« 店主が酒好き酒場好き … 居酒屋「ねこ屋(ねこや)」(築地) | トップページ | 平日のみのシンキお酢 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(京成立石) »

ぎりぎりで間に合った … 居酒屋「兵六(ひょうろく)」(神保町)

むぎ焼酎


 築地「ねこ屋」を出て、男前H氏と向かう次なる酒場は、神保町の三省堂書店裏手にある昭和23(1948)年創業の老舗居酒屋、「兵六」です。

 店に到着したのは、午後9時20分。「兵六」は9時半がラストオーダーなので、まさにギリギリというタイミングです。

 三代目店主・柴山真人(しばやま・まさと)さんをコの字カウンターが取り囲んでいて、椅子は丸太を2本渡した長椅子形式。その一角にH氏と並んで座り、麦焼酎(680円)を生(き)でもらうと、すぐにチェイサーの水と、お通しのヒジキ煮が出されます。

 ラストオーダーに間に合わせてたのんだ肴(さかな)は、つけあげ(530円)とオニオンスライス。

 午後10時過ぎにはお勘定。ちょっとの間でも「兵六」で飲むことができて良かった良かった。

 男前H氏と別れ、東西線、西武新宿線と乗り継いで、ひとりで都立家政へ。間に合えば「竹よし」にも顔を出したかったのですが、残念ながら到着したのは閉店時刻(午後11時)のちょっと後でした。ん~~、残念!

110804d 110804e
つけあげ / オニオンスライス

店情報前回

《平成23(2011)年8月4日(木)の記録》


《夏休みスペシャル:本日の1日1麺》

肉玉うどん

 夏休み6日目の1麺は、夏休み二日目にも食べた肉玉うどんです。肉玉うどんは私の大好物なので、比較的ひんぱんに作ってくれるのです。

 この肉玉うどんは、松山の肉うどんに端を発して、いまや完全にわが家風にアレンジしつくされたもの。

 松山の肉うどんは、脂っぽい牛肉と少量の油揚げを、砂糖と醤油で甘辛く(甘味が強い)煮たものをうどんの上にトッピングしたもの。同じ四国でも、昔の松山あたりのうどんは、讃岐のようなコシはなくて、箸に引っかけるとプツンと切れるくらいヤワヤワ。これに甘~い牛肉がのるのがいいんですよね。

 これをアレンジしたわが家の肉うどんは、前にも書いたとおり、豚肉とたっぷりの松山揚げ(=松山で作られる日持ちする油揚げ)を、砂糖と醤油で、やはり甘く煮込んで、うどんの上にトッピングします。

 牛肉と豚肉の違い。松山揚げがたっぷりと入るところ。そして麺が讃岐の冷凍麺であるところが、わが家の肉うどんの特徴でしょうか。

 最後に落とした生卵をプツンと崩して、麺を絡めながらいただくのがいいんですね!

|

« 店主が酒好き酒場好き … 居酒屋「ねこ屋(ねこや)」(築地) | トップページ | 平日のみのシンキお酢 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(京成立石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/52991752

この記事へのトラックバック一覧です: ぎりぎりで間に合った … 居酒屋「兵六(ひょうろく)」(神保町):

» 築地「ねこ屋」から神保町「兵六(ひょうろく)」へ [居酒屋礼賛]
 銀座「ロックフィッシュ」、新橋「脱藩酒亭」と飲みすすみ、今日の3軒目は、酒友・H氏とともに築地「ねこ屋」です。  「ねこ屋」の創業は平成20(2008)年3月。その翌年に現在の場所に移転し、今に至っています。半地下の店内は、入口すぐのところにテーブル席(1卓5席)があり、その奥に10席分のL字カウンターがある造り。女将・市川真理さんが一人で切り盛りされています。  女将は看護婦さんでもあり、自ら... [続きを読む]

受信: 2012.09.22 14:54

« 店主が酒好き酒場好き … 居酒屋「ねこ屋(ねこや)」(築地) | トップページ | 平日のみのシンキお酢 … もつ焼き「宇ち多゛(うちだ)」(京成立石) »