« 古典酒場の座談会にて … 「まるます家(まるますや)」(赤羽) | トップページ | 電車を待つ間にかるく … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) »

久しぶりのせん菜炒め … 長浜ラーメン「御天(ごてん)」(下井草)

久しぶりのせん菜炒め


 赤羽「まるます家」での、「古典酒場 Vol.10」の居酒屋ブロガー座談会を終えて、すぐ近くの「八起(やおき)」の2階座敷席で二次会(7人で7,650円)。

 その後、宇ち中(うちちゅう)さんとともに、昨夜から二夜連続となる「竹よし」で三次会。店内には「東京自由人日記」の小西さんや、荒木マタエモンさん、Qちゃん、歩く酒場データベースKさんご夫妻、地元のふぢもとさんや四女・直ちゃんたちがずらりと勢ぞろいしていて、さらには「アル中ハイマー日記」のにっきーさんも合流。カウンターの中で手伝っているのが「竹よし便り。」でもおなじみの長女・ちくちゃんという豪華メンバーです。

 今日は、メニューに山菜の天ぷらが並んでいます。たらのめ、うるい、ふきのとう、こごみ、白まいたけのそれぞれが1個200円。盛り合わせで作ってもらい、他にも塩辛(350円)や、イカワタ味付け(400円)などをもらって、3人(宇ち中さん、にっきーさんと私)で3,550円でした。今日はすでにお腹もいっぱいなので注文しませんでしたが、小すっぽん鍋(1,000円)なんて品書きもあるんですね!

 「竹よし」を出たところで、午後11時50分。遠くから来てくれていたメンバーは、ここでやむなく戦線離脱し、残った地元メンバー(荒木さん、にっきーさん、ふぢもとさん、直ちゃん、私)で下井草の「御天」へと向かいます。私自身、昨年の9月以来、半年ぶりとなる「御天」。ここに来るとやっぱり、せん菜(さい)炒め(550円)に玉露ハイ(400円)ですね。さらには博多鉄鍋餃子(2人前960円)などももらって、最後はラーメン(700円)で〆。このラーメン、生ニンニク(50円)をトッピングすると爆発的に美味しくなるのですが、いかんせんニンニクが強烈に効きすぎて、翌日も家族から嫌われるくらいの状態になってしまうのです。そこで、別皿で生ニンニク(50円)を1個もらって、それをみんなでシェアします。ニンニクの効きは弱まりますが、これくらいなら明日も大丈夫!

 ご一緒いただいたみなさん、遅くまでありがとうございました。

110320j 110320k 110320l
赤羽「八起」 / 都立家政「竹よし」 / 下井草「御天」

110320m 110320n 110320o
博多鉄鍋餃子(2人前) / 〆のラーメン / 別皿の生ニンニク

店情報前回

《平成23(2011)年3月20日(日)の記録》

|

« 古典酒場の座談会にて … 「まるます家(まるますや)」(赤羽) | トップページ | 電車を待つ間にかるく … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/52388030

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのせん菜炒め … 長浜ラーメン「御天(ごてん)」(下井草):

» 飲んで飲んでラーメン … 長浜ラーメン「御天(ごてん)」(下井草) [居酒屋礼賛]
 正月三日は、朝から年賀状の整理をして、午後は湯島天神で受験生の息子の合格祈願。明日(4日)は呉(広島県)に向かわないといけないので、今日中にいろんなことを済ませなくては。  そこへ、ピピッとメールは、地元の酒友・ふぢもとさんです。 「にっきーさんがハオに来ましたよ~」  ハオというのは、ふぢもとさんが毎日のように通い詰める、井荻(いおぎ)駅前の中華料理屋「好吃(はおちい)」のこと。一品料理の他に... [続きを読む]

受信: 2012.02.16 00:25

« 古典酒場の座談会にて … 「まるます家(まるますや)」(赤羽) | トップページ | 電車を待つ間にかるく … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) »