« じっくりと5時間呑み … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 店情報: 生そば「信州(しんしゅう)」(呉) »

浴衣姿で8月も終わり … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮)

浴衣姿で8月も終わり


 都立家政の「竹よし」を出て、

(最後に1杯、ウイスキーを飲んで帰ろうかな)

 と向かった先は、鷺ノ宮の老舗バー「ペルル」です。店の内外ともに、明らかにバーなのですが、昔から店の電灯看板には「居酒屋ペルル」と書かれているので、このブログでも、いつも“居酒屋「ペルル」”としてご紹介させていただいています。

 ここもそろそろ閉店時刻(午後11時半)なのに、ものすごくにぎやかですねぇ! どうしんたんだろう。

「こんばんは」

 入口の扉を開けて店内に入ると、ずらりと並ぶ浴衣(ゆかた)姿。今日は『浴衣デイ』ということで、みんなで浴衣を着て盛り上がってたんだそうです。

 知らずにやってきたのは私だけではなくて、数人は普通の姿でひと安心。

 すぐに閉店時刻がやってきて、「さぁ、二次会に行こう!」という音頭で、みんなで近くの居酒屋「庄や」へと流れます。

 「よろこんで!」という挨拶でおなじみの「庄や」は、年中無休で、夕方5時から翌朝4時までの営業。今の時間(午後11時半過ぎ)でも、まだまだお客さんがたくさん居ます。

 「ペルル」のちょっと暗めの照明から、「庄や」の明るい照明の下に来ると、女性陣の浴衣の色合いの艶(あで)やかなこと。

 「ペルル」も、曜日替わりで女性陣がひとりずつ手伝いに来てくれているのですが、こういうイベントの場合は、みんなが一斉にやってきてくれるので、とても華やかなのです。

 男性陣も、常連さんたちはほぼみなさん浴衣姿で、いつもとはまた違った印象です。

 みなさん、それぞれに昼間は会社の顔、地域の顔などがあるものの、こうして酒場に集まって飲むときは、年齢も地位も無関係に、それぞれがひとりひとりの個人と個人。こういう状態で楽しめるのが、酒場のものすごくいいところだろうと、いつも思います。

 閉店時刻(午前4時)まで「庄や」で飲んで、まだまだ騒ぎ足りずに、ぞろぞろと連れ立って、鷺ノ宮小学校横の公園へと向かい、なんと朝の4時から花火大会です。

 さすがに住宅街なので、大きな音の出る花火は避けて、バチバチとカラフルな炎が出る花火や、その横っちょでは小ぢんまりと線香花火をしながら、缶ビールに缶チューハイ。

 そうこうしているうちに、短い夏の夜は白々と明けてきます。

 一度空が白み始めると、夏の朝は、つるべ落としの逆で、ぐんぐんと明るさを増していきます。

「そろそろラジオ体操の小学生も来るころだから、もう帰ろうね」

 という時間になって、後ろ髪を引かれながらも解散。8月最後の週末は、長くて楽しい夜になりました。

 う~む。それにしても、もう日曜日の朝になっちゃいましたか。ちょっとだけ寝たら、午後にはもう呉(単身赴任先)に向かわないと!

店情報前回

《平成23(2011)年8月27日(土)の記録》

|

« じっくりと5時間呑み … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 店情報: 生そば「信州(しんしゅう)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/53253548

この記事へのトラックバック一覧です: 浴衣姿で8月も終わり … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮):

» お疲れさんにクエン酸 … やきとん「たつや」(沼袋)ほか [居酒屋礼賛]
 3ヶ月ぶりの沼袋「たつや」で、まず注文したのはクエン酸サワー(380円)とレバテキ(350円)です。  前回の記事で、『東京では、このところよく“クエン酸サワー”を見かけるなぁ』と書いたところ、「たつや」店主のたっつんさんから、「たつや」のクエン酸サワーは、コダマ飲料の「お疲れさんにクエン酸」を使っていることや、もっと疲れている人には、追加で“もろみ酢”(100円)も出していることなどを教えても... [続きを読む]

受信: 2012.03.24 18:36

« じっくりと5時間呑み … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 店情報: 生そば「信州(しんしゅう)」(呉) »