« 広島湾の小イワシ解禁 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) | トップページ | 刺身もならぶ焼き鳥屋 … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

帰京してかしらポンズ … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政)

かしらポンズ


 やきとん「弐ノ十」の、かしらポンズ(100円)。素焼きしたカシラ(豚の頭肉)に白ゴマと刻みネギをのせ、ポン酢醤油をかけた一品です。これは「弐ノ十」の新メニューなのかな?

 今日は午前中は会社のスポーツイベントに出かけ、昼過ぎに「森田食堂」へ。どの時間帯にやって来ても、飲んでるお客さんがいるのがうれしいですねぇ。私もスーパードライの大瓶(510円)を景気よくスパンッと抜いてもらって、つまみには茹でエビをもらいます。

 いつもは大忙しの昼どきながら、土曜日の今日は比較的静かなんですね。おかみさんと談笑しつつ、茹でエビが終わりに近づいてきたところで親子丼(500円)を注文します。

 ほとんど待つこともなく出される親子丼は、鶏肉と刻みネギと、たっぷりの玉ネギが入ったものを、玉子1個で閉じたもの。みそ汁と、小皿のタクアンが添えられます。

 「森田食堂」を出て、呉駅から広島で新幹線に乗り換えて東京へ。

 東京に到着するなり、都立家政のやきとん「弐ノ十」に入って、3冷白ホッピー(380円)に、レバとテッポウを1本ずつ(各100円)、みそ焼きでいただいたあと、かしらポンズをもらったのでした。

 呉には豚のもつ焼きが食べられる店はないので、東京に帰ってくると、もつ焼きとホッピーが楽しみのひとつなのです。

 最後に、「弐ノ十」にくるといつも注文している豆腐煮(200円)をもらって、1時間弱の滞在は880円でした。

 その後、「ペルル」、「満月」とハシゴして、自宅にたどり着いたのは午前1時ごろでした。

110625a 110625b 110625c
「弐ノ十」のレバみそ / テッポウみそ / 豆腐煮

110625d 110625e 110625f
「森田食堂」の親子丼 / 「ペルル」でハイボール / 「満月」の玉子トジ

・「弐ノ十」の店情報前回

《平成23(2011)年6月25日(土)の記録》

|

« 広島湾の小イワシ解禁 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) | トップページ | 刺身もならぶ焼き鳥屋 … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/52635682

この記事へのトラックバック一覧です: 帰京してかしらポンズ … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政):

» 人気のバラジンジャー … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 12月30日(金)は、「竹よし」の納会。その納会の前に、地元の酒友・ふぢもとさんが「弐ノ十」でゼロ次会をやっているとのことで、私も早めに家を出て「弐ノ十」へと向かいます。  ここまで年末になってくると、すでに年内の営業を終えているもつ焼き屋が多いので、「東京に帰ってきながら、この休み中はもつ焼きは食べられないかな」と諦めていただけに、ものすごくうれしい。  黒ホッピー(380円)を三冷(氷なしで... [続きを読む]

受信: 2012.02.08 23:18

« 広島湾の小イワシ解禁 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) | トップページ | 刺身もならぶ焼き鳥屋 … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »