいただきます。

 そして、店主に無理をお願いして作ってもらったのがレバ刺です。

 昔は人気メニューだった「石松」のレバ刺ですが、現在のメニューにはレバ刺はありません。店主も自らは絶対に出しません。昔から通い慣れたお客さんから「危険は承知のうえで、どうしても(昔のように)レバーを生で食べたい。自己責任で食べるから出してくれ」と強要された場合にのみ、(レバーの鮮度や状態、季節などを勘案しながら)仕方なく出してくれることもあります。

 このレバ刺も、そうやって頼みこんで出してもらった一品。そうしてでも食べたいくらい信頼のできる店じゃないと、生肉や生の内臓は食べられないし、食べたくないですよね。

 さらには、これまた名物のツクネ(150円)をタレと塩で、それぞれ1本ずつ焼いてもらって、日付けが変わる頃まで2時間半ほどの滞在は、ふたりで1,800円でした。どうもごちそうさま。

110210g 110210h 110210i
黒ホッピーとお通し(センマイ) / ねぎま / がつ醤油

店情報前回

《平成23(2011)年2月10日(木)の記録》

|

« お元気そうでひと安心 … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) | トップページ | 最後はトマト割で乾杯 … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) »

コメント

6月4日の用賀でのイベントお疲れ様でした。『古典酒場コーナー』での店番もお疲れ様でした。皆様けっこう集まったらしいですね!私も行きたかったです。浜田信郎様、ありがとうございました。

投稿: りゅうちゃん | 2011.06.08 22:01

最近忙しくて飲みにいけない・・・・・
たまにはどっぷり、自分の趣味嗜好に合った飲み屋で、じんわり飲みたいなぁと、思っちゃって、そこで妄想状態、思考停止しちゃいますね☆

呉のお店も、拝見してて夢が膨らみますが、都内のお店に関しては、現実的に心身が反応するんですね~www

投稿: や~や | 2011.06.20 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/51841687

この記事へのトラックバック一覧です: 東京で食べたいものは … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野):

» 〆もやっぱりもつ焼き … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 向島の「かどや」を出て、間近に見える東京スカイツリーを見上げながら東京メトロ押上駅へ。地下鉄を乗り継いで中野まで戻り、最後は地元の酒友・にっきーさんと共にもつ焼き「石松」です。  他のお客さんたちの注文に便乗して、我われもタン塩をもらいます。  タンはもちろん豚の舌。東京のもつ焼き屋は、基本的に豚の畜産副生物を使います。  ざっくりと言うと、生体から枝肉を取った残りが畜産副産物で、その畜産副産物... [続きを読む]

受信: 2011.10.22 11:41

» もつやき石松@中野(後編) [東京ブウブウKING|中野の番人]
「もつやき石松@中野」の実食レポート【後編】。 【前編】は、こちら。 メニューです。 見えづらかったら、ごめんあそばせ。 石松での、オーダーの仕方について触れておきます。 ①お客が少ない時は...... [続きを読む]

受信: 2012.04.29 09:48

« お元気そうでひと安心 … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) | トップページ | 最後はトマト割で乾杯 … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) »