« 特選船盛り囲んで宴会 … 伊勢料理「志摩(しま)」(横浜) | トップページ | tamさんと呉で飲む … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »

日曜日も賑わう人気店 … やきとん「たつや」(沼袋)

「たつや」


 日曜日、午後5時半の「たつや」は、もうお客さんでいっぱい。2010年3月にオープンした、まだまだ若い店なのですが、すでに沼袋を代表する人気店になっています。

 カウンター席だけの店内ながら、そのカウンターが何箇所か折れながら店の奥に向かって進んでいるので、角の部分が多く、ちょっとしたテーブル的にも使えるのが大きな特徴です。

 入口を入ってすぐの、店主・たっつんさんの近くに座り、まずは三冷白ホッピー(380円)と、レバテキ(350円)をニンニクで注文すると、持って来てくれたのは、たっつんさんの奥さん、まるたんさんです。

「なんで? 日曜日は手伝ってるの?」

「ううん。人が足りなかったので、急きょ」と、まるたんさん。店はたっつんさんと、まるたんさん、そして手伝いの男性の3人で切り盛り中です。

 ここ「たつや」には、いつも食べることのできる定番メニューと、日替りの手書きメニューがあり、先ほど注文したレバテキは、今日の日替りメニューの中の一品。レバ刺に代わるものとして誕生したメニューのようで、かたまりのままの豚レバーの表面を炙ってスライスしたものです。

 「たつや」もそうですが、名店と呼ばれているもつ焼き屋は、仕入れも仕込みもしっかりとしているので、本当は生(刺身)で食べても問題ないんだろうと思います。このままレバ刺が食べられなくなってしまうのは、実に残念ですね。あぁ~、チュルンととろけるレバ刺が食べたい!

 今日の日替りメニューは、次のとおりです。

〔冷製〕レバテキ、コブクロ刺、ガツ刺の3品は、薬味にニンニク、ショウガ、柚子胡椒が選べて各350、はらみたたきポン酢250、しろポン酢120。

〔ドリンク〕たつやのハイボール、ヨーグルト割り、オールフリー割り、レモン牛乳割り、ハイッピーレモン、コーラ割り、クエン酸サワー 各380、追加のもろみ酢100。

〔焼きもの〕甲州地鶏ねぎま120、甲州地鶏せせり120、甲州地鶏手羽先200、ウィンナー炒め200、スパムチーズ200、青ねぎ串120、オクラ串120、てっぽうおろし120、たんした100、たんもと120、のどぶえ120、身欠きニシン350。

〔逸品〕自家製塩辛(5日目)250、青のり200、のりチーズ250、豚足350、わさび菜おひたし200、ゴーヤおひたし200、ヤーコン200、金魚屋印ごぼう漬け150、金魚屋印ピクルス150。

 う~む。“たんした”と“たんもと”って、どう違うんだろうなぁ。東京では、このところよく“クエン酸サワー”を見かけるなぁ。“身欠きニシン”や“自家製塩辛”といった魚介類のメニューもあるのが「たつや」の大きな特徴として定着しましたね。

 焼き物は、カシラ、テッポウ、チレを味噌で1本ずつ(各100円)いただいて、飲み物は「菊正宗」(300円)の燗酒をもらいます。みそ味だけに、日本酒にも合うんですよ!

 続いて、店主・たっつんさんがほれ込んだという日本酒、新潟の「玉風味」(300円)の燗酒に切り換えて、つまみには“もつミック酢”(200円)と“おしんこ”(200円)をいただきます。

 “もつミック酢”は、ガツなどのもつの酢漬け。“おしんこ”は自家製だそうで、カブ、白菜、キュウリ、ニンジンなどが、たっぷりと盛られています。

 この“おしんこ”がことのほか美味しくて、「玉風味」の燗酒もおかわりです。

 ゆっくりと2時間ほどの滞在。お勘定は1,830円でした。

111211a 111211b 111211c
レバテキ / テッポウ、カシラ、チレ / おしんこ、もつミック酢


 「たつや」を出たところで午後7時半。このまま帰ると、あまりにも早すぎる(?)ので、帰り道に「竹よし」へ。

 今日、日曜日の手伝いはリエさんで、カウンター席には荒木マタエモンさん、ふぢもとさん、直ちゃん、オージロウさんといった常連さんたちがずらりと勢ぞろい。

 カワハギの頭(かぶと)煮(800円)をもらって、「菊正宗」(350円)の燗酒を3つ。3時間近く楽しんで、「竹よし」のお勘定は1,850円でした。

 「たつや」で飲んだ分と合わせると、ホッピー1杯に、日本酒(燗酒)を6合。う~む、ちょっと飲み過ぎましたか。

111211d 111211e 111211f
「竹よし」 / カワハギ頭煮 / 天ぷら盛り合せ

・「たつや」の店情報前回

《平成23(2011)年12月11日(日)の記録》

|

« 特選船盛り囲んで宴会 … 伊勢料理「志摩(しま)」(横浜) | トップページ | tamさんと呉で飲む … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »

コメント

美味しそうです。その料理に、「クエン酸サワー」合いますよね。どんなに脂っこい料理を食べても『次行こ〜!何食べる?』となるわけです。

投稿: おおぽん | 2012.01.27 05:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/53825762

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日も賑わう人気店 … やきとん「たつや」(沼袋):

» お疲れさんにクエン酸 … やきとん「たつや」(沼袋)ほか [居酒屋礼賛]
 3ヶ月ぶりの沼袋「たつや」で、まず注文したのはクエン酸サワー(380円)とレバテキ(350円)です。  前回の記事で、『東京では、このところよく“クエン酸サワー”を見かけるなぁ』と書いたところ、「たつや」店主のたっつんさんから、「たつや」のクエン酸サワーは、コダマ飲料の「お疲れさんにクエン酸」を使っていることや、もっと疲れている人には、追加で“もろみ酢”(100円)も出していることなどを教えても... [続きを読む]

受信: 2012.03.24 18:36

« 特選船盛り囲んで宴会 … 伊勢料理「志摩(しま)」(横浜) | トップページ | tamさんと呉で飲む … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »