« 老舗屋台風だが新しい … 屋台「だるま」(呉) | トップページ | 何があったんだろう? … 屋台「一二三(いちにさん)」(呉) »

あわもりで全品食べて … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉)

「BAR ANCHOR」


 明日、金曜日の夜は、新幹線で東京へと向かう予定なので、木曜日の今日、広(ひろ)の「あわもり」へと向かいます。閉店まで1ヶ月を切ったので、少なくとも週に1回は「あわもり」に行っておこうと思っているのです。

 店についたのは午後7時。まずは大瓶ビール(500円)をもらって、おでん(1本90円)は厚揚げからスタートです。ふんわりとやわらかくて、ボリュームもある厚揚げは、飲み始めのすきっ腹にちょうどいいんですよねぇ。

 2巡目はスジとカワ。この店の名物2品です。3巡目のキモは、牛の肺臓をひと口大に切って串に刺したもの。もつ煮込みにしてもおいしい食材ですが、おでんの汁(つゆ)にもよく合います。

 4巡目に平天とジャガイモをもらったところで、飲み物も泡盛の梅割り(160円)にチェンジ。5巡目の棒天とロールキャベツにつなぎます。6巡目の玉子とウインナーで、泡盛梅割をおかわりし、7巡目はネギマ(ネギ+マグロ)と玉ネギを注文。この2品は注文を受けてからおでん鍋に投入され、できた順に出されます。

 8巡目のコンニャクをもらって、おかわりした泡盛梅割りは3杯目。泡盛だけ3杯飲んでも、けっこうできあがってしまうところを、今日は最初に大瓶ビールまで飲んでますからねぇ。すでにかなり酔ってます。9巡目に最後の〆としてイワシ団子をもらって、これで「あわもり」の14種類のおでん、全品制覇です!

 いやいや、この店に何度も通いましたが、1度に、すべてのおでんを食べたのは、これが初めてですねぇ。うれしい。

 2時間弱の滞在。おでん14本に、大瓶ビールと泡盛3杯で、お勘定は2,240でした。「あわもり」で2千円を超えるほど飲むと、思いっきり満腹になるし、思いっきり酔うということを思い知りました。うぅ~っ、ごちそうさま。

110310a 110310b 110310c
「あわもり」 / 厚揚げ / すじ(手前)、かわ

110310d 110310e 110310f
きも / ひらてん、じゃがいも / 泡盛梅割り

110310g 110310h 110310i
ぼうてん、ロールキャベツ / たまご、ウインナー / ねぎま

110310j 110310k 110310l
たまねぎ / こんにゃく / いわしだんご

(筆者注:「あわもり」は2011年3月末をもって閉店いたしました。)

            ◇   ◇   ◇

 呉に戻ってきたものの、お腹はいっぱいだわ、すっかり酔ってるわで、あと1軒くらい行くのがやっとの状態。ま、平日(木曜日)だから、それくらいでちょうどいいか。じゃ、〆の1軒はバーにしますか。

 向かったのは小さなビルの2階にある、隠れ家風のオーセンティックバー、「BAR ANCHOR(バー・アンカー)」です。

 まずは広からここまで移動してきた喉の渇きをいやすため、ジンフィズ(900円)をいただきます。ジンフィズは、ジンに砂糖とレモン果汁を入れてシェイクし、仕上げに炭酸を足したカクテル。強いお酒に、甘みと酸味を足して、炭酸でシュワシュワさせると、こんなにも飲みやすい飲み物になっちゃうんですね。ックゥ~ッ、うまいっ!

 今日のお通し(チャージ500円の中に含まれる)は、蜂蜜をかけたブルーチーズと、枝付き干しぶどう。どちらも大好きなつまみです。蜂蜜をかけたブルーチーズは、ワインにも合うけど、ウイスキーにも合うんですよね。

 じゃ、2杯目はウイスキーだ。このところ「BAR ANCHOR」では、サービス・ウイスキーを1本設定して、それを1杯500円(ワンコイン)で飲ませてくれるのです。現在のサービス・ウイスキーは「オーヘントッシャン12年」(普段は1杯900円)。これをハイボール(炭酸割り)でいただきます。

 ボトル1本が空くと、次のサービス・ウイスキーに切り替わるのですが、1本が、ちょうど1ヶ月ほどもつので、「月替わりのサービス・ウイスキー」といった感じになっているんだそうです。

 なお、このサービス・ウイスキーは、ひとり1日に1回しか飲めません。明日、また来れば、また注文しても大丈夫です。自分が飲んだことがないようなウイスキーを飲んでみる、絶好の機会ではないかと思います。

 1時間半ほどの滞在は、1,900円でした。どうもごちそうさま。

110310m 110310n 110310o
ジン・フィズ / ブルーチーズと枝付き干しぶどう / オーヘントッシャン・ハイボール

・「BAR ANCHOR」の店情報前回

《平成23(2011)年3月10日(木)の記録》

|

« 老舗屋台風だが新しい … 屋台「だるま」(呉) | トップページ | 何があったんだろう? … 屋台「一二三(いちにさん)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/52182510

この記事へのトラックバック一覧です: あわもりで全品食べて … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉):

» 三連荘で飲む飲む飲む … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)など [居酒屋礼賛]
 一昨日(水曜)に引き続き、昨日(木曜)もまた送別会。この時期(3月末)は送別会が目白押しです。街なかの居酒屋で盛大に送別した後、主賓も含めて3人で屋台の「富士さん」へ。瓶ビール(キリンラガー中瓶、550円)をもらって、各自でおでん(1本100円)を注文。私は好物の“鶏もつ”を2本と、コーンバター(300円)も焼いてもらいます。けっこう飲み食いして、ここのお勘定は3人で4,700円(ひとり1,60... [続きを読む]

受信: 2011.07.20 22:10

« 老舗屋台風だが新しい … 屋台「だるま」(呉) | トップページ | 何があったんだろう? … 屋台「一二三(いちにさん)」(呉) »