« すべてが呑ん兵衛好み … 料理・酒「おがわ」(浦和) | トップページ | 店主自慢の牛ハツ炙り … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) »

閉店まぎわに滑り込み … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽)

「まるます家」


 「古典酒場」の倉嶋編集長、日本酒大好きなアヤパンマンさんと3人で、本日開店の浦和の「おがわ」に出かけた帰り道、二次会に行こうと途中下車したのは赤羽。向かうのは昭和25(1950)年創業の老舗酒場、鯉とうなぎの「まるます家」です。

 営業は午後9時半までの「まるます家」に3人で滑り込んだのは8時50分! あと40分だ!

「ジャンチュー(ジャンボ酎ハイ、950円)と、モヒートセット(ミントとライム、100円)を3人前。料理は鯉こく(350円)と、うな丼… えっ? うな丼ないの? じゃ、うな重(1,000円)、それと、すっぽん鍋(750円)もお願いします。」

 閉店時刻が近いので大急ぎで注文します。

 ジャンチューは、ハイリキプレーンの大瓶(1リットル)で、アルコールは7%。氷入りのジョッキを別に出してくれるので、これに注いでいただくのですが、ここにモヒートセットのミントとライムを入れてつぶすと、簡易モヒートができあがるのです。(本当のモヒートはラム+ソーダ+ミント+ライム+砂糖です。)

 まず出てきた鯉こくを回し飲み。鯉こくは、鯉のみそ汁。ここ「まるます家」の鯉は、専用の養殖場で育てた、クセのない鯉なので、洗いにしないでも食べられるし(鯉生刺600円)、鯉こくにしてもおいしいのです。鯉の大きな切り身が入っています。

 うな重も登場。ここのうなぎは、銀座あたりだと3千円くらいするものを、千円そこそこの赤羽価格(?)で出しているんだそうで、身のふっくら感と、脂のうま味がたまりません。タレがしみ込んだご飯の部分も、いいつまみになりますねぇ!

 1本のジャンチュー(ジョッキ約4杯分)では当然足りず、すぐさま2本目に突入です。

 そして、すっぽん鍋。この店のすっぽん鍋のおかげで、すっぽんはなんだか身近な存在になっていますが、他の店で食べると、今もやっぱり高級品ですよね。ありがたいことです。

 それにつけても、たくさん呑んだ後の汁もののうまいことといったら!

 ある程度、お腹が満たされたあとは、箸先につけてなめるほどの珍味と、あったかい汁もの(スープ)くらいがあれば、それだけでいくらでも呑めるような気がします。

 最後はご飯を入れてもらって、すっぽん雑炊にして〆たかったのですが、残念ながら時間切れ。「もう厨房の火を落としちゃったから、ごめんね」とのこと。

 それにしても、ぎりぎりの時間にやってきて、「まるます家」名物の、鯉とうなぎに加えて、すっぽんまでいただくことができたので良かった良かった。

 お勘定は3人で4,300円(ひとりあたり1,430円ほど)でした。どうもごちそうさま。今度はもっと早めに来ますね!

 長時間お付き合いいただき、ありがとうございました。ぜひまた飲みに行きましょう! > 倉嶋さん、アヤパンマンさん

111203j 111203k 111203l
鯉こく / うな重 / すっぽん鍋

店情報前回

《平成23(2011)年12月3日(土)の記録》

|

« すべてが呑ん兵衛好み … 料理・酒「おがわ」(浦和) | トップページ | 店主自慢の牛ハツ炙り … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/53767846

この記事へのトラックバック一覧です: 閉店まぎわに滑り込み … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽):

» 鯉と鰻で休みを終える … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) [居酒屋礼賛]
 1週間の年末年始休暇も今日(1月4日)で終了。単身赴任先の呉(広島県)に戻るべく、昼過ぎに都内の自宅を出発します。夜までに着けばいいのに、こんなに早く自宅を出たのにはわけがある。今日から年明けの営業を開始した赤羽(あかばね)の「まるます家」で、一献傾けてから呉に向かおうと思っているのです。  創業、昭和25(1950)年。朝の9時から開いている「まるます家」に到着したのは午後2時前。店内は満席で... [続きを読む]

受信: 2012.02.16 23:53

« すべてが呑ん兵衛好み … 料理・酒「おがわ」(浦和) | トップページ | 店主自慢の牛ハツ炙り … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) »