« 帰京時に必ず食べたい … やきとん「すっぴん酒場(-さかば)」(野方) | トップページ | イカ塩辛でモツやすめ … やきとん「たつや」(沼袋) »

本日2軒目もやっぱり … もつ焼き「ホルモン」(沼袋)

レバとコブクロのちょい焼き


 久しぶりの東京なので、もつ焼きも1軒だけではもの足りず、2軒目は沼袋に出て、昭和39(1964)年創業の老舗もつ焼き店、「ホルモン」です。カウンター12席(6席×2列)とテーブル8席(4席×2卓)のこの店を、二代目店主の菊池正彦(きくち・まさひこ)さんが、奥さんと二人で切り盛りしています。

 午後6時半の店内は5割ほどの入り。そして、ここで「すっぴん酒場」に居るときに携帯メールで連絡がついた、地元の飲み仲間・Mさんと合流です。Mさんは、このあと予定があるのに、「ちょっとだけでも」と、この店で待っていてくれたのでした。

 すでにカウンターの端っこに座って、サッポロ黒ラベル小瓶(330円)を飲んでいるMさんに合わせて、私もサッポロラガービール大瓶(赤星、500円)をもらって乾杯し、まずはレバとコブクロのちょい焼き(各1本120円)とお新香(110円)からスタートです。まずこの二品(ふたしな)をもらうのは、この店の定番ですね。

 うぅ~っ。このちょい焼きのレバーのうまいこと。プリッとしたこの食感が鮮度の証(あかし)ですね!

 ちょい焼きを食べ終えたところで、Mさんは次の予定に向けて戦線離脱。わざわざ立ち寄っていただいて、ありがとうございました。

 続いてのもつ焼きは、アブラ、テッポウとオッパイを1本ずつ(各110円)塩焼きで注文すると、卵つきのコブクロがあるからということで、それも一緒に焼いてくれました。卵つきのコブクロは、コブクロがくるりと回ったところのまわりに、粒々と小さい卵がくっついているのです。あまりないらしくて、メニューには載せておらず、そういうレアな部位が好きそうな常連さんがやってくると勧(すす)めてくれるのでした。

 塩焼きが出てきたところで、飲み物も焼酎(230円)に切り換えて、チョロリと梅エキスをたらしていただきます。メニューにも書いているとおり、アブラと焼酎とがいい相性なんですよねぇ。

 ここで焼酎を飲むときは、私はいつもこの飲み方(ストレート+ちょっと梅エキス)をしていますが、他にも焼酎ウーロン割り、焼酎お湯割り、焼酎水割り、焼酎くわ茶割りもあって、それぞれ1杯370円です。まわりを見ていると、くわ茶割りを飲んでる人が、ストレートを飲んでる人と同じくらい多いのかな。

 最後に注文したのは生揚げとウズラを1本ずつ(各110円)。ウズラはタレ焼きでお願いします。

 この店の生揚げや豆腐は、すぐ近くにある明治30(1897)年創業の老舗、「尾張屋豆腐店」で作られたもの。生揚げは、ひと口大の生揚げを2個串に刺して、焼いたあとで、刻みネギとショウガ醤油をのせたらできあがりです。

 ウズラは、鶉(うずら)の玉子3個を1串に刺したもの。タレ焼きで注文すると、何度も何度もタレをつけながら、じっくりとタレの味が染み込むように焼き上げてくれます。

 1時間半ほどの滞在は、全部で2,420円でした。どうもごちそうさま。

110801g 110801h 110801i
お新香 / アブラ、コブクロ、テッポウ、オッパイ / 生揚げ、ウズラ

店情報前回

《平成23(2011)年8月1日(月)の記録》


《夏休みスペシャル:本日の1日1麺》

スパゲティ・ナポリタン


 今日の昼食はスパゲティ・ナポリタン。とは言っても、わが家で使っているナポリタンソースは、とてもトマトっぽいソースで、具材もシンプルにエビ中心。なので、ナポリタンというよりも、具の少ないペスカトーレとか、辛味のないアラビアータみたいな感じです。チーズをちょっとかけて食べるのがおいしい。

 このスパゲティ。かみさんと私は好きなんだけど、子供たち二人はあまり好きじゃないみたいで、かみさんと私だけが家に残っているときに、よく登場するメニューです。

|

« 帰京時に必ず食べたい … やきとん「すっぴん酒場(-さかば)」(野方) | トップページ | イカ塩辛でモツやすめ … やきとん「たつや」(沼袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/52832515

この記事へのトラックバック一覧です: 本日2軒目もやっぱり … もつ焼き「ホルモン」(沼袋):

» 東京に着くともつ焼き … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) [居酒屋礼賛]
 呉(広島県)を午後1時前に出発すると、西武新宿線・沼袋駅に到着するのは午後7時前。もつ焼き「ホルモン」に入ります。  呉をはじめとする地方都市で、ほとんど見かけないのが、豚の内臓肉の串焼きなどを食べさせてくれる“もつ焼き屋”。  だから東京に帰ってくると、まずまっ先に行きたいのが、もつ焼き屋なのです。  焼き台を挟んで平行に伸びる2列カウンターの一角に陣取って、サッポロラガービール大瓶(500円... [続きを読む]

受信: 2012.08.21 07:00

« 帰京時に必ず食べたい … やきとん「すっぴん酒場(-さかば)」(野方) | トップページ | イカ塩辛でモツやすめ … やきとん「たつや」(沼袋) »