« 〔この一品〕 呉「山口山」の冷麺 | トップページ | ガツンと男マティーニ … バー「日の出理容院(ひのでりよういん)」(日ノ出町) »

10周年おめでとう! … バー「ホッピー仙人(ほっぴーせんにん)」(日ノ出町)

リアルハーフホッピー


 横浜・野毛(正確には宮川町)のバー「ホッピー仙人」は、平成23年9月15日で創業10周年となりました。

 「ホッピー仙人」という店名のとおり、この店の売りはホッピー。

 キンミヤの他、数種類の焼酎、泡盛、ジン、ウォッカなどのベースとなるお酒に、それを割るホッピーは、瓶の白・黒、樽の白・黒と、ホッピーファンにはたまらぬ品揃えです。

 この店を切り盛りする店主のことは、“仙人”と呼ぶのがこの店のならわし。けっして“マスター”なんて呼びかけないようにしましょう。

 その“仙人”は、昼間は我われと同じくサラリーマンとして仕事をされていて、夕方になるとこの店を開けるという“二足のわらじ”生活。それを続けて10年なのだからすばらしいではありませんか。

 1杯目は、この店ならではのリアルハーフホッピー(700円)をいただきます。

 リアルハーフホッピーは、白ホッピーと黒ホッピーの比重の差を利用して、ジョッキの下半分は白ホッピー、上半分は黒ホッピーという、不思議な不思議な「ホッピー仙人」のオリジナル・カクテルです。

 いっけん簡単そうに見えるリアルハーフホッピーですが、常連さんたちと研究を続けること3年にして、やっと完成した努力の一品なのです。

 ここ「ホッピー仙人」には、他にも温かいホッピーである“ぬくっピー”といったオリジナル・カクテルもあって、特に冬場には人気を博しています。

 2杯目は基本の白ホッピー(500円)。ここしばらくホッピーを飲んでなかったので、この基本のホッピーが身体に染み渡るなぁ。

 久しぶりの「ホッピー仙人」で1時間半ほど過ごし、今日のお勘定は1,200円でした。どうもごちそうさま。

110927a 110927b 110927c
都橋商店街 / ホッピーを作る仙人 / 10周年記念ホッピー

店情報前回

《平成23(2011)年9月27日(火)の記録》

|

« 〔この一品〕 呉「山口山」の冷麺 | トップページ | ガツンと男マティーニ … バー「日の出理容院(ひのでりよういん)」(日ノ出町) »

コメント

10周年すごいですね。私は、ホッピー仙人というくらいですから、それが本職だと思っていました。趣味のお店な訳ですね。『古典酒場』の倉嶋紀和子編集長も同じですよね。今度、行ってみたいです。たしか、同じ日ノ出町にあるホルモン料理『第一亭』は、お店を始めて何年くらいになるのですか?

投稿: おおぽん | 2011.11.22 07:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/53302143

この記事へのトラックバック一覧です: 10周年おめでとう! … バー「ホッピー仙人(ほっぴーせんにん)」(日ノ出町):

» 野毛初の神戸スタイル … バー「野毛ハイボール(のげはいぼおる)」(桜木町)など [居酒屋礼賛]
 飲み仲間であり、飲み歩きブログ仲間でもあるハルさんが、野毛にハイボールバーを開業したのは昨年末のこと。早く行ってみなきゃと思いながらも、なかなか横浜に出る機会がなく、開店4か月を過ぎた今日になって、はじめて伺うことができました。  場所は「ホッピー仙人」と同じく、都橋商店街の2階にあります。  銀座の人気バー「ロックフィッシュ」の常連さんでもあったハルさんが開いたお店だけあって、野毛ではじめて関... [続きを読む]

受信: 2012.05.01 12:29

« 〔この一品〕 呉「山口山」の冷麺 | トップページ | ガツンと男マティーニ … バー「日の出理容院(ひのでりよういん)」(日ノ出町) »