« 朝から飲める大衆食堂 … お食事処「寿(ことぶき)」(呉) | トップページ | カマンベールフランベ … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉) »

ホルモン焼きそばで〆 … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉)

ホルモン焼きそば


 西武線沿線の呑み仲間・Hさんが出張で呉にやってきて、夕方、待ち合わせをしたのは小さな老舗ビアホール「オオムラ」です。店に到着すると、すでにHさんは飲み始めていて、私もさっそく生ビール(サッポロ、500円)をもらって乾杯します。

 Hさん、実は1か月半ほど前にも呉に出張だったのですが、そのときは、二日間で4人の来客という異例の事態。二夜連続のダブルヘッダー飲み会の最後(第4試合目?!)がHさんとの飲み会だったので、あまりゆっくりとはできなかったのでした。

 でも今日は大丈夫。「オオムラ」でのゼロ次会付きで、呉の呑兵衛フルコースを、じっくりと楽しんでいただく予定です。

 先は長いので、「オオムラ」は生ビール1杯くらいでサクッと切り上げたいところですが、そのビールのあまりの飲みやすさに『ぐっと1杯! 思わず2杯!』(←これが「オオムラ」のキャッチフレーズです)。

 「オオムラ」を出て、呉の呑兵衛フルコースの1軒目は“鳥屋(とりや)”です。

 “鳥屋”というのは、焼き鳥屋と、生簀(いけす)のある割烹を融合して、大衆向きにしたような、呉独特の酒場文化。もともとの始まりは「鳥好」ですが、それが「三鳥」、「鳥八」といったように広まっていったのです。店名に“鳥”の字が付いている店が多いので、こういった形態のお店のことを総称して“鳥屋”と呼ぶようになったのでした。

 数多い“鳥屋”のなか、我われが向かったのは、つい先日も行ったばかりの「鳥八茶屋」です。この時期の桜鯛(さくらだい)があまりに美味しかったので、ぜひHさんにも食べて帰ってもらおうと思っているのです。

 なので、さっそく真鯛の刺身(1,050円)と、鯛の頭酒蒸し(740円)を、それぞれ1人前ずつ注文し、それを待つ間に、“鳥屋”ならではの『とりあえず』の一品、みそ煮(160円)をもらって、「華鳩」のにごり酒(1合420円)で乾杯です。

 真鯛の刺身が出たところで、お酒を「誠鏡」(純米、1合半630円)に切り替えて、刺身はポン酢醤油でさっぱりといただきます。鯛の頭の酒蒸しには「華鳩」の燗酒(1合630円)です。

 2時間弱の滞在は、ふたりで3,880円(ひとり1,940円)でした。

 呉の呑兵衛フルコース、2軒目は“スタンド”です。“スタンド”というのは、スタンドバーの略称。スタンドバーというのは、立ち飲みということではなくて、カウンター席しかない簡易的なバーのことを指します。店のおねえさんはカウンターの内側にいて、ビールを注いだりはしてくれますが、お客さんのとなりに座って接客をするようなことはありません。呉には呉市スタンドバー組合という組織もあるほど、一般的な酒場の形態なのです。

 今日は、呉最古のスタンドバー、「どん底」に入り、樹齢400年の欅(けやき)一枚板の重厚なカウンターの前に陣取ります。

 ここ「どん底」も、昭和28(1953)年に開店した当初は『カウンターだけの簡易的なバー』だったそうなのですが、カウンターだけでは収容しきれないほどの人気で、片側を増やしてボックス席にし、それでも足りずに反対側も増やしてボックス席にし、と大きくなっていき、昭和45(1970)年に現在の木造3階建ての店舗に生まれ変わったのでした。ものすごく贅沢な空間の使い方に、創業店主(現在の女将のご主人)の心意気を感じます。

 「竹鶴12年」をロックで2杯ずつと、自家製のラッキョなどの簡単な肴をいただいて、2時間半ほどの滞在は、ふたりで8,000円(ひとり4,000円)でした。

 呉の呑兵衛フルコースの終着駅となる3軒目は“屋台”です。“鳥屋”でお腹を満たして、“スタンド”で大いに語り、歌い、そして最後に“屋台”で〆るというのが、呉での定番の飲み方なのです。だから“鳥屋”は夜10時くらいに閉店し、“スタンド”は真夜中に閉店し、最後の砦(とりで)である“屋台”が3時、4時まで開いているのでした。

 今夜の最後の砦は「富士さん」です。「富士さん」は昭和49(1974)年創業。現在は二代目がひとりで切り盛りする、中華そばとおでんと鉄板焼きの屋台です。

 「黒霧島」の湯割り(400円)を2杯もらって乾杯し、つまみと〆の一品を兼ねて、ホルモン焼きそば(900円)を作ってもらいます。

 ホルモン焼きそばは、鉄板の上でホルモン(牛腸)を野菜を炒め、そこに茹で上げた中華麺を投入して仕上げます。この中華麺が、焼きそば用のものではなくて、中華そばを作るのと同じ、ラーメンの麺であるところがおもしろい。ホルモンのプリプリクニュクニュした弾力感と、ラーメン麺のツルツルシコシコとアルデンテな感じが、なんだかよく合うのです。

 店主の一押しは、創業当時からきっちりと受け継がれている中華そば(500円)ながら、他の屋台では食べることのできないホルモン焼きそばは、放っておいてもすごい人気。ガイドブックなどで「富士さん」が紹介される場合には、必ずと言っていいほど、このホルモン焼きそばが登場するのでした。

 日付けが変わったところでお勘定。ふたりで1,700円(ひとり850円)でした。

 午後6時前に「オオムラ」に集合して、午前0時過ぎに解散するまで、たっぷりと、ゆっくりと6時間以上、都合4軒の『呉の呑兵衛フルコース』でした。

 遅くまでお付き合いいただき、ありがとうございました。呉出張時には、また声をかけてくださいね!>Hさん

・「富士さん」の店情報前回

《平成23(2011)年4月13日(水)の記録》

|

« 朝から飲める大衆食堂 … お食事処「寿(ことぶき)」(呉) | トップページ | カマンベールフランベ … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉) »

コメント

浜田さん、呉では大変お世話になりまして有難う御座いました。「呉の呑兵衛フルコース」だったのですね。また宜しくお願いします。

投稿: 細井 | 2011.08.13 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/52452321

この記事へのトラックバック一覧です: ホルモン焼きそばで〆 … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉):

» 鳥串で飲んで半麺で〆 … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) [居酒屋礼賛]
 水曜日の今日は「魚菜や」で食べて飲んだあと、屋台の「富士さん」にやってきました。  麦焼酎「いいちこ」の水割り(400円)をもらって、鳥串(2本250円)を注文すると、店主・山内一寛さんが、鶏肉と、その鶏肉とほぼ同じ幅にぶつ切りにした白ネギとを交互に串に刺し、鉄板の上で塩コショウで味付けしながら焼いてくれます。  現在の呉の屋台13軒を時系列で分けた場合、呉市の公募より前からやっていた老舗屋台6... [続きを読む]

受信: 2011.11.17 22:52

« 朝から飲める大衆食堂 … お食事処「寿(ことぶき)」(呉) | トップページ | カマンベールフランベ … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉) »