« 刺身もならぶ焼き鳥屋 … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 中華で楽しく飲むには … 広東料理「楽園(らくえん)」(石川町) »

そしてここにも海の幸 … やきとん「たつや」(沼袋)

黒むつ串焼き


 黒むつの串焼きは1串200円。ここ「たつや」は、やきとん屋なのに、海の幸もあるのです。

 「たつや」の店主・たっつんさんは、野方「秋元屋」の出身。「秋元屋」も、首都圏各地の名酒場のいいところを、どんどん取り入れていっては、最終的に自分独自のスタイルにしてしまうという持ち球の多さが、人気の理由のひとつでもありますが、その「秋元屋」で扱っていないのが、実は魚介類なのです。

 「たつや」では、その魚介類も「本日のもつやすめ」という日替わりメニューに並んでいます。今日の海の幸は、黒むつ串焼き(200円)の他、かつおのたたき(350円)、西京漬け焼き(250円)、スルメイカげそ焼き(250円)といったところ。海の幸以外にも、谷中しょうが(250円)や、塩らっきょう(150円)、桜肉の玉子合へ(350円)、スパムチーズ串(200円)、みょうが串(120円)、甲州地鶏のせせり(120円)・ねぎま(120円)・手羽先(200円)などが並んでいて、「たつや」オリジナルの“もつカレー”(350円)などとともに、「秋元屋」の流れをくむ“やきとん”や“煮込み”各種をしっかりと下支えしています。

 今日は地元の酒友・にっきーさんと共に、阿佐ヶ谷「川名」での一次会を終えて、タクシーで、ここにやって来たのでした。

 JR中央線・阿佐ヶ谷駅近くの「川名」と、西武新宿線・沼袋駅近くの「たつや」は、公共交通機関で移動するにはちょっと不便な位置関係にあり、タクシーが一番効率的に移動できるのでした。料金は1,500円ほどです。

 日曜日ながら、午後7時半の店内はお客さんが多くて、店に入ってすぐのあたりだけが空いていて、我われ二人はそのあたりに座ります。

 店は店主・たっつんさんの他、バイトのアキちゃん、そして今日だけスペシャルお手伝いのちくちゃんの3人で切り盛り中。

 さっそく三冷(さんれい)黒ホッピー(380円)をもらって乾杯し、つまみには桜肉の玉子合へ(350円)や、レバみそ焼(100円)、かしら(100円)、ちれ(100円)、がつ(100円)などをいただきます。

 そして冒頭の黒むつ串焼き(200円)をいただいて、「最後にアサヒスタウト(小瓶、430円)を1本!」ともらったスタウト(黒ビール)が美味しくて、さらにもう1本。

 結局、夜10時半過ぎまで、3時間以上もゆっくりとして、お勘定は二人で6,200円(ひとり3,100円)ほどでした。遅くまでありがとうございました。ごちそうさま!

110626d 110626e 110626f
三冷黒ホッピー / 酒類の冷蔵庫 / 桜肉の玉子合へ

110626g 110626h 110626i
レバみそ / かしら、ちれ、がつ / アサヒスタウト

店情報前回

《平成23(2011)年6月26日(日)の記録》

|

« 刺身もならぶ焼き鳥屋 … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 中華で楽しく飲むには … 広東料理「楽園(らくえん)」(石川町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/52664341

この記事へのトラックバック一覧です: そしてここにも海の幸 … やきとん「たつや」(沼袋):

» イカ塩辛でモツやすめ … やきとん「たつや」(沼袋) [居酒屋礼賛]
 沼袋のもつ焼き「ホルモン」を出て、今日の3軒目は、同じ沼袋のやきとん「たつや」です。1軒目のやきとん「すっぴん酒場」を皮切りに、もつ、もつ、もつで三連荘ですね。  先ほどの「ホルモン」が昭和39(1964)年創業の老舗だったのに対して、こちら「たつや」は昨年(2010)年3月に開店した新進気鋭のもつ焼き店。  「秋元屋」仕込みのもつ焼きのうまさもさることながら、ここ「たつや」の大きな特長は、『モ... [続きを読む]

受信: 2011.09.27 09:11

« 刺身もならぶ焼き鳥屋 … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 中華で楽しく飲むには … 広東料理「楽園(らくえん)」(石川町) »