« トンカツで飲んで〆は … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) | トップページ | 店情報: 小鍋立て「五鉄(ごてつ)」(呉) »

土用の丑にうなぎの肝 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)

土用の丑にうなぎの肝


 木曜日の仕事を終えて、「魚菜や」です。L字カウンター8席と、壁際の2人掛けテーブル席の合計10席分程度の狭い店内には、先客はひとり。「シロクマ」の川西清司マスターです。

 私もそのとなりに腰を下ろし、まずは生ビールをもらうと、今日のお通しは冬瓜(とうがん)のコールドスープ。お洒落なカクテルグラスで供されます。タマネギなども入っていて、ふんわりと自然な甘みがあるのがいいですね。

 これまでにも何度か書いたとおり、ここ「魚菜や」のお品書きには値段は書かれていません。呉の小料理屋のメニューは、値段が書かれていないところのほうが多いのです。

 今日のお品書きは、小イワシ刺身、地ダコ刺身、カルパッチョ、ソーメンうりの酢もの、ズッキーニのステーキ、牛すじと新ジャガの煮込み、ゴーヤのサラダ、鯛のあら煮、長ししとう、うなぎ、メンパチの唐揚げ、チャンバラ貝、いわし天、たこ天といったところ。

 これとは別に関西風と関東風のふたつの味が選べるおでんがあり、今日のネタは、アキレス、ロールキャベツ、しらたき、がんもどき、大根、厚揚げ、玉子、はんぺん、じゃが芋、こんぶ、ウインナーです。

「チャンバラ貝がおいしかったよ」

 という女将・小栗良江さんのおすすめに従って、そのチャンバラ貝をもらうと、貝の味がものすごく濃厚で、旨味が強い。ツルツルッと平たい身が引き出しやすいし、先っぽの刀(かたな)の部分をつまむと食べやすいのもいいですね。

 「シロクマ」の川西マスターは、牛すじと新ジャガの煮込みをもらって、呉は仁方の地酒、「雨後の月」の冷酒です。私も西条の「賀茂金秀(かもきんしゅう)」を冷酒でもらって、両方を注ぎっこしながら、二つの日本酒をきき比べます。

 次なるつまみは、メンパチの唐揚げ。ほとんどのおかずは、大皿に用意されているものをつぎ分けて出してくれるので、あっという間に出てくるのです。

 メンパチは小さな小さな、小イワシよりもさらに小さな魚ながら、これまたしっかりと濃い味わいなので、軟水で作られる広島の日本酒にとてもよく合うのです。

 川西マスターは、このあたりで軽めに飲み終えて、これから「シロクマ」に出勤です。

「うなぎの肝があるけど食べる?」

 と女将。そうか、今日は土用の丑の日なので、お品書きにもうなぎが載ってたんですね。ぜひその肝をいただいて、猛暑を乗り切りますか。

 グッと濃厚なうなぎの肝に合わせて、日本酒もどっしりとした味わいの呉・安浦の地酒、「白鴻(はくこう)」の冷酒に切り換えます。

 ゆっくりと2時間ちょっとの滞在。お勘定は2,900円でした。どうもごちそうさま。

110721a 110721b 110721c 110721d
冬瓜のコールドスープ / チャンバラ貝 / 引っ張り出した身 / メンパチの唐揚げ

店情報前回

《平成23(2011)年7月21日(木)の記録》

|

« トンカツで飲んで〆は … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) | トップページ | 店情報: 小鍋立て「五鉄(ごてつ)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/52769847

この記事へのトラックバック一覧です: 土用の丑にうなぎの肝 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉):

» 健康診断を終えて一杯 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) [居酒屋礼賛]
 1週間の夏休みを終えて、今日はもう水曜日。先週の金曜日に飲んで以来、土曜日から四夜連続の休肝日を送って、今朝は年に一度の健康診断の日でした。  若いころは「普段過ごしてるままの生活をしながら健康診断を受けないと、本当の調子なんてわかるもんか!」なんてうそぶきながら、前夜のリミットぎりぎりまでお酒を飲んだりしていたものですが、年とともにいろんな数値が引っかかるようになってきて、最近ではしばらく禁酒... [続きを読む]

受信: 2011.10.24 22:48

« トンカツで飲んで〆は … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) | トップページ | 店情報: 小鍋立て「五鉄(ごてつ)」(呉) »