« 店情報: バー「岩崎(いわさき)」(呉) | トップページ | 日曜は早めにスタート … 居酒屋「三とり本通店(さんとりほんどおりてん)」(呉) »

余市×宮城峡=竹鶴! … バー「岩崎(いわさき)」(呉)

余市×宮城峡=竹鶴


 土曜日なので「一つ家」だけでは終わらず、2軒目は屋台の「一二三」へ。「一二三」は、基本的に金曜日と土曜日にしか出ていないので、週末になると足しげく通っているのです。

 焼酎(いいちこ)の水割り(400円)をもらって、つまみはおでんの玉子(100円)と、ごぼう天(100円)をもらいます。

 ここ「一二三」の焼酎水割りは、濃いことで有名。おとうさんご自身が焼酎が好きなので、「焼酎はこれくらい濃くないとおいしくない」といって、氷入りのグラスに8~9割の焼酎を入れて、残りほんのわずかの部分に水を入れてくれるのです。よく知っているお客さんは「焼酎水割りを、薄めでお願いします」なんて注文をするほど。

 その濃い目の焼酎水割り(400円)をもう1杯おかわりして、つまみにはメザシ(9尾1人前で450円)を炙(あぶ)ってもらいます。このところ、このメザシがお気に入りで、来るたびに必ず注文しているような気がします。瀬戸内海のメザシはうまいっ!

 「一二三」には午後11時過ぎまで、1時間強の滞在で、お勘定は1,450円。

 もうちょっと呑んで帰ろうかな、と立ち寄ったのは、8月に一度行ったことがあるバー「岩崎」です。今回が2度目。オーナーバーテンダーが岩崎さんだから「岩崎」という店名。岩崎さんも、バー「ANCHOR(アンカー)」の森貞さんと同じく、バー「ナポレオン」の出身です。

 1杯目に「竹鶴17年」をロックでもらうと、

「ニッカでピュアモルトというのも珍しいでしょう?」と岩崎さん。

「えっ? そうなんですか?」とボトルを見てみると、確かにピュアモルトと書いてある。サントリーには「山崎」などのピュアモルトウイスキーが多いのですが、ニッカはシングルモルトばかりかと思ってました。

 ピュアモルトもシングルモルトも、どちらも100%モルトウイスキーじゃないと名のれない名称ですが、シングルモルトが単一蒸留所のモルトウイスキーなのに対して、ピュアモルトは複数の蒸留所のモルトウイスキーをヴァッテッドした(混ぜた)ものでもいいことになっています。

「調べてみると、竹鶴は、ニッカの余市と宮城峡の二つの蒸留所で作られたモルトウイスキーのヴァッテッドモルトらしいんですよ」

 なるほど、そういうことだったんですね。「竹鶴」は、すごく好きなウイスキーなのに、そんな基本的なことも知らずに飲んでました。

 ニッカからは「余市」と「宮城峡」という、二つのシングルモルトウイスキーも出されていて、それらのボトルも並べて見せてくれました。

 「竹鶴」のロックのあと出されたチャーム(お通し)は、スモークチーズ、パルメジャーノなどのチーズのミニ盛り合せです。

 今宵最後の1杯は、アイラモルト「アードベッグ10年」のストレートです。「アードベッグ」も、この店には3種類あって、それらも並べて見せてくれました。こうやって、ウイスキーやカクテルなどの飲み物の勉強ができるところも、オーセンティック・バーのいいところですよね。

 これまた1時間ほどの滞在。お勘定は2,900円でした。どうもごちそうさま。

111119g 111119h 111119i
「一二三」ごぼう天、玉子 / めざし / 「岩崎」アードベッグ

店情報

《平成23(2011)年11月19日(土)の記録》

|

« 店情報: バー「岩崎(いわさき)」(呉) | トップページ | 日曜は早めにスタート … 居酒屋「三とり本通店(さんとりほんどおりてん)」(呉) »

コメント

今年もよろしくお願い申し上げます。宮城峡は飲まれたのですか?

投稿: おおぽん | 2012.01.11 20:05

実は「余市」も「宮城峡」も、わが家(単身赴任社宅)にあるんです。>おおぽんさん
「竹鶴」だけ、これまでバーでしか飲んだことがなかったので、あまりしっかりとラベルの表記を見ていなかったのでした。

投稿: 浜田信郎 | 2012.01.11 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/53700244

この記事へのトラックバック一覧です: 余市×宮城峡=竹鶴! … バー「岩崎(いわさき)」(呉):

» ラフロイグの炭酸割り … バー「岩崎(いわさき)」(呉) [居酒屋礼賛]
 お腹はいっぱいなんだけど、アルコール分がちょっと足りない気がするので、「山口山」からの帰りに立ち寄ったのは、本通3丁目は晃輝ビルの4階にあるバー「岩崎」です。  土曜日、午後9時半のこの時間帯、カウンター席だけの店内には先客はなし。入口を入ると横に長く伸びるカウンターの中央あたり(入口を入ってすぐ左側あたり)に陣取って、まずはタリスカー(Talisker)10年をストレートでいただきます。  タ... [続きを読む]

受信: 2012.03.21 21:00

« 店情報: バー「岩崎(いわさき)」(呉) | トップページ | 日曜は早めにスタート … 居酒屋「三とり本通店(さんとりほんどおりてん)」(呉) »