« 締めはホルモンうどん … お好み焼き「のぶ」(呉) | トップページ | 東京名店めぐり1軒目 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) »

三連荘で飲む飲む飲む … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)など

「魚菜や」トークの日


 一昨日(水曜)に引き続き、昨日(木曜)もまた送別会。この時期(3月末)は送別会が目白押しです。街なかの居酒屋で盛大に送別した後、主賓も含めて3人で屋台の「富士さん」へ。瓶ビール(キリンラガー中瓶、550円)をもらって、各自でおでん(1本100円)を注文。私は好物の“鶏もつ”を2本と、コーンバター(300円)も焼いてもらいます。けっこう飲み食いして、ここのお勘定は3人で4,700円(ひとり1,600円弱)ほど。

 「富士さん」の前で解散し、家が同じ方向のAさんと二人で、「最後にもう1軒!」と入ったのは、隠れ家風オーセンティックバー、「アンカー(ANCHOR)」。Aさんはジンリッキー(900円)を、私はジンフィズ(900円)をもらって乾杯すると、今日のチャーム(お通し)はチーズクラッカー。「炒りたて生アーモンド」(600円)も作ってもらいます。最後の1杯として、Aさんはジンリッキーをおかわり。私はギムレット(900円)をいただきます。結局、飲み終えたのは平日なのに午前1時。お勘定はひとり500円のチャージ(チャームを含む)が付いて、ふたりで5,200円(ひとり2,600円)でした。

 一夜明けて、今日(金曜)は「魚菜や」の“トークの日”。もともとは、毎月19日に開催するから“19(トーク)の日”ということなのですが、「魚菜や」は土・日・祝日が定休日なので、19日が定休日にあたると、その前後の営業日に“トークの日”がずれるのです。

 つみれの吸い物から始まって、ナマコ酢や、アジ南蛮、わけぎぬた(イカ)、木の芽和えといった旬の料理をつまみに、地元・呉の「華鳩(はなはと)」や「白鴻(はくこう)」を燗でいただいて、最後は前割り焼酎(黒霧島)をこれまた燗で出してもらって飲み終えます。“トークの日”は会費制で、一律ひとり3千円です。

 金曜日ということで、ひとりでトコトコと向かったのは屋台の「一二三」。ここは基本的には金曜、土曜しか営業していないので、そこに合わせて出かけるしかないのです。その「一二三」に先客としていたのは、独身寮時代(30年近く前!)からの先輩・Tさんです。Tさんもこの屋台の常連さんなのです。

〔女将〕「あんたぁ、Tさん知っちょるか? おんなじ会社の人で、前からよう来てくれよるんじゃ。浜田さんのこと、よう知っとるいうて言うちょったで。」

〔浜田〕「知ってます、知ってます。独身寮のころからの大先輩です。そうなんですか。Tさんも、この店の常連さんなんですね。」

 なんて会話を交わしたのが、つい先日のこと。そのTさん、会社ではよく会うのですが、この屋台でやっと会うことができました。焼酎(いいちこ)を湯割り(400円)でもらってTさんと乾杯し、つまみにはメザシ(9尾450円)を炙ってもらいます。

 そこへ「よっ!」とあいさつしながら入ってきた常連さん。「おぉ、どしたんな。お前も来ちょったんか。久しぶりに会(お)うたのぉ」と、Tさんと親しげに話しています。

「わしの兄貴よ」とTさん。なんと! ご兄弟で「一二三」の常連さんだったんですね。週に二日しか開いていない屋台に、二人で通ってるのにめったに会わないというのが、これまたおもしろい。Tさんのお兄さんも、同じ会社なのですが、違う建屋で働いているのだそうで、社内ではお会いしたことがありませんでした。3人でワイワイと飲んで、お勘定(3人で5千円ほど)はTさんが払ってくれました。どうもありがとうございます。

 Tさん兄弟と別れて、家に向かいつつ、今日の最後の1軒として入ったのは、一昨日教えてもらったばかりのお好み焼き屋、「のぶ」です。「一二三」を出て、堺川をまたぐ「かえで橋」を渡ると、そこがもう「のぶ」。二つの店は近いのです。

 おぉ、一昨日はまばらな客の入りだったのに、さすがに金曜日の今日はお客が多いですねぇ。かろうじて空いていた、鉄板カウンターの、いちばん入り口近くの席に座り、まずは酎ハイ(400円)に、先日と同じくガンス焼きからスタートです。さらに、向こうのお客さんが注文したドンコ(椎茸)がいかにも美味しそうなので、私もそのドンコを、ハス(蓮根)と一緒に焼いてもらいます。

 壁のメニューには“野菜焼(600円)”というのがあるんだけど、いま焼いてもらってるのがそれなのかな。“野菜イタメ(600円)”というメニューもあるけど、どう違うんだろう。この店に来たのは2回目なので、まだまだわからないことだらけで、それもまたおもしろい。

 簡単に鉄板で炒めて塩をふっただけなのに、焼きあがってきたドンコとハスのおいしいこと。材料がいいんだろうなぁ。

 午前1時前までの滞在。お勘定は1,200円でした。ということは、ガンス焼きは200円だったんですね。どうもごちそうさま。また来ますね。

 そんなわけで、水・木・金と三連荘(さんれんちゃん)で思いっきり飲んだのでした。

110317a 110317b 110317c
「富士さん」鶏もつ / コーンバター / 「アンカー」炒りたて生アーモンド

110318a 110318b 110318c
「一二三」焼酎湯割り、メザシ / 「のぶ」がんす焼き、チューハイ / 野菜焼き

・「富士さん」(前回)/「アンカー」(前回)/「魚菜や」(前回)/「一二三」(前回)/「のぶ」(前回

《平成23(2011)年3月18日(金)の記録》

|

« 締めはホルモンうどん … お好み焼き「のぶ」(呉) | トップページ | 東京名店めぐり1軒目 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/52261675

この記事へのトラックバック一覧です: 三連荘で飲む飲む飲む … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)など:

» アサリたっぷりの貝汁 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) [居酒屋礼賛]
「今日は貝汁もありますよ」と女将に言われて、さっそく注文。 「たっぷりの汁が、酒飲みにはいいのよ」と大きな椀で出してくれた貝汁の、アサリの数が多いこと! 身体にも良さそうだけど、味わいが濃厚で、いいつまみにもなるなぁ。貝汁に合わせて「華鳩」の燗酒をもらいます。  昔は、呉の近くにもアサリを取る人がいて、その貝を使った貝汁が、この店の名物料理だったのです。だから、呉の呑兵衛の中には「魚菜や」というと... [続きを読む]

受信: 2011.08.08 17:24

» ホルモン焼きそばで〆 … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) [居酒屋礼賛]
 西武線沿線の呑み仲間・Hさんが出張で呉にやってきて、夕方、待ち合わせをしたのは小さな老舗ビアホール「オオムラ」です。店に到着すると、すでにHさんは飲み始めていて、私もさっそく生ビール(サッポロ、500円)をもらって乾杯します。  Hさん、実は1か月半ほど前にも呉に出張だったのですが、そのときは、二日間で4人の来客という異例の事態。二夜連続のダブルヘッダー飲み会の最後(第4試合目?!)がHさんとの... [続きを読む]

受信: 2011.08.12 00:45

» カマンベールフランベ … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉) [居酒屋礼賛]
 お酒と甘いものは基本的には合わないんだけれど、チーズは別です。  たとえば蜂蜜をとろりと付けていただくブルーチーズ。最初に蜂蜜の甘さが舌の上に広がって、噛みしめるとブルーチーズならではの旨みを伴うしょっぱさ(塩っぽさ)と香りが口の中から鼻腔全体にふくらんできます。そこでお酒をクイッと一口。たまりませんなぁ。ワインにもウイスキーにもよく合うんですよね。  このところ、『バー「アンカー」に来るのは初... [続きを読む]

受信: 2011.08.13 02:12

» プロが注いだ瓶ビール … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉)など [居酒屋礼賛]
 バーというと、ついカクテルやウイスキーに目が向きがちですが、バーテンダーは“飲み物のプロ”。ビールだって、シェリーだって、そしてたまにはコーヒーだって美味いのです。  バー「アンカー」には生ビールはありません。置いているのは4種類の瓶ビール(各800円)のみ。そのうち3種類は、アメリカを代表するマイクロブルワリー「アンカー・ブルーイング」社のアンカー・スチームビール、アンカー・リバティエール、ア... [続きを読む]

受信: 2011.09.08 23:04

» 呑兵衛好みのネギ焼き … お好み焼き「のぶ」(呉) [居酒屋礼賛]
「ネギ焼きは、昔から呉で食べられていたお好み焼き。お酒のつまみにもちょうどいいのよ」  そう話してくれながら、次々とネギ焼き(500円)を焼いていく女将さん。どこかのスタンドから注文が入ったのか、鉄板の上には大量のネギ焼きが並んでいます。  普通の(広島の)お好み焼きと同様に、まずは薄く丸くお好み焼きの生地を広げ、その上に鰹節の粉を振りかけます。普通のお好み焼きは、ここからキャベツやモヤシがてんこ... [続きを読む]

受信: 2011.09.10 15:41

« 締めはホルモンうどん … お好み焼き「のぶ」(呉) | トップページ | 東京名店めぐり1軒目 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(立石) »