« 昼間に美味い生ビール … 居酒屋「せとや」(呉) | トップページ | 西瓜のソルティドッグ … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉) »

ポークチャップを肴に … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉)

ポークチャップ


 そろそろ「月刊くれえばん」に連載中の「呉酒場礼賛」の原稿締切日が近づいてきました。昨日は、あまりの暑さに朝から外食して、昼からは冷たい生ビールを飲んでたりしたので、原稿はまったく進んでいません。

 これじゃ終わらないので、今日は朝から自室(単身赴任寮)に缶詰めになって原稿を仕上げることにして、朝食から自炊。といっても、みそ汁を作って、パックご飯をレンジで温め、ハムステーキと目玉焼きにミニトマトを数個添える程度。平日も、朝食はいつもこんな感じです。玉ネギ、豆腐、ワカメがたっぷりと入ったみそ汁がうまいんだな。ちなみに出汁(だし)は音戸のイリコで取り、呉の「ますやみそ」製の合わせ味噌で味付けています。

 午前中のうちに草稿まで完了。昼はさっぱりと冷やしソーメンを作りますが、これって食べるときは涼しいのですが、作るときは大鍋の湯で麺をゆでないといけないので、けっこう暑いんですね。食べる人だけが冷たい一品だったんだと再認識。トマトに、千切りのキュウリ、そしてほぐしたカニ蒲鉾を具に添えます。(錦糸玉子はむずかしそうなので断念。)

 午後からは推敲に入ります。草稿の段階では、これを書きたいな、と思うことをできるだけ網羅するように、文字数はあまり考えずに書いているので、たいてい2,000~2,400字くらになってしまっています。これを文章全体の構成を組み直したりしながら、完成原稿1,600字に仕上げていくのです。

 もともと工学部出身で、勤務先も製造業なので、このブログを書いたりする以外は、技術系の文書しか書いたことがない。ましてやこうして決められた文字数におさめるなんて、小学校の作文以来です。なので、なんだか新鮮でおもしろい。

 よっしゃ! できた!

 そう思える仕上がりになったのは午後7時半。夕食は外でとりますか。ついでにちょっと飲みましょう。

 そんなわけで今日は、大正10(1921)年開店、今年で創業90年になる洋食の老舗「いせ屋」に向かいます。

 三代目となる店主ご夫妻が、ふたりで切り盛りする店内は、テーブル席が3卓に、小上がりの座卓が2卓。私は小上がりの奥側がお気に入りですが、この席は人気が高くて、先客で家族連れなどがいると、まずここから埋まります。

 幸い今日の先客は、それぞれひとり客の男性が二人。左手奥のテーブル席と、右奥のテーブル席とに座っているので、遠慮なく小上がり奥側の席へ。

 以前にも書いたとおり、この店での私の定番は“チャップ・ブタ・チュー”。これはポークチャップ(800円)に汁(ぶたじる、300円)とごはん(180円)を注文したときの、この店の通し符丁なのです。この店には定食メニューはなくて、自分で単品を組み合わせて定食にしていきます。

 今日はちょっと飲もうと思っているので、まずはキリンビール(大瓶、700円)とポークチャップ(800円)を注文すると、「ポークチャップもすぐできますからね。これはサービスです」と、おかみさんがビールと一緒に枝豆を出してくれました。

 枝豆を2~3さや食べたところで、もうポークチャップが出てきました。

 この店の創業者は、明治時代に軍艦で料理長を務めた方。料理の出が早いのも海軍流なのだそうです。そして水兵さんたちは食べるのもまた早かったのだとか。ゆっくりしてると次の命令が下って食べられないこともあるので、料理が出るのも、食べるもの早くなったんだそうです。お風呂なんかも早かったらしいですよ。

 ポークチャップは、十分に下ごしらえをした豚肉をフライパンでソテーして、自慢のデミグラスソースをからめたらできあがり。ゆでたジャガイモ2切れと、千切りキャベツ、パセリが添えられます。やわらかい豚肉と、旨みたっぷりのデミグラスソースがいいんだな。

 ビールを飲み終えたところで、今日は豚汁(300円)の小と、ごはんの小(160円)をもらいます。ごはんと一緒に出される、自家製の漬物(キュウリと大根)が、これまたおいしいのです。これだけで日本酒の1~2合はいけそうな感じ。

 1時間ほどの滞在。お勘定は1,960円でした。

110710a 110710b 110710c
田舎洋食「いせ屋」 / キリンビールと枝豆 / ごはん小と豚汁小

店情報前回

《平成23(2011)年7月10日(日)の記録》

|

« 昼間に美味い生ビール … 居酒屋「せとや」(呉) | トップページ | 西瓜のソルティドッグ … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/52714497

この記事へのトラックバック一覧です: ポークチャップを肴に … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉):

» トンカツで飲んで〆は … 田舎洋食「いせ屋(いせや)」(呉) [居酒屋礼賛]
 単身赴任の自炊生活でのタンパク質は、豆腐や納豆などの大豆系の食材で摂(と)ることがほどんどで、肉や魚を食べることは希(まれ)なのですが、こう暑い日が続くと、がっつりと肉料理で力をつけたい。  で、やってきたのが大正10(1921)年創業の洋食店、「いせ屋」です。  ここに来ると、ポークチャップ(800円)を食べることが多いのですが、今日はトンカツ(800円)をもらってみることにします。  キリン... [続きを読む]

受信: 2011.09.18 11:54

« 昼間に美味い生ビール … 居酒屋「せとや」(呉) | トップページ | 西瓜のソルティドッグ … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉) »