« 東京名店めぐり3軒目 … 「河本(かわもと)」(木場) | トップページ | 東京名店めぐり5軒目 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

東京名店めぐり4軒目 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷)

春は桜正宗


 宇ち中さん、丁稚さんと向かう本日の4軒目は、台東区根岸にある老舗酒場、「鍵屋」です。

 「鍵屋」は、幕末の安政3(1856)年に酒問屋として創業し、昭和初期からその一角でお酒が飲めるようになりました。戦後、昭和24(1949)年に本格的な居酒屋に転身。現在の店は大正時代の建物を元にしたもので、楓(かえで)の丸太をスパッと半分に割った重厚なカウンターと、店の奥の百日紅(さるすべり)の柱に、店の風格を感じます。

 しかしながら、今日は3人連れなので小上がりの座卓へ。

「春は『桜正宗』、秋なら『菊正宗』と、季節の花で飲むのもいいよね」

 と春らしく「桜正宗」(正一合、530円)をもらうと、今日のお通し(サービス)はトコロテンです。正規のメニューにもあるトコロテン(正規メニューでは420円)が、お通しで出されるというのも珍しいですね。もちろん正規メニューよりも、量は圧倒的に少ないんでしょうが。

 3人いると、いろいろと注文することができます。

 土曜日だけの限定メニュー・玉子焼き(540円)は、大きくカットした玉子焼き2切れの横に、こんもりと大根おろしが添えられています。どうして「土曜日限定」なんでしょうね。いつも作ると大変なので、週に1回だけ、それを土曜日に決めた、ということなのでしょうか。でも「土曜日限定」と書かれていると、土曜日に来ると『注文しなきゃ!』って感じになっちゃいますよね。

 続いては「秋冬限定」の湯どうふ(730円)。鱈(たら)が一切れ入っているのがいいではありませんか。

 そしてお新香(470円)は、カブ、白菜、キュウリ、紅ショウガの盛り合せで、小鉢のふちに練り辛子が添えられています。

 この店の料理はすべて、昔からずっと伝わっているものばかりで、作り方も昔のままを引き継いでいるんだそうです。終戦後の呑兵衛も、高度成長期の呑兵衛も、バブル期の呑兵衛も、そして現在の呑兵衛も、みんな同じものをつつきながら、同じように燗酒を飲んでたんだなぁ。

 1時間40分ほどの滞在。お勘定は3人で4,400円(ひとり1,470円)ほどでした。

110319j 110319k 110319l
「鍵屋」 / お品書き / お通しの、ところてん

110319m 110319n 110319o
玉子焼 / 湯どうふ / お新香

店情報前回

《平成23(2011)年3月19日(土)の記録》

|

« 東京名店めぐり3軒目 … 「河本(かわもと)」(木場) | トップページ | 東京名店めぐり5軒目 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/52325873

この記事へのトラックバック一覧です: 東京名店めぐり4軒目 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷):

» とりもつなべで菊正宗 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) [居酒屋礼賛]
 2年ぶりの「鍵屋」は満席に近い状態。しかしながら、カウンターの中央部にちょうどひとり分の空席があって、そこに入れてもらうことができました。  すぐに出されるお通し(サービス)は、小さな器のところてん。 「菊正宗(530円)と、とりもつなべ(690円)をお願いします」  と注文すると、奥の厨房に『とりもつなべ』の注文が通され、カウンター内の銅製の燗づけ器で、菊正宗の燗がつけられます。  酒問屋とし... [続きを読む]

受信: 2013.03.24 10:55

« 東京名店めぐり3軒目 … 「河本(かわもと)」(木場) | トップページ | 東京名店めぐり5軒目 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) »