« カエリで黒じょか焼酎 … 「有象無象(うぞうむぞう)」(呉) | トップページ | 満を持して南口で再開 … 立ち飲み「やきや」(荻窪) »

店情報: 立呑み「やきや」(荻窪)

    110730z
  • 店名: 立呑み やきや
  • 電話: 03-3381-8184
  • 住所: 167-0051 東京都杉並区荻窪5-29-4
  • 営業: 16:00-23:00、日休
  • 場所: 荻窪駅の地下から抜ける南口の階段を上がった目の前のト字路(右向こうがセガミ薬局)を右に入り、荻窪南口仲通り商店会を2ブロックほど進んだ左手角の「CoCo壱番屋」を左折した少し先、左手。
  • メモ: 平成23(2011)年1月末に立ち退きにより閉店した荻窪駅北口の「やき屋」(平成11(1999)年7月創業)が、半年後の7月1日に同じ荻窪駅の、今度は南口商店街の路地で「やきや」として再オープン。飲み物・料理ともに、旧店舗と同じ内容、同じ値段で、「やき屋」ファンを安心させた。中野駅南口にも同名の姉妹店あり。
    〔飲物〕酒一杯250、にごり酒270、ホッピー320(ナカ:おかわり焼酎160)、ビール(中瓶)380、生ビール(中)380、ウーロンハイ280、レモンサワー280、ウイスキー水割(300ml瓶)380。
    〔料理〕いか刺身200、いかみみ刺身200、いかみみ焼200、いかげそ焼200、げそ揚げ200、げそわさ200、いかなんこつ焼200、珍味わたあえ200、自家製塩辛200、いか納豆200、しめさば270、うなぎきも焼200、きざみ穴子200、いかしょうが棒200、もつ煮込170、串刺フランク170、めかぶ170、みそきゅうり170、漬物170、冷奴170、(季節物)枝豆170、(季節物)いか大根250。(2018年4月調べ)


    〔飲物〕酒一杯250、にごり酒270、ホッピー320(焼酎おかわり160)、ビール(中瓶)380、生ビール(中)380、ウーロンハイ280、レモンサワー280、ウイスキー水割(ミニボトル)380。
    〔料理〕いか刺身200、いかみみ刺身200、いかみみ焼200、いかげそ焼200、げそ揚げ200、げそわさ200、いかなんこつ焼200、珍味わたあえ200、自家製塩辛200、いか納豆200、しめさば270、うなぎきも焼200、きざみ穴子170、いかしょうが棒200、もつ煮込170、串刺フランク170、めかぶ170、みそきゅうり170、漬物170、冷奴170、枝豆170、いか大根200。(2016年12月調べ)


    〔飲物〕酒一杯250、にごり酒270、ホッピー320、焼酎おかわり160、ビール(中瓶)400、生ビール(中)380、ウーロンハイ280、レモンサワー280、ウイスキー水割(ミニボトル)380。 〔料理〕いか刺身170、いかみみ刺身170、いかみみ焼170、いかげそ焼170、げそ揚げ170、げそわさ170、いかなんこつ焼170、珍味わたあえ170、自家製塩辛170、いか納豆170、しめさば270、うなぎきも焼170、きざみ穴子170、いかしょうが棒200、もつ煮込170、串刺フランク170、めかぶ170、みそきゅうり170、漬物170、冷奴170、いか大根170、イカトンビ170。(2014年12月調べ)

    〔飲物〕酒一杯250、にごり酒270、ホッピー320、ビール(中)380、生ビール(中)380、ウーロンハイ280、レモンサワー280、ウイスキー水割(ミニボトル)380。 〔料理〕いか刺身170、いかみみ刺身170、いかみみ焼170、いかげそ焼170、げそ揚げ170、げそわさ170、いかなんこつ焼170、珍味わたあえ170、自家製塩辛170、いか納豆170、しめさば220、うなぎきも焼170、きざみ穴子170、いかしょうが棒200、もつ煮込170、串刺フランク170、めかぶ170、みそきゅうり170、漬物170、冷奴170、枝豆170、いか大根170。(2011年7月調べ)

|

« カエリで黒じょか焼酎 … 「有象無象(うぞうむぞう)」(呉) | トップページ | 満を持して南口で再開 … 立ち飲み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/52816595

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: 立呑み「やきや」(荻窪):

» 満を持して南口で再開 … 立ち飲み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 今日から1週間の夏休みで帰京。東京駅で中央線に乗り換えて、そのまま荻窪へ。向かう先は、7月1日(金)にオープンした、新生「やきや」です。  170円のイカ料理で大人気だった、荻窪駅北口の「やき屋」ですが、今年(2011年)の1月末に、なんの前ぶれもなく、急に『立ち退きによる閉店』となってしまったのです。  その後、女将さんから、「かわいがってくれているお客さんも大勢いらっしゃるので、なるべく近く... [続きを読む]

受信: 2011.09.24 12:35

» もうすぐ創業13周年 … 立ち呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 「斎藤酒場」を後に、十条駅から新宿経由で荻窪へ。十条~新宿間が10分強、新宿~荻窪間はちょうど10分ほどなので、待ち時間も含めて30分もあれば、もう荻窪です。  そして荻窪での本日3軒目は、八戸直送のイカ料理で有名な、立ち飲みの「やきや」です。  中央線沿線の呑兵衛たちには、つとに知られる荻窪「やきや」ですが、その創業は平成11(1999)年7月と、実はそれほど古い店ではありません。  創業から... [続きを読む]

受信: 2012.06.18 21:32

» きざみ穴子で飲む冷酒 … 立ち飲み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 「河本」を出て、男前H氏と一緒に門前仲町あたりの酒場を見て歩き、地下鉄東西線に乗り込むと、中央線直通で30分ほどで荻窪に到着。今日の6軒目は、八戸直送のイカ料理を中心としたつまみが、ほぼ170円均一の立ち飲み屋、「やきや」です。  店内はL字の奥に向かって長い立ち飲みカウンター主体で、一番奥に何席かの椅子席があります。この空間を女将と、板前の中(ちゅう)さん(=中条さん)、そして手伝いの方が一人... [続きを読む]

受信: 2012.10.13 09:19

» イカ棒つまみに水割り … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 木場の「河本」を出て、地下鉄東西線で荻窪へ。今日の3軒目は、新鮮なイカ料理をはじめとする、つまみのほぼ全品が170円の立ち飲み屋、「やきや」です。  土曜日、午後7時20分の店内は、9割ほどの入り。昔は中年以上の男性が多かった「やきや」ですが、今は若い男女が多い!  今日は、いつも調理を担当されている中(ちゅう)さんの姿が見えず、かわりに女将さんが料理を担当されています。  冬なので、イカ大根(... [続きを読む]

受信: 2013.02.18 23:17

» イカトンビを串焼きで … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 毎週土曜日は、朝から「今日はどこに行こうか」と考えるのが大きな楽しみ。今日は荻窪方面に出てみることにしました。  荻窪となると、まずはなんといっても「やきや」ですね。  平成11(1999)年7月創業と、まだそれほど古い店ではないのですが、八戸直送のイカ料理がほぼ170円均一で食べられるとあって、店内はいつも満員状態の大人気店。  今日は開店の5分後、午後4時5分に店に到着したので、スッと入るこ... [続きを読む]

受信: 2013.05.23 23:46

» 北の誉冷酒でイカ刺身 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 新宿→中野とハシゴし、3軒目はさらに中央線を西に進んで荻窪は立ち飲みの「やきや」です。  土曜日、午後7時の店内は、ゆるやかに満員に近い状態ながら、カウンターの一番手前の角のあたりと、いちばん奥のほうにわずかな空間があり、手前の空間に立つことにします。  最近の「やきや」は、女将さん自らが調理を担当されているので、入口近くのカウンターに立つと、女将さんとちょっと会話することができるのです。  ま... [続きを読む]

受信: 2013.06.19 23:28

» 木場を起点にハシゴ酒 … 「河本(かわもと)」(木場)ほか [居酒屋礼賛]
 土曜日なのに、ちょっと出遅れて、木場の「河本」に着いたのは午後6時。土曜日の「河本」は4時から7時まで、3時間の営業なので、あと1時間ほどしかありません。(平日も8時までの営業なので、1時間違うだけですけどね。)  早い時間帯は満席状態が続き、入るのがむずかしい「河本」ですが、この時間帯になると、一人か二人であればなんとかなることが多い。  小学校側の入口から入った左側、『ン』の字でいうと左下の... [続きを読む]

受信: 2013.08.13 22:42

» いかなんこつの串焼き … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 以前はバラで5~6個を焼いていた「いかなんこつ焼」(170円)ですが、今日、焼いているのを見ていると、2~3個ずつ串に刺した状態で焼いて、皿に盛るときに串から外して、以前と同じような状態にして出すようになったようです。  「その串のまま食べてみたいんですけど……」とお願いしてみたところ、上の写真のように、串に刺したままの状態の「いかなんこつ焼」を出してくれました。  「串も一緒に焼けちゃったりす... [続きを読む]

受信: 2013.09.05 22:15

» イカ大根の季節が到来 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 冬場の大きな楽しみの一つが、荻窪「やきや」のイカ大根(170円)です。  イカワタやイカゲソと一緒に大根を煮込んだシンプルな料理なのですが、イカの味がよく染み込んで、黒々と半透明になった大根が、イカよりもなおイカらしい。  ックゥ~~ッ。こりゃ、燗酒をやるしかないだろう!  家を出るのが遅くなり、「やきや」に着いたのは午後7時前。  土曜日の店内はほぼ満員状態ですが、店のおねえさんに「奥へどうぞ... [続きを読む]

受信: 2013.12.17 22:00

» イカ料理でホッピーを … 立呑み「やきや」(荻窪)ほか [居酒屋礼賛]
 八戸直送のスルメイカ料理各種を、ほぼ170円均一で食べることができる荻窪の立ち飲み屋、「やきや」にやって来ました。  土曜日、午後5時の店内は、満員に近い状態ながら、入口すぐのカウンター角のところに立つことができ、ホッピー(320円)と、げそ揚げ(170円)、そして珍味わた和え(170円)を注文します。  げそ揚げは、スルメイカの下足(げそ)に衣を付けて揚げたもの。できあがってカウンター上のバッ... [続きを読む]

受信: 2014.04.13 22:25

» 肴は炙ったイカでいい … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
『肴はあぶったイカでいい♪』  これは八代亜紀さんが歌う「舟歌」の歌詞の一部。  あぶったイカには、生のイカにはない香ばしさが加わって、本当にいい酒の肴にまります。  20種類以上あるつまみ(半分以上はイカ料理)のほとんどが170円で楽しめる、荻窪の「やきや」。この店のメニューにも、あぶったイカ料理が何品か並んでいます。  そんな焼き物のなかで、もっとも人気が高いのが、いかなんこつ焼き(170円)... [続きを読む]

受信: 2014.05.01 08:21

» 東京に戻ってホッピー … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 名古屋から新幹線で東京へ。  ブラジルから一時帰国してすぐに呉(くれ)への出張に出かけたので、東京に戻ってきたのは2週間ぶりです。  東京駅から中央線で荻窪に出て、立呑み「やきや」に到着したのは午後9時前。  おぉ~っ。この時間でもお客さんがいっぱいだ。  カウンター中央部のすき間に入れてもらって、まずはホッピー(320円)と、げそ揚げ(170円)からスタート。  げそ揚げは、作り終えてカウンタ... [続きを読む]

受信: 2014.12.26 14:03

» いか大根は冬の楽しみ … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 荻窪「やきや」の冬の楽しみは、なんといっても「いか大根」(170円)。  ゲソ(イカの足)と大根をじっくりと煮込んだこの料理。黒々と透明感のある大根が、イカ以上にイカらしい味わいを持っていて、どんなお酒にもピタリと合う。  今日はホッピー(320円)を合わせます。  こうして季節ごとの楽しみがあるのが日本のいいところですよねえ。  2014年7月から単身赴任している、ブラジル北東部の街レシフェ(... [続きを読む]

受信: 2015.03.02 03:53

» 冬になったらイカ大根 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 帰国初日の昨日は、阿佐ヶ谷~中野方面の4軒の酒場をハシゴした。  今日は荻窪でメガネや靴(くつ)を買ったあと、そのまま立ち飲みの「やきや」へと向かった。  八戸直送のイカ料理を中心とした数々の料理を、ほぼ全品170円で食べられることでつとに知られている「やきや」は、今日もぎっしりと満員状態。  私が店に入る直前に、お客さんがひとり、お勘定を終えて外に出てきたので、その人がいた場所に入ることができ... [続きを読む]

受信: 2015.12.15 06:40

» 改めて、みそきゅうり … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 八戸直送の新鮮なイカ料理が、ほぼ170円均一で食べられることで知られる荻窪「やきや」。  今日はあえて、イカ料理以外のつまみの中から、「みそきゅうり」(170円)をご紹介したい。  この料理、1本のキュウリの両端を切り落とし、縦方向に二つに切り分けて、味噌を添えただけのシンプルな一品。「もろきゅう」と同じようなもんだ。  こんな簡単な料理が、これまたシンプルにうまいんだから恐れ入る。  あれこれ... [続きを読む]

受信: 2016.01.24 09:55

» いかみみ刺身わたあえ … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 今日は「いかみみ刺身わたあえ」をつまみにホッピーである。  実は「やきや」には、そんなメニューはない。  この料理を楽しむには、まずは名物の「珍味わたあえ」(170円)をいただく。  これはイカゲソを、イカワタ(イカの内臓)で和えたもので、イカワタの濃厚なコクと、イカゲソの弾力感が味わえる人気の一品なのだ。  そしてこの「珍味わたあえ」を食べ終わったあとに、「いかみみ刺身」(170円)をもらって... [続きを読む]

受信: 2016.05.17 21:20

» しめ鯖たっぷり半身分 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 八戸直送のイカ料理を中心に、つまみのほとんど(全22品のうち20品)が170円均一の「やきや」。  170円じゃないのは、「いかしょうが棒」(200円)と「しめさば」(270円)の2品だけだ。  今日はホッピー(320円)と「げそ揚げ」(170円)をもらってスタートしたあと、ナカ(おかわり焼酎、160円)をもらって、この店の最高級品(=もっとも高価な料理という意味)である「しめさば」を注文した。... [続きを読む]

受信: 2016.08.22 22:00

» 今季おさめのイカ大根 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 冬場だけの「やきや」の名物・イカ大根(200円)。今シーズンは今日、2月28日をもって終了なんだそうな。  いやぁ、間に合ってよかった。  実はそんな予感がして、今日はあわててやってきたのだった。  これを逃すと、あとは何ヶ月も食べられないからなあ。  おでんの大根だって、1個が200~300円はするというこのご時世。ここのイカ大根は、イカゲソと一緒に黒々と煮込まれた大きな大根が、ドドーンと2つ... [続きを読む]

受信: 2017.03.04 21:46

» 久しぶり珍味わたあえ … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 今日の「やきや」には、まだ「珍味わたあえ」(200円)が残っていた。  「珍味わたあえ」は、ゆでたイカゲソを、イカワタを、味噌と砂糖で味つけしたタレで和えたもの。  大人気のつまみのひとつで、開店から30分ほどで売り切れてしまうことが多いのだ。  このところ来るといつも売り切れてたので、私自身も「珍味わたあえ」を食べるのは久しぶり。  さっそく「ホッピー」(320円)と「珍味わたあえ」を注文した... [続きを読む]

受信: 2017.04.02 15:36

» テーブル席で座り飲み … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 仕事を終えたあと、職場の会議室で軽く飲む予定が、けっこうヘビーに飲んでしまい、荻窪駅に降りたったのは午後9時。  せっかくなので、もうちょっと飲んで帰りますかね。  南口側に出て、「やきや」へと向かうと、目の前を歩いていたおにいさんも、吸い込まれるように「やきや」に入っていった。  私もすぐそのあとに続いて店内へ。  満席に見える店内を、ずんずんと進んでいくと、立ち飲みカウンターの一番奥のほうに... [続きを読む]

受信: 2017.04.26 22:33

» 組み合わせも美味しい … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
「『めかぶ』(170円)と『冷奴』(170円)をお願いします。『冷奴』は豆腐だけで」  と注文すると、女将さんが小鉢に『めかぶ』をついで、ポン酢醤油をかけてくれ、店を手伝うおにいさんが、パックの豆腐を別の小鉢に、つるりと入れてくれた。  通常の『冷奴』は、ここから刻みネギや、かつお節、おろし生姜がトッピングされるのだが、今回はそれは省略。シンプルに豆腐だけである。  出された『めかぶ』を、グリグリ... [続きを読む]

受信: 2017.05.28 18:20

» 久しぶりのイカトンビ … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 久しぶりにいただく「イカトンビ」(200円)である。  イカトンビというのは、イカの口(カラストンビ)まわりの肉を、串に刺して焼いたもの。  1串に5個ずつ刺さったものが、2本で1人前だ。  カラストンビは、イカ1匹に1個しかないから、1人前2本でイカ10匹分ということだ。ぜいたくなつまみだねえ!  なにしろ口の周りの肉なので、しっかりと弾力感が強いのがいいね。  「イカトンビ」の入荷があるとき... [続きを読む]

受信: 2017.05.30 21:58

» イカ棒は値段据えおき … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 仕事を終えて、荻窪の「やきや」に到着したのは午後6時半。週の始めから、店内はほぼ満員である。  空いているすき間に入れてもらって、ホッピー(白のセット、320円)と「珍味わた和え」(200円)からスタートする。  「珍味わた和え」は、ゆで冷ましたイカゲソを、甘めに味付けしたイカワタで和えたもの。刻みネギをちょっとのっけて出してくれる。  イカワタの濃厚なコクと甘み。イカゲソの弾力感。すぐに売り切... [続きを読む]

受信: 2017.07.04 21:34

» ブラックニッカ水割り … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 最近は、なるべくハシゴ酒をしない飲み方を心がけてるんだけど、金曜日と土曜日は別。羽目を外してハシゴ酒である。  西荻窪駅北口の「晩杯屋」からスタートして、南口の「みちのくらさん」へとまわり、荻窪の「やきや」にやって来ました。  店に着いたのは午後9時20分。「やきや」は10時までの営業なので、あと40分だ。  40分だと「ホッピー」(薄く入れてソト1・ナカ3、濃く飲むとソト1・ナカ4)は飲み切れ... [続きを読む]

受信: 2017.07.24 22:24

» げそ揚げがマイブーム … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 荻窪「やきや」で、このところマイブームなのが「げそ揚げ」(200円)だ。  醤油などで下味をつけたスルメイカのゲソに、衣を付けて揚げたものが、カウンター上に置かれたバットの上に大量にスタンバイされている。  注文すると、そこから何切れかをお皿に取り分けて出してくれる。だから、注文してから出てくるまでがとても速い。  このスピード感が、1品めのつまみとして、ちょうどいいのだ。  なにしろ作り置きし... [続きを読む]

受信: 2017.08.03 22:13

» イカ刺身をショウガで … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 ちょい呑み「つまみや」を後に、改めて「やきや」にやってきた。  時刻は午後6時過ぎ。  ラッキーにも、いちばん奥のテーブル席が空いたところで、そこに4人で入ることができた。  ここ「やきや」は、基本的に立ち飲みなんだけど、いちばん奥のテーブル席の壁側だけ、ゆったりと2名、詰めれば3人座れるベンチシートになっているのである。  同じテーブルの、その他の2辺は立ち飲みだ。  さっそくホッピー(セット... [続きを読む]

受信: 2017.08.10 22:54

» げそ揚げをタレかけで … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 飲み会の帰り道、「最後にもう1杯」とやってきたのは荻窪の「やきや」。八戸直送のスルメイカ料理の数々が200円均一で食べられる立ち飲み屋として、つとに知られた名店である。  店に到着したのは午後8時20分。金曜日の夜とあって、店内は大勢のお客さんたちでにぎわっている。  なんとかその一角にすべり込むと、まずは飲みものを聞かれる。今夜は「ウイスキー水割り」(380円)を注文した。  このところ、1軒... [続きを読む]

受信: 2017.08.24 22:26

» 枝豆は夏場のレアもの … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 夏場にしかない「やきや」のメニュー。それが「枝豆」(170円)だ。  冬場だけの名物「いか大根」(200円)ほどのインパクトはないものの、「枝豆」もまた、メニューに登場すると多くのお客が注文する人気の品である。  夏場の今、メニューの「いか大根」のところに小さな紙が貼られて、見えなくなっているように、夏場以外は、「枝豆」のところにも紙が貼られて、その存在は隠されている。  たとえ夏場になっても、... [続きを読む]

受信: 2017.09.06 22:09

» いかげそ焼でホッピー … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 久しぶりに中野の「やきや」に行った週末は、今度は荻窪の「やきや」である。  「やきや」は中野店と荻窪店の2軒しかない。  中野店は大将(ご主人)が中心になって、荻窪店は女将さん(奥様)が中心になって、どちらもスタッフを含めて3名ずつで切り盛りしているのだ。  土曜日の今日は、店に到着したのが午後7時半。  ホッピー(320円)をもらって、つまみを選ぶものの、すでに「げそ揚げ」(200円)や「みみ... [続きを読む]

受信: 2017.09.21 21:51

» 会社帰りにゲソづくし … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 会社帰りに「やきや」にやってきた。  午後6時半の店内は、今日もやっぱり満員だ。  かろうじて空いているすき間に入れてもらって、今日もホッピー(320円)でスタートした。  最初のつまみは、刺身から入ることにする。そうすると選択肢は「いか刺身」(200円)、「いかみみ刺身」(200円)、「げそわさ」(200円)の3品。  しばらく「げそわさ」を食べていないので、今日は「げそわさ」にした。  「い... [続きを読む]

受信: 2017.09.24 21:16

» メニュー全品写真付き … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 出張先から東京に着いたその足で荻窪「やきや」に向かった。  三連休前とあって、店内はギッシリと満席。  かろうじて空いていたテーブル席の奥に立ち、ホッピー(セット320円)とシメサバ(270円)からスタートした。  店に着いたのが午後9時前だったので、もうほとんどの料理は残っていない。シメサバもこの注文で売り切れた。  ナカ(160円)をもらって、冷奴(170円)とイカ納豆(200円)を注文。 ... [続きを読む]

受信: 2017.11.04 13:20

» 4品と4杯で千六百円 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 今日の東京。最高気温が10℃と、今季一番の冷え込みだった。  そのせいか、いつもは超満員のことが多い午後6時半の「やきや」も、今日は8割ほどの入り。スッと入ることができました。  飲みものはいつものようにホッピーからスタート。セットで320円というのは、私が知っている酒場の中では、もっとも安い。  そして、まずはカウンター上に置かれたつまみを確認すると、なんとまだ「珍味わたあえ」(200円)が残... [続きを読む]

受信: 2017.11.23 15:03

» イカ大根が250円に … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 八戸出張から東京に戻ってきたその足で、荻窪「やきや」にやって来たら、なんと、「いか大根」(250円)が始まっていた!  聞けば今週の月曜日(11月27日)から始まったんだそうな。  つい先日、中野「やきや」の大将から「今月(11月)中にはイカ大根を始めたいと思ってるんだけどねぇ……」という話と伺って楽しみにしていたのでした。  そのときに、「200円の価格を維持したままイカ大根を出すのはむずかし... [続きを読む]

受信: 2017.12.02 21:38

» イカ納豆にも秘訣あり … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 今年4月から中央線通勤になって、もっとも通いつめている酒場がここ、荻窪「やきや」だ。  これだけ通っていても、まだまだ初めて知ることが多いんだからおもしろい。  今日も今日とて、「いか納豆」(200円)を注文し、 「イカ納豆のイカは、イカ刺しのイカとは違う切り方なんですねえ?」  と、なにげなく女将さんに確認したところ、 「使ってる部分も違うんですよ。納豆と合わせるのにミミじゃ硬すぎるし、イカ刺... [続きを読む]

受信: 2017.12.24 09:49

» 毎日通える大きな要素 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 今年4月以降、これまでの西武新宿線通勤から、JR中央線通勤に変わったこともあって、ここ「やきや」にも数多く来ることができた。  毎日のように通うことができる大衆酒場の大きな要素は、「自宅から近いこと」と「値段が安いこと」。  飲んだあとに、また混んだ電車に乗って移動するのはつらいし、値段が高いと頻度よく来ることはできない。  値段の安さのためには、食べものの安さもさることながら、飲みものの安さも... [続きを読む]

受信: 2017.12.30 11:16

» イカ刺身をワタ醤油で … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 しょっちゅう来てるのに、来るたびに新発見がある荻窪「やきや」。  今日の新発見は、ワタ醤油でいただくイカ刺身だ。  と言っても、最初からワタ醤油が用意されているわけではない。  まずは「自家製塩辛」(200円)をもらって、それを食べ終えたあとに小鉢に残っている塩辛のイカワタに、ちょっと醤油を入れて、それで「いか刺身」(200円)をいただくのである。  わりと淡白なイカ刺身に、イカワタのコクが加わ... [続きを読む]

受信: 2018.01.01 22:54

» いかしょうが棒で締め … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 荻窪「やきや」のイカ料理のひとつ、「いかしょうが棒」(200円)。  イカの身を練り込んだ棒状のさつま揚げで、注文を受けてから焼き台で炙り、おろし生姜を添えて、1本丸ごとの状態で出してくれる。  上の写真は、食べやすいように箸で二つに切り分けて、おろし生姜に醤油をかけたところだ。  いいつまみになるし、ボリュームもたっぷりだ。  月曜日の今日は、ホッピー(320円)と「自家製塩辛」(200円)か... [続きを読む]

受信: 2018.01.04 07:58

» 閉店間際にすべり込み … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 今日も今日とて職場のメンバーとちょっと飲んだあと、荻窪「やきや」にやってきた。  昨夜は中野「やきや」でイカ塩辛を食べることができなかったので、今日はぜひ塩辛が食べたいところ。  店に着いたのは午後10時20分。閉店時刻まであと40分しかない。  さっそく燗酒(250円)をもらって、自家製塩辛(250円)を注文すると、やっぱりこっち(荻窪店)だと大丈夫だった。  荻窪店で『塩辛がない』という状態... [続きを読む]

受信: 2018.01.06 15:19

» 今年納めの自家製塩辛 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 仕事納めの今日、職場のみんなと飲んだあと、二夜連続で荻窪「やきや」にやってきた。  「やきや」は今夜が年内最終営業日。それもあってか、午後9時過ぎにもかかわらず、店内はほぼ満員だ。  ちょうどお勘定をしているお客さんがいたので、その人と入れ替わるように立ち、燗酒(250円)と「自家製塩辛」(200円)を注文すると、なんと塩辛はこれで売り切れ。  荻窪店で塩辛が売り切れたところを見るのは、これが初... [続きを読む]

受信: 2018.01.07 08:24

» 自家製塩辛&いか刺身 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 12月29日(金)から1月10日(水)まで、13日間の年末年始休業を終えて、荻窪と中野の「やきや」の今年の営業が始まった。  この再開の日を待ちわびていた常連さんが多いに違いない。  荻窪駅から店へと向かいながら、入れるかどうかとやきもきしていたんだけど、店に着く直前に、ひとりのお客さんが「やきや」から出てきた。  やった。少なくともひとりは入れそうだ。  店内に入ってみると、カウンターの一番奥... [続きを読む]

受信: 2018.01.22 07:00

» 久しぶりに焼き台の前 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 仕事帰りに荻窪「やきや」に到着したのは午後7時前。  入ってすぐの、カウンターの角のところが空いていたので、今日はここで飲むことにした。  足しげく通っている「やきや」だけれど、この入口に近いポジションに立つことができたのは久しぶりだなあ。  ここに立つと、ちょうど目の前が焼き台だ。ここでイカが焼かれていく様子を見ているのが楽しいのだ。  イカが焼き上がってくると、とても芳ばしくて、いい香りがし... [続きを読む]

受信: 2018.01.24 07:50

» ゲソワサをわたタレで … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 仕事を終えて、「やきや」に到着したのは午後6時40分。  店に入ってすぐのところが空いていて、前回に続いて、焼き台前に立つことができた。  いつものようにホッピー(320円)をもらい、今日は「珍味わたあえ」(200円)からスタートした。  このところ「自家製塩辛」(200円)をいただくことが多かったので、久しぶりの「珍味わたあえ」だ。わたのコクと、ほんのりとした甘みがいいんだな。  ナカ(160... [続きを読む]

受信: 2018.01.29 07:30

» 久しぶり串刺フランク … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 東北新幹線で東京駅を経由して、荻窪駅に到着したのは午後8時前。  いつもよりは遅い時間だけど、ちょっと「やきや」に寄って帰ることにする。  この時間でも、店内はほぼ満員で、かろうじてカウンターのちょうど真ん中に、ひとり分だけの空間があった。  さっき入口で、店から出てくるお客さんとすれ違った。ここがまさに、そのお客さんが立っていた場所に違いない。  さっそくホッピー(320円)をもらって、つまみ... [続きを読む]

受信: 2018.02.05 08:41

» 燗酒にはやっぱり塩辛 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 仕事が終わって、有志一同(≒呑み好きなみなさん)と、職場の会議室でウイスキーのロックをグイグイとやったあと、荻窪の「やきや」である。  店に着いたのは午後9時20分。  この時間帯なら空いてるかと思いきや、まだまだほぼ満員。  入口横の、L字カウンターの短辺部分で立ち飲んでいたお客さんが帰るのと入れ替わりに、店内に入ることができた。  蒸留酒はもう飲み足りたので、今夜は燗酒(250円)を注文した... [続きを読む]

受信: 2018.02.16 07:01

» いか大根終わりました … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 先週は出張で「やきや」に来ることができず、先々週以来、12日ぶりの訪問となった。 「あら、久しぶりですねえ(笑)」  と女将さんから声をかけてもらったりしながら、かろうじて空いていた店の奥のほうに立ち、まずはいつものようにホッピー(320円)を注文した。  さて、つまみ。まだまだ寒い日が続いているので、今日も「いか大根」(250円)から行こうかな、と思って念のため壁のメニューを確認すると、なんと... [続きを読む]

受信: 2018.02.24 08:03

» ワタでいただくミミ刺 …立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 火曜日の今日、「やきや」にやって来たのは午後6時20分。  せっかく早い時間に来ることができたので、今日は早めに売り切れてしまう料理から注文することにした。  すべてのつまみの中で、まっ先に売り切れるのが「珍味わたあえ」(200円)だ。  いつものようにホッピー(セット320円)をもらって、まずはその「珍味わたあえ」からスタートする。  この店で、イカワタを使った珍味系のつまみは、この「珍味わた... [続きを読む]

受信: 2018.03.04 11:14

» ヘロヘロでもイカ納豆 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 立石での4軒め、「二毛作」を出たところで午後5時半。  6時間半も飲んで、もうヘロヘロに酔ったので、京成立石駅で解散して帰途についた。  京成立石駅から、都営浅草線直通の電車で浅草橋まで行って、JR総武線(黄色い電車)に乗り換えると、あとは寝てても中野方面へと行くことができる。寝過ごさないように気をつけないといけないだけだ。  チンタラチンタラと各駅に停まりながら東京西部方面へと向かっていると、... [続きを読む]

受信: 2018.03.09 07:00

» 自家製塩辛でやる燗酒 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 「あら、お帰りなさい」  そう迎えられた、荻窪「やきや」。  2月28日以来、実に3週間(21日)ぶりである。  先々週は高知出張、先週は千葉県ながら宿泊出張と、ずっと東京に居なくて、「やきや」にも来ることができなかったのだ。  それまでずっと、少なくとも1週間に1回以上は通っていたので、これだけ間があくと、すっごく久しぶりの感がある。  さっそく燗酒(「北の誉」1合徳利、250円)をもらって、... [続きを読む]

受信: 2018.04.15 21:08

» 初めてのレモンサワー … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
「お勘定をお願いします」  自分のレシートを指差しながら、ヨーコちゃん(店を手伝っている女性)にそうお願いした。  ヨーコちゃんは、「はーい」と返事してくれたものの、なにしろ今夜は大忙しなので、お勘定をするにも、少し時間が必要なようだ。  待つことしばし。 「お待たせしました」  にっこりと微笑みながら、ヨーコちゃんが「いかしょうが棒」(200円)を手渡してくれた。 「あれれ? これ私の? お勘定... [続きを読む]

受信: 2018.04.19 07:34

» 塩辛、穴子、いか納豆 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
「ホッピー?」と聞いてくれるカイトくん(若き男性店員さん)に、 「今日は燗酒(250円)をください。あと塩辛(200円)」と注文すると、 「えっ? そとは寒いですか?」とビックリされた。  今日の東京地方、曇りがちな天候ながら、最高気温が20℃、最低気温が12℃という、春らしく過ごしやすい陽気。けっして寒くはない。 「いや、今日はずっと冷たいお酒ばかり飲んでたきたから、ここらでちょっと温かいお酒を... [続きを読む]

受信: 2018.04.23 22:35

» 地元に戻ってもう1軒 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 武蔵小山から荻窪までは40分ほど。午後8時前には荻窪に到着した。  この時間だと、まだ飲むよねえ。  ここに首都圏の呑兵衛たちが、「職場の近く」と「自宅の近く」の両方に行きつけの酒場を持っている理由がある。  40分ほど間が空いただけでも、「もう1軒飲んで帰ろうかな」と思うくらいなのに、首都圏の平均通勤時間は1時間。1時間半ぐらいかかる人もざらにいる。  会社の近くで同僚たちと飲んで、「じゃあ!... [続きを読む]

受信: 2018.05.17 07:28

» 今夜も満員、大人気! … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 最終日の銀座「ロックフィッシュ」をさっくりと切り上げた後は、荻窪に戻って「やきや」である。  木曜日ながら、午後8時の店内はほぼ満員。わずかな隙間があった、入り口すぐの角の部分に、なんとか立つことができ、女将さんにもごあいさつ。  さて飲みもの。  「ロックフィッシュ」で、『サントリー角瓶』の濃い目のハイボールを2杯いただいてきたので、ここでは『ブラックニッカクリア』の水割りにする。  この店で... [続きを読む]

受信: 2018.06.07 07:19

» ワタ+ワタでゲソワサ … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 水曜日の今日は、午後7時ごろに荻窪「やきや」に到着。  この時間になると、「珍味わたあえ」(200円)はもちろんのこと、「いかみみ刺身」(200円)も「げそ揚げ」(200円)も売り切れている。  人気の品は、売り切れるのが早いのだ。  そんなわけで、いつものように「ホッピー」(320円)をもらって、1品めのつまみには「自家製塩辛」(200円)を注文した。  旨みたっぷりの塩辛は、1品めのつまみと... [続きを読む]

受信: 2018.06.23 16:38

» ワタ+ワサビでミミ刺 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 ワタ+ワサビでミミ刺。  この食べ方が美味しくて、すっかりはまっている。  まず「珍味わたあえ」(200円)を注文して、これは普通につまみとしていただく。  ちょっと甘めの「珍味わたあえ」には、七味唐辛子を振りかけるとうまいんだな。  これでホッピー(320円)の1杯めを飲み干して、ナカ(おかわり焼酎160円)をもらうと共に、「いかみみ刺身」(200円)を注文する。  この店の刺身用の皿は長方形... [続きを読む]

受信: 2018.07.14 12:56

» 粘りの中にコリコリ感 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 土曜日の今日は、夕方、涼しくなってから家を出発し、軽いウォーキング(散歩?)を兼ねて荻窪へ。  わが家から荻窪までは約3キロ。普通に歩いて40分ぐらいかかる。  朝からずっと家の中にいたので、これくらいの運動をするのがちょうどいい。  そんなウォーキングの終点としてやって来たのは「やきや」である。  午後6時半の店内は、いつものように満員状態だったけど、店に着いたときに、ちょうど店を出るお客さん... [続きを読む]

受信: 2018.07.18 07:31

» やきや版エロうま豆腐 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 「エロうま豆腐」は、西荻窪「みちのくらさん」で出してくれる熱々崩し豆腐のこと。  ここ「やきや」には、「エロうま豆腐」なんてメニューはない。  でも上の写真、なんとなく「エロうま豆腐」っぽいでしょう?  これは、「もつ煮込」(170円)の残り汁に、細かく切り分けた「冷奴」(170円)を投入したもの。  このとき、「冷奴」にトッピングされている、カツオ節や刻みネギも、残さず投入するのがポイントです... [続きを読む]

受信: 2018.07.21 08:05

» いか納豆で締めくくる … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 14年間の単身赴任生活を終えた今は、横に倒したハシゴ酒。  1日のうちに何軒もハシゴするのではなくて、1日は1軒だけだけど、ほぼ毎日のように、会社帰りに立ち寄り酒だ。  こうして1軒だけ飲んで、午後9時前には自宅に帰り着くと、身体にダメージも残らず、明日の仕事にも支障をきたさない。  これを『横に倒したハシゴ酒』と呼んでいるのでした。  今週は、月曜日に荻窪「やきや」、火曜日に中野「やきや」、水... [続きを読む]

受信: 2018.07.24 08:22

» 刺身をワタにからめて … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 土日の休肝日をはさんで、月曜日の今日は、またまた荻窪「やきや」にやってきた。  このところ、「やきや」率がものすごく上がっている。  うまい、安い、心地よく酔える、という3点において、ここをしのぐ酒場はないというのがその理由。  だから毎日やってくる常連さんも多い。  ここ「やきや」に限らず、多くの大衆酒場が、そんな状況なのではないだろうか。客単価は安くても、毎日のようにやってくる多くの常連さん... [続きを読む]

受信: 2018.07.26 11:52

» 八戸出張からの帰りに … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 2泊3日の八戸出張からの帰り道、荻窪「やきや」に立ち寄った。  女将さんも、4月に亡くなった大将も、お二人とも青森のご出身だ。  だから「やきや」のイカ(スルメイカ)は、すべて八戸から直送されてきたもの。  シメサバもまた八戸の水産加工会社「マルヌシ」で、「やきや」専用に加工されたものだ。  まずはホッピー(320円)をもらって喉を潤すと、東京に帰ってきた感じがするなぁ。  わずか2泊3日とはい... [続きを読む]

受信: 2018.08.02 07:00

» ホッピーの頻度が高い … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 安くて美味い、八戸直送のイカ料理が自慢の「やきや」。  となると、当然のように『飲みものは日本酒で』と思うんだけど、なぜかホッピーをいただく頻度が高いんだなぁ。  最初に来たとき(17年前)に、ホッピーをいただいて以来、ここに来るとズゥ~ッとホッピーだ。  当時、ホッピーセットが300円、ナカ(焼酎おかわり)は150円だった。  17年経った今でも、セットは320円、ナカは160円だから、ほとん... [続きを読む]

受信: 2018.08.19 09:35

» 〆は柚子風味の白菜漬 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 三連休明けの火曜日、午後8時半の店内は、ほぼ満員。  いちばん奥のテーブル席の、座れる側に1席だけ空席があったので、そこに入れてもらった。  「やきや」の場合、どうも立ち飲める場所のほうが人気が高くて、いちばん奥の座れるポジションがむしろ空いていることもあるぐらいなのだ。(夫婦連れなどのカップルには、この席は人気があるようだが。)  いつものように「ホッピー」(320円)をもらい、つまみのほうは... [続きを読む]

受信: 2018.08.22 07:40

» 塩辛がうまいのなんの … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 ここのところ1週間ぐらい続いている、すさまじい暑さのせいか、今日は「やきや」も空(す)いている。  と言っても、一番奥の立ち飲みテーブル席が3人分ほど空いてるから、「空いてる」と感じるだけで、手前の普通の立ち飲みカウンターは今日も満員だ。  いつものように「ホッピー」(320円)をもらい、「珍味わたあえ」(200円)の器に箸(はし)が立ってることを確認して、「珍味わたあえ」を注文したら、確かにま... [続きを読む]

受信: 2018.08.24 07:00

» 夏だけのお楽しみ枝豆 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 下関から帰ってきて、会社での仕事を終えた後、やって来たのは荻窪「やきや」だ。  地方への出張から帰ってくると、「やきや」で八戸のイカを食べるか、もつ焼き屋に行くか。どちらかに決まってる。  八戸出張の場合以外は、どちらも地方ではあまり食べられないもんねぇ。  イカを食べる気分満載で「やきや」に入ると、なんと! カウンター上に枝豆が置かれているではありませんか。  「やきや」の冬だけの名物が「いか... [続きを読む]

受信: 2018.09.05 07:00

» カイト君のイカゲソ焼 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 会社を出るのがいつもよりちょっと遅くなり、「やきや」到着は7時前。  今日も店内はいっぱいながら、一番奥の立ち飲みテーブルが空いているのが見えたので、一番奥に進む。このところ、ここで飲むことが多い。  ホッピー(320円)を注文し、つまみは季節の「枝豆」(200円)。これまでは夏場でもないことが多かったので、あるうちに食べておかなきゃね。  ナカ(160円)をもらって、「いかみみ焼」(200円)... [続きを読む]

受信: 2018.09.07 07:28

» 週の頭からイカで呑む … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 今週後半は出張の予定が入っているので、週明けの月曜日から荻窪「やきや」である。  週に1度は、「やきや」のイカでホッピーを飲みたいからなぁ。  いつものようにホッピー(320円)をもらって、つまみは「珍味わたあえ」(200円)からスタートする。  店に着いたのが午後6時過ぎだったので、まだ「珍味わたあえ」は残っていたが、このあとちょっとして売り切れた。  それと相前後(あいぜんご)して、「いかみ... [続きを読む]

受信: 2018.09.12 07:46

» いか刺身をワタ醤油で … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 会社帰りに、荻窪の眼鏡屋さんに立ち寄る。  今の職場になって、事務仕事が多いからか、パソコン画面から手元ぐらいの範囲の近いところが見づらくなってきた。  これはきっと老眼が進んだのに違いない。  そう思ってやってきたんだけれど、視力測定の結果は、なんと近視が改善されているとのこと。  私のメガネは中近両用というタイプのものなんだけど、近視が改善されてきたにもかかわらず、近視側のレンズが強いままな... [続きを読む]

受信: 2018.09.21 07:00

« カエリで黒じょか焼酎 … 「有象無象(うぞうむぞう)」(呉) | トップページ | 満を持して南口で再開 … 立ち飲み「やきや」(荻窪) »