« 東京名店めぐり2軒目 … おでん「二毛作(にもうさく)」(立石) | トップページ | 東京名店めぐり4軒目 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) »

東京名店めぐり3軒目 … 「河本(かわもと)」(木場)

「河本」


 1軒目の「宇ち多゛」で合流し、2軒目の「二毛作」でもご一緒させていただいた、宇ち中(うちちゅう)さんと、「『河本』の口開けを目指そう!」と木場(きば)に向かいます。

 「河本」の創業は昭和7(1932)年。建物は昭和21(1946)年に建てられたもの。二代目店主・真寿美さんが、弟さんと二人で切り盛りする大衆酒場です。

 その「河本」に到着したのは、午後4時10分。口開けには間に合いませんでしたが、まだ開店から10分しかたってないから大丈夫。「ン」の形をしたカウンターの、入口から見て左端、「ン」の字の左下隅の位置に並んで座り、いつものようにホッピー(400円)とニコタマ(煮込み玉子入り、300円)をもらいます。

 ホッピーと煮込みは、豆腐(夏は“やっこさん”、冬は“ゆどうふ”)と並んで「河本」の3大名物。冬場にはさらにおでんも加わって4大名物になります。

 今日の料理メニューは、にこみ(300円)、ゆどうふ(大200円・小100円)、おでん(400円)という定番の人気商品の他に、かけじょうゆ(マグロブツ、400円)、さらしくじら(400円)、しおから(200円)、柿の種(200円)、バタピーナツ(200円)が並んでいます。

 この店に来るのは昨年の10月以来、5ヶ月ぶりなんだけど、それくらいのブランクはびくともしない、ゆるぎない安定感がありますねぇ。奥のカウンター(「ン」の字の、上の点のところ)に居並ぶ常連さんたちが変わらないからかなぁ。

 ホッピーができた当初(昭和23年)から出しているという「河本」のホッピーは、どこまでもやわらかく飲みやすく、脂分たっぷりの煮込みとの相性も抜群です。この組み合わせの妙も、ちっとも変わらないなぁ。

 この店で、「丁稚飲酒帳」の丁稚さんとも合流し、1時間半ほどの滞在。お勘定は3人で3,200円(ひとり1,070円)ほどでした。

 さぁ、3人で次に行こう!

110319g 110319h 110319i
ホッピー / にこたま / メニュー

店情報前回

《平成23(2011)年3月19日(土)の記録》

|

« 東京名店めぐり2軒目 … おでん「二毛作(にもうさく)」(立石) | トップページ | 東京名店めぐり4軒目 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/52316577

この記事へのトラックバック一覧です: 東京名店めぐり3軒目 … 「河本(かわもと)」(木場):

» 常連席から見える景色 … 煮込み「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 9連休の夏休みも、半ばを過ぎて後半戦。夏休み6日目の今日(木曜日)は、CS放送の旅チャンネルで、太田和彦さんの居酒屋紀行シリーズを長年にわたって制作してこられた小川洋一さんと、木場の「河本」で待ち合わせ。  午後5時の待ち合わせ時刻に、ちょっと遅れて店に到着すると、小川さんはすでに店内で飲み始めています。しかも奥側の常連さん用カウンターにいるではありませんか! 「浜田さんもこっちにどうぞ。いいよ... [続きを読む]

受信: 2011.10.12 20:49

« 東京名店めぐり2軒目 … おでん「二毛作(にもうさく)」(立石) | トップページ | 東京名店めぐり4軒目 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷) »