« 締めの定番、あぶそば … おでん「迷亭(めいてい)」(呉) | トップページ | 〔くれ便り〕 休日はランチで外食 »

2軒目も、またおでん … お好み焼き「のぶ」(呉)

「のぶ」のおでん


「おでん始めたよ。ハス(蓮根)が美味しいけど食べる?」

 店に入るなりそう聞かれて、思わず「うん、食べる食べる」と答えてしまったけど、考えてみれば今日は1軒目もおでん屋でした……。

 金曜日の今日は、先週に引き続いて、おでんの「迷亭」へ。年中おでんをやっている専門店なれど、やっぱりこの季節になると、おでん頻度が高まりますよねぇ。

 まわりに霜がつくほどキンキンに冷えたジョッキで、生ビールを1杯もらって、おでんは大根と、がんもどきから。ここのがんもどきは自家製で、中に野菜がたっぷりと入っています。

 生ビールに続いては、天狗舞(てんぐまい)をぬる燗でもらって、つまみはラッキョ。前回、「つまみはおでんしかない」と書きましたが、ラッキョなどのちょっとしたつまみもあるようです。

 さらに天狗舞のぬる燗をおかわりして、いろんなおでんにちょっとずつ添えて出してくれるシメジを、あえて単品で注文してみたところ、お皿にたっぷりと盛られたシメジには、さらにトッピングとして、さっと煮たカイワレ大根も添えられます。

 そして、とり竜田揚。これも毎回注文している大好物の一品です。

 最後は、これまたここに来ると必ず注文する豆腐をもらって、酒は真澄(純米吟醸)に切り替えます。

 豆腐には、大きく削ったカツオ節や三つ葉などがたっぷりとトッピングされていて、豆腐本体が見えないほど。これを柚子胡椒を溶いたポン酢醤油に、ちょっとずつ浸けながら食べるのがおいしいんですよねぇ。

 「迷亭」のお勘定は3,500円。そのあと、2軒目としてやってきたのが、ここ「のぶ」だったのです。

「ハスの他は、何を入れる?」

「じゃ、大根と巾着(きんちゃく)をお願いします。」

 「のぶ」はお好み焼き・鉄板焼きのお店なんだけど、必ず毎回、メニューにはないちょっとした煮物なども置いてあって、呑兵衛が飽きないようになっています。店は女将さんと、その妹さんが二人で切り盛りしているのですが、おふたりとも、この店をやる前にスナック系の酒場(呉でいうスタンド)にもいたことがあるんだそうで、呑兵衛の気持ちをよくご存知なのです。

 チューハイなどを飲みつつ、2時間ほどくつろいで、お勘定は3,000円。

 日付けも変わって3軒目は、バー「ANCHOR(アンカー)」へ。

 まずバランタイン17年をストレートでもらうと、お通しはエリンギの酢の物。2杯目は季節のフルーツ、生のザクロを使ったジャックローズを作ってもらいます。

 1時間ちょっとの滞在。お勘定は2,500円でした。どうもごちそうさま。

111021a 111021b 111021c
「迷亭」大根、がんもどき / らっきょ/ しめじ

111021d 111021e 111021f
天狗舞ぬる燗 / とり竜田揚 / 豆腐

111021g 111021h 111021i
「アンカー」バランタイン17 / ザクロの実 / ジャックローズ

店情報前回

《平成23(2011)年10月21日(金)の記録》

|

« 締めの定番、あぶそば … おでん「迷亭(めいてい)」(呉) | トップページ | 〔くれ便り〕 休日はランチで外食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/53531883

この記事へのトラックバック一覧です: 2軒目も、またおでん … お好み焼き「のぶ」(呉):

» 呑める!お好み焼き屋 … お好み焼き「のぶ」(呉) [居酒屋礼賛]
 広島と言えばお好み焼き。県の観光キャンペーン「おしい!広島県」のサイトによると、県内のお好み焼き屋店舗数が日本一なのに、このタイプのお好み焼きが日本の標準にはなっていなくて、常に“広島風”と呼ばれるのが惜しい!  広島のお好み焼きは重ね焼き。丸く薄く広げた生地(溶いた小麦粉)の上に、キャベツ、モヤシなどの野菜、その上に注文に応じて豚肉、イカ天などの具材。さらに、そば(中華蒸し麺)、薄く広げた玉子... [続きを読む]

受信: 2012.07.15 10:15

« 締めの定番、あぶそば … おでん「迷亭(めいてい)」(呉) | トップページ | 〔くれ便り〕 休日はランチで外食 »