« 鯉こくだけで肴は十分 … 「まるます家(まるますや)」(赤羽) | トップページ | 店情報: やきとん「秋元屋(あきもとや)桜台店」(桜台) »

老舗大衆酒場で酒場浴 … 「斎藤酒場(さいとうさかば)」(十条)

老舗大衆酒場で酒場浴


 赤羽からJR埼京線で1駅。今日の3軒目は十条の老舗、「斎藤酒場」です。

 のれんをくぐって店内に入ると、平日(水曜日)ながら、午後6時の店内はほぼ満席状態。

「ひとりです」と人差し指を立てると、

「では、こちらにどうぞ」

 と店のおばちゃんが、入口右手のテーブルの一角を指し示してくれます。

 「斎藤酒場」の店内には、自然木でできた、不定形のテーブルがずらりと並んでいて、そこに入れ込みの相席でお客さんを案内してくれるのです。だから、満席のように見えても、ひとりならば、たいていどっかに入ることができるのです。(まったくの満席で「ごめんなさい」となることも、ごくたまぁ~にありますが。)

 大瓶の冷やしビール(490円)を赤星(サッポロラガー)でもらい、料理はコロッケと串カツのミックス(220円)を注文します。

 コロッケと串カツは、本来は2個1人前で220円なのですが、「ミックスで」とか、「セットで」とお願いすると、それぞれを1個ずつ盛り合わせて出してくれるのです。ひとりのときは、ちょうどいいですね。ウスターソースをたっぷりとかけていただきます。

 続いては山芋千切り(200円)と燗酒(160円)を注文。

 山芋千切りは、その名のとおり千切りにした山芋に、刻み海苔をかけ、横にワサビが添えられます。醤油をサッと回しかけて、ぐりぐりとかき混ぜると、徐々に粘りっけが出てきます。

 これをズズズッとすすり込んでは、すかさず燗酒を合わせます。あぁ、うまいっ。

 ここ「斎藤酒場」には、月見芋(250円)というメニューもあって、こちらはおろした山芋に生卵(全卵)と刻み海苔をのせて、ワサビです。

 月見芋は混ぜるとトロトロのジェル状、つまりトロロ芋になるのですが、それに比べると山芋千切りは混ぜても固形の山芋がしっかりと残っているので、シャキシャキとした山芋の食感と、ズルッとした粘り気の両方をいっぺんに味わうことができます。どちらもそれぞれに捨てがたいですよねぇ。

 1時間20分ほどの酒場浴。お勘定は1,070円でした。どうもごちそうさま。

110803a 110803b 110803c
お通しの落花生とビール / 串カツとコロッケ / 山芋千切り

店情報前回

《平成23(2011)年8月3日(水)の記録》


《夏休みスペシャル:本日の1日1麺》

韓国冷麺

 夏休み5日目は、かみさんと外出したついでに、新宿・職安通り沿いの韓国料理店で冷麺をいただいたのですが、これがちょっとイマイチ。事前にきっちりとリサーチしてこないとダメですねぇ。反省、反省。

|

« 鯉こくだけで肴は十分 … 「まるます家(まるますや)」(赤羽) | トップページ | 店情報: やきとん「秋元屋(あきもとや)桜台店」(桜台) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/52957067

この記事へのトラックバック一覧です: 老舗大衆酒場で酒場浴 … 「斎藤酒場(さいとうさかば)」(十条):

» コロッケ串カツセット … 「斎藤酒場(さいとうさかば)」(十条) [居酒屋礼賛]
 東十条の「埼玉屋」を出たのは午後6時。開店と同時(午後4時)に飲み始めたので、ゆっくりと2時間飲んでも、まだまだやっと夕方といった感じですねぇ。外も明るいこと。  今日の2軒目として、十条駅の近くにある昭和3(1928)年創業の「斎藤酒場」を目指します。  乗り換え案内のソフトで、東十条から十条を検索すると、東十条から赤羽に行き、乗り換えて十条に出るという、およそ10分(乗車6分、待ち4分)のル... [続きを読む]

受信: 2012.06.17 10:44

« 鯉こくだけで肴は十分 … 「まるます家(まるますや)」(赤羽) | トップページ | 店情報: やきとん「秋元屋(あきもとや)桜台店」(桜台) »