« 倉嶋編集長行きつけの … 焼とり「よね田(よねだ)」(西荻窪) | トップページ | 店情報: うなぎ「カブト」(新宿) »

みちのくの銘酒と料理 … 食酒「みちのくらさん」(西荻窪)

今日のお通し


 「古典酒場」の倉嶋編集長と行く、本日の3軒目は、再び西荻窪駅南口に戻って、食酒「みちのくらさん」です。

 ここは“みちのく(東北)”6県のうまい銘酒と料理のお店。

 平成19(2007)年末創業と、比較的新しいお店ですが、店主が身体を壊されてしばらくお休みされていたんだそうです。

「昨日(8月1日)から再開したところなんです」と店主。

 いやいや。まったく知らず、たいへん失礼いたしました。でも、無事に復活されて何よりでした。

 飲み物は、倉嶋さんは岩手の「南部美人 純米吟醸」(正一合、880円)で、私は福島の「大七 純米 生もと」(正一合、800円)でスタート。

 すぐに出されるお通し(400円)は、スイカ、枝豆、大根おろし、かつお刺身という4点盛り。少量ずつながら品数が多いのが、いかにも呑兵衛好みですね。

 今日は、ご自身が出版される「ぐびぐびばくばく口福日記」の打ち合わせで、坂崎重盛さんと昼間から飲み始めていたという倉嶋さんは、さすがに「南部美人」1杯で戦線離脱。

 私もすでにできあがっているのに、昼から今まで飲み続けられるというのが、さすが倉嶋さんですねぇ!

 なお、この「ぐびぐびばくばく口福日記」。その後、9月1日に出版され、現在、各書店で販売中です。

 倉嶋さんのブログでは時系列ながら、「ぐびぐびばくばく口福日記」は地域別の構成。ブログが、横書きで1行あたりの文字数が少ないのに対して、本のほうは縦書きで、普通の長い段落構成。これだけでずいぶん印象が変わるもんですねぇ。

 しかし、読めば読むほど、倉嶋編集長の『稀代(きだい)の呑兵衛さん』ぶりが際立ちます。う~む。やっぱりすごいっ!

 さて、倉嶋さんが帰宅された後の「みちのくらさん」。続いていただいたのは〔エロうま豆腐〕(550円)。この料理名は常連さんの命名なんだそうで、その実態は“熱々崩し豆腐”。

 刻んだ白ネギがたっぷりと入った熱々の餡(あん)で煮込まれた、大きな塊のままの豆腐を、木のレンゲでグチャグチャっと突き崩して、ズルズルっと流し込むようにいただくと、その食感たるや、まさにエロうまい!

 1軒目、角ハイボール。2軒目、ホッピー。そして、ここ3軒目で冷酒と、冷たいお酒を飲み続けてきた喉を、熱々の豆腐と餡がゆっくりと温めながら通っていきます。あぁ。豆腐はやっぱり、呑兵衛の強い味方じゃのお。

 お酒のおかわりをいただいて、つまみには〔酒によく合う焼き飯〕(780円)。刻み海苔と白胡麻がたっぷりと混ぜられた焼き飯は、ビシッと濃い目の味付けで、本当にいいつまみになりました。

110802d 110802e 110802f
エロうま豆腐は / 崩して食べる / 酒によく合う焼き飯

店情報前回

《平成23(2011)年8月2日(火)の記録》

|

« 倉嶋編集長行きつけの … 焼とり「よね田(よねだ)」(西荻窪) | トップページ | 店情報: うなぎ「カブト」(新宿) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/52918146

この記事へのトラックバック一覧です: みちのくの銘酒と料理 … 食酒「みちのくらさん」(西荻窪):

» 台湾屋台の三色たまご … 食酒「みちのくらさん」(西荻窪) [居酒屋礼賛]
 焼とり「よね田」を出て、西荻窪での2軒目は、『東北6県の美味しい日本酒と旨い酒肴』の店、「みちのくらさん」です。  改めてこの日の倉嶋編集長のブログを読んでみると、 <これなんだっけ? こんなにおしそうな酒肴食べているのに、思い出せないのが実に悔しい。。。>  と書かれているのが、冒頭の写真の酒肴。これは「台湾屋台の三色たまご」(470円)という料理で、ピータン、塩たまご、生たまごの3種を蒸しあ... [続きを読む]

受信: 2012.06.22 20:28

« 倉嶋編集長行きつけの … 焼とり「よね田(よねだ)」(西荻窪) | トップページ | 店情報: うなぎ「カブト」(新宿) »