« たっぷり飲んだ帰り道 … 「ファイヤーチキン(FIRE CHICKEN)」(都立家政) | トップページ | 帝釈峡しゃも地鶏小鍋 … 小鍋立て「五鉄(ごてつ)」(呉) »

青い炎が上がって完成 … 屋台「燻(くん)」(呉)

カマンベールチーズのオレンジマーマレード焼き


 ポッと青い炎が上がって完成するのは、カマンベールチーズのオレンジマーマレード焼き(750円)。屋台の「燻」で出してくれる、人気メニューのひとつです。

 呉の蔵本通り沿いにずらりと並ぶ13軒の屋台は、大きく三つのグループに分けることができます。呉市が公募を行うより前から営業していた老舗屋台6軒に、平成14(2002)年の公募で新規参入した5軒、そして平成20(2008)年の公募で加わった2軒という3グループです。

 老舗屋台の特徴は、おでん、豚足、中華そばという三つのメニューが必ずあること。逆に平成14年公募組の大きな特徴は、それら三つのメニューがないこと。ここ「燻」も、平成14年公募組の1軒です。燻製料理や、店主・古田さんの作る創作料理が楽しめます。

 燻製料理は、毎日、黒板に書き出されていて、今日のメニューはスモークチキン(550円)、スモークササミ(500円)、スモークチーズとナッツ(450円)、スモークカモのサラダ(480円)といったところ。

 飲み物メニューも、生ビール(500円)、焼酎(麦・芋、400円)、日本酒(400円)の他、グラスワイン(白・赤、400円)、梅酒(400円)、泡盛(400円)、さらには珈琲焼酎(400円)や各種カクテル(500円)まで置いていて、まるで屋台じゃないみたい。私のお気に入りは珈琲焼酎(400円)です。

 今日は、月刊「くれえばん」の木戸編集長、そして私の連載の担当編集者のキティさんと3人で広(ひろ)の酒場めぐり。1軒目は、人ひとりがやっと通れるかどうかという路地の中にある「浪(なみ)」という居酒屋で、2軒目は「広酒場」です。広には大学などもあるからか、若いお店も多いのです。

 で、タクシーでビュンと呉に戻ってきて、3軒目として、ここ屋台の「燻」に入ったのでした。

 カマンベールチーズのオレンジマーマレード焼き(750円)の他にも、メキシカンタコス(1個400円)や鶏の生春巻(480円)といった、「燻」らしい料理をもらって、お勘定は3人で3,100円でした。どうもごちそうさま!

111003a 111003b 111003c
珈琲焼酎(奥は梅酒、生ビール) / メキシカンタコス / 鶏の生春巻

店情報前回

《平成23(2011)年10月3日(月)の記録》

|

« たっぷり飲んだ帰り道 … 「ファイヤーチキン(FIRE CHICKEN)」(都立家政) | トップページ | 帝釈峡しゃも地鶏小鍋 … 小鍋立て「五鉄(ごてつ)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/53430198

この記事へのトラックバック一覧です: 青い炎が上がって完成 … 屋台「燻(くん)」(呉):

» ポーク・シャリアピン … 屋台「燻(くん)」(呉) [居酒屋礼賛]
 金曜日の今日、4軒目の酒場としてやってきたのは屋台の「燻」。そろそろ日付が変わろうという時間帯に注文したのは、コーヒー焼酎の湯割り(400円)に、つまみはポークステーキ・シャリアピンソース(600円)。この「えっ?! それって屋台のメニューなの?」というような組み合わせが「燻」ならではですねぇ。  いつもは冷たいまま飲むコーヒー焼酎を、今日は湯割りでもらってみたのですが、これもいい。でもアルコー... [続きを読む]

受信: 2012.01.13 11:08

« たっぷり飲んだ帰り道 … 「ファイヤーチキン(FIRE CHICKEN)」(都立家政) | トップページ | 帝釈峡しゃも地鶏小鍋 … 小鍋立て「五鉄(ごてつ)」(呉) »