« 中華で楽しく飲むには … 広東料理「楽園(らくえん)」(石川町) | トップページ | 〔くれ便り〕 ノンアルコールな外食三昧の週末 »

プロが注いだ瓶ビール … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉)など

プロが注いだ瓶ビール


 バーというと、ついカクテルやウイスキーに目が向きがちですが、バーテンダーは“飲み物のプロ”。ビールだって、シェリーだって、そしてたまにはコーヒーだって美味いのです。

 バー「アンカー」には生ビールはありません。置いているのは4種類の瓶ビール(各800円)のみ。そのうち3種類は、アメリカを代表するマイクロブルワリー「アンカー・ブルーイング」社のアンカー・スチームビール、アンカー・リバティエール、アンカー・ポーターです。店の名前が「アンカー」だから、このビールなんですね。残る1種類はギネス・スタウトです。

 生ビールは、常にサーバー(特にホースやパイプの内部)をきっちりと洗浄しておかないといけないし、生樽そのものの回転もよくなければおいしくない。その両方がそろっていないのであれば、ひとり1本ずつ注ぎ切りの瓶ビールにしたほうが、よほど美味しいビールを飲むことができるのです。

 それにしても、「アンカー」のオーナー・バーテンダーである森貞さんの注ぎかたの上手なこと! 何度注いでもピシッときれいできめ細かい均質な泡が立ちます。

 スチームビールとリバティエールの2本をいただいた後は、マッカラン18年をロックでもらいます。このマッカラン18年が、この店では2番目に高いウイスキーで1,300円。山崎12年や余市12年、ボウモア15年などがそれぞれ1,000円なので、その差はわずか。

「せっかくバーに来たのなら、できるだけ普段飲まないような美味しいお酒を飲んでもらいたくて」と森貞さん。

 ちなみに一番安いウイスキーは、シングルモルトではアラン、バーボンではブラントン、メーカーズマーク、オールド・グランダットなどで各800円。一番高いのは、メニュー上はトマーチン18年の1,400円ながら、バックバーに並んでいるウイスキーの中にはもっと高そうなものもあります。

 最後はアードベッグ10年(900円)のロックでビシッと締めて終了。

 つまみには、炒りたて生アーモンド(600円)やカマンベールフランベ(1,200円)、ホットチリオリーブ(300円)などをいただきました。どうもごちそうさま。

110702a 110702b 110702c
炒りたて生アーモンド / カマンベールフランベ / 3種のアンカービール

110702d 110702e 110702f
ホットチリオリーブ / マッカラン18年 / アードベッグ10年

・バー「アンカー」の店情報前回


 2軒目は屋台の「一二三」にまわって、焼酎(いいちこ)の水割り(400円)杯に、おでん(各100円)の厚揚げ、牛すじ、糸こんにゃく。焼酎水割りをおかわりしてメザシ(9尾450円)。最後に半ラーメン(500円)をいただいて、お勘定は2,050円でした。やぁ、おいしかった。

110702g 110702h 110702i
「一二三」 / おでん / 半ラーメン

・「一二三」の店情報前回

《平成23(2011)年7月2日(土)の記録》

|

« 中華で楽しく飲むには … 広東料理「楽園(らくえん)」(石川町) | トップページ | 〔くれ便り〕 ノンアルコールな外食三昧の週末 »

コメント

ちょいと訂正おば。上記のビールに加えてハートランドビールもあったように思います。

投稿: 喝漢 | 2011.09.09 18:25

コメントありがとうございます。>喝漢さん
今日(9/9)は、「アンカー」の開店記念日。創業して丸3年になりました。
そして、たしかにハートランドビール、ありました。

投稿: 浜田信郎 | 2011.09.10 01:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/52681169

この記事へのトラックバック一覧です: プロが注いだ瓶ビール … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉)など:

» 西瓜のソルティドッグ … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉) [居酒屋礼賛]
 季節ごとのフルーツカクテルが楽しめるのも、バーの大きな魅力のひとつ。呉・中通(なかどおり)のオーセンティックバー「アンカー」で、夏場に人気が高いのがスイカのソルティドッグ(1,000円)です。  オーナーバーテンダーの森貞さんご自身も、「このカクテルは、どこにも負けない自信があります!」と断言する一品は、産地にもこだわって、いいスイカを仕入れるところから始まります。  注文を受けてから、スイカの... [続きを読む]

受信: 2011.09.14 18:01

» 呉の豚足は鉄板で焼く … 屋台「一二三(いちにいさん)」(呉) [居酒屋礼賛]
 屋台「一二三」の豚足は、豚の足先丸ごと1本分が1人前(600円)。  呉市内では、同じように豚足を出してくれるお店が多いのですが、たいていは豚の足先を、パキンと二つに割った片方が1人前(600円程度)なので、物量あたりのコストパフォーマンスは、他店の倍なんですね!  しかも「一二三」の豚足は、仕入れ先がいいのか、下処理がきちんとしていて、毛の剃り残しなどがほとんどありません。豚足の表面に短い毛が... [続きを読む]

受信: 2012.06.30 08:42

« 中華で楽しく飲むには … 広東料理「楽園(らくえん)」(石川町) | トップページ | 〔くれ便り〕 ノンアルコールな外食三昧の週末 »