« 鳥串で飲んで半麺で〆 … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) | トップページ | 〔この一品〕 呉「山口山」の冷麺 »

白身(牛ミノ)鉄板焼 … お好み焼き「のぶ」(呉)

白身焼き(野菜入り)


 月曜日ながら今日は“敬老の日”で祝日。昨日(三連休の中日)を休肝日にしたので、今日は飲みに行こうとやってきたのは、お好み焼きの「のぶ」です。ここは日曜定休だけど、祝日は普段どおりに営業しています。

 祝日ながら、午後6時の店内にはすでにお客さんが多くて、8人掛けのL字カウンターは、いちばん奥に男性二人連れ、ひとつ空けて男女二人連れ、またひとつ空けて女性一人客と入っていて、一番手前の2席が空いている状態。右手小上がりの二つ座卓は、手前側に男性一人客です。

 私もカウンターの一番手前の席に座り、まずは生ビール(600円)を注文。その生ビールをひと口、ふた口飲んだところで、カウンター角の男女二人連れがお勘定をして席を立ち、私がその場所に移動します。L字カウンターの奥のほうに座ると、鉄板で調理する様子がよく見えるのです。

 その鉄板で焼いてもらうのは、お酒のつまみとしてもぴったりのネギ焼き(500円)です。ネギ焼きは、薄く広げた生地の上に、こんもりと刻んだネギをのせ、裏面も焼いてから半分に折り畳んだもの。醤油かポン酢醤油でいただきます。

 女性一人客のランさんは、すっかり常連さんのようで、コンニャクを焼いてもらったり、キャベツの千切りや、大根おろしを作ってもらったりと、メニューにはない料理のオンパレード。それらの料理ができあがると、

「ちょっと食べてみませんか?」

 とこちらにもお裾分けをくれるのですが、どれも美味しいこと!

 飲み物をチューハイ(400円)に切り換えたところで、メニューに『白身 600円』と書いてあるのが気になって、女将さんに確認してみると、「牛の胃(ミノ)を炒めたものよ」とのこと。さっそく注文すると、

「野菜も入れる?」と女将さん。

「はい、入れてください」

 とお願いすると、鉄板上のミノに、刻んだキャベツや玉ネギなどもたっぷりと加えた、ミノ野菜炒めを作ってくれました。このミノ、下ごしらえ時に隠し包丁というか、小さな切り目をたくさんつけてくれているので、やわらかく噛み切ることができます。

「ハス、焼こうか?」とランさんに聞く女将さん。

「じゃ、私もお願いします」と横から便乗注文すると、厚めに切ったハス(レンコン)を、まず電子レンジでチンと下ごしらえしてから、鉄板の上に並べて焼き上げてくれます。

 そこへ入ってきた男性客は、どうやらランさんのご主人の様子。この人も、ランさんと同じく大常連さんのようで、特に注文することもなく飲み物が出され、鉄板の上では豚肉が焼かれ始めます。豚肉に火が通ったところで、各種野菜も投入し、肉野菜炒めといった感じの料理ができてきました。

 これで完成かと思いきや、その横に玉子が割り広げられ、肉野菜炒めを全部その上にのせて、クルリと巻いたら、まるでオムライスのようなボリューム感の、肉野菜オムレツのできあがりです。仕上げにケチャップまでかけるので、見た目はまさにオムレツそのものです。ランさんのご主人は、いつもこれを食べるんだそうです。

 白身も食べ終えて、2時間半ほどの滞在。お勘定は3,000円でした。どうもごちそうさま。

110919a 110919b 110919c
ネギ焼きの焼き始め / 完成したネギ焼き / ハス焼き

店情報前回

《平成23(2011)年9月19日(月)の記録》

|

« 鳥串で飲んで半麺で〆 … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) | トップページ | 〔この一品〕 呉「山口山」の冷麺 »

コメント

たかが卵、されど卵。
卵ひとつでがらりと豪華に変わる。
118円で10個の卵を買ってます。
つまり11.8円で素晴らしい夕食か否か左右される。

投稿: ここちき | 2011.11.19 18:17

コメントありがとう!>ここちきさん
ほんと、卵は重宝しています。
このところ、自炊のときによく作るのが「納豆玉子焼き」。
普通に納豆を作っておいて、刻みネギと生卵を入れてよく混ぜる。これを電子レンジ500Wで1分半ほど加熱すると、おいしい「納豆玉子焼き」のできあがり。
仕上げにレモン果汁をたらして、ちょっと酸っぱくすると食欲も増します。
すぐにできるので、朝食にもぴったりなのです。

投稿: 浜田信郎 | 2011.11.19 18:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/53280944

この記事へのトラックバック一覧です: 白身(牛ミノ)鉄板焼 … お好み焼き「のぶ」(呉):

» 2軒目も、またおでん … お好み焼き「のぶ」(呉) [居酒屋礼賛]
「おでん始めたよ。ハス(蓮根)が美味しいけど食べる?」  店に入るなりそう聞かれて、思わず「うん、食べる食べる」と答えてしまったけど、考えてみれば今日は1軒目もおでん屋でした……。  金曜日の今日は、先週に引き続いて、おでんの「迷亭」へ。年中おでんをやっている専門店なれど、やっぱりこの季節になると、おでん頻度が高まりますよねぇ。  まわりに霜がつくほどキンキンに冷えたジョッキで、生ビールを1杯もら... [続きを読む]

受信: 2011.12.21 01:36

« 鳥串で飲んで半麺で〆 … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉) | トップページ | 〔この一品〕 呉「山口山」の冷麺 »