« 余市×宮城峡=竹鶴! … バー「岩崎(いわさき)」(呉) | トップページ | 日曜日はすべて早めに … お食事処「寿(ことぶき)」(呉) »

日曜は早めにスタート … 居酒屋「三とり本通店(さんとりほんどおりてん)」(呉)

セットの焼き鳥


 日曜日の今日は、早めの夕方に呑みかた開始。夜遅くまで飲むと、明日からの仕事がしんどいので、すべて、早め早めに行動です。

 呉で早くから呑もうと思うと、なんといっても「森田食堂」や「くわだ食堂」といった大衆食堂が一番なのですが、残念ながら日曜日は開いていません。大衆食堂系では、かろうじてお食事処「寿(ことぶき)」が、日曜日でも朝の10時から開いています。

 そば処「平原(ひらはら)」も、正月三が日以外は無休で、昼前11時から営業開始。ただし、ここの飲み物はビールと日本酒だけです。

 昼になると、焼き鳥屋なんだけど生簀(いけす)もあるという“とり屋”の営業も始まります。「第三とり八」は11時に、「第一三とり」は11時半に、そして「とり八茶屋」は土日のみ12時から、そして「三とり本通店」は13時ごろから営業開始です。「とり八茶屋」以外は、平日でもこの時間から開いています。

 そんな中、今日は午後3時半に「三とり本通店」でスタート。なぜここを選んだかというと、この店には呑兵衛の強い味方、『ちょっと一杯セット』があるからです。

 『ちょっと一杯セット』は、瓶ビール2本 or 生ビール2杯 or 酒3杯 or 焼酎(湯割り、水割り)3杯 or チューハイ2杯のいずれかに、焼き鳥4本と小鉢2品が付いて1,500円という、実態として“ちょっと一杯”なんて言ってる場合ではないほど充実したサービスセット。ほとんどの場合は、“これでもう十分”となってしまうセットなのです。

 今日も店に入って、女将の前のカウンター席に座るなり「セットを燗酒でお願いします」と注文。

 すぐにチロリにきっちり1合入った燗酒(千福の普通酒)とグラスが出され、追いかけるように今日の小鉢2皿と、焼き鳥についてくるキャベツの皿が出されます。

 今日の小鉢は、カブと柿の酢の物とオムレツ。毎日の小鉢は、女将さんが、家庭の主婦が作るのと同じように、その日の仕入れや、昨日の残りものなどを利用して作るので、毎日、違うものが出てくるのです。

「週に何日も来てくれる人がいるから、違うものを出さなきゃね」と女将さん。

 この店は、夕方からは手伝いの学生が入るものの、それまでの間は女将さんがひとりで切り盛りしています。

 この店では、日本酒(千福1合)は単品で注文すると420円。焼き鳥は1人前2本で210円なので、日本酒3合と焼き鳥4本だけで、もう1,680円になる計算。それにさらに小鉢が二つ付いて1,500円なんだから、やっぱり安いですよねぇ。

 「お待たせ」と出された焼き鳥は、串カツ、ずり、串焼き、きもの4本。この4本の種類も、日によって替わるんだそうです。ちなみに串カツは、串焼きにする焼き鳥に衣をつけてカツにしたもので、串に刺さったチキンカツなのが面白いところ。呉の“とり屋”の串カツは、みんなそうなのです。

 さらにこの店の焼き鳥の特徴として、肉の間に刺さっているのがネギではなくて玉ネギだということ。博多の焼き鳥は、たいてい玉ネギが刺さっているのですが、呉では珍しいですよね。

「お客さんに教えてもらって、玉ネギを使うようになったんよ。ネギは嫌いな人は残すけど、玉ネギにしたら残す人がおらんようになったね」とのこと。

 チロリで3合のお酒は、グラスに8分目くらいに注いで6杯分になります。

「料理のほうが足りんようになる人が多いんよ」と女将さんが言うとおり、ゆっくりとしたペースで飲んでいたら料理がなくなってしまい、ホワイトボードメニューに書きだされている今日のメニューから、里芋とツクネの煮物(320円)を追加。これできっちりと3合の燗酒を飲み干して、1時間ちょっとの滞在。お勘定は1,820円でした。どうもごちそうさま。

111120a 111120b 111120c
「三とり本通店」 / セットの焼き鳥4本 / 里芋とツクネの煮物を追加

店情報前回

《平成23(2011)年11月20日(日)の記録》

|

« 余市×宮城峡=竹鶴! … バー「岩崎(いわさき)」(呉) | トップページ | 日曜日はすべて早めに … お食事処「寿(ことぶき)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/53706281

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜は早めにスタート … 居酒屋「三とり本通店(さんとりほんどおりてん)」(呉):

» おとなの?オムライス … 居酒屋「三とり本通店(さんとりほんどおりてん)」(呉) [居酒屋礼賛]
 広島地方、本日(2月2日)の最低気温は氷点下1℃、最高気温は3℃!  こう寒いと単身赴任社宅のエアコンのないキッチンで料理を作る気力はまったくなくなってしまい、会社帰りに夕食を食べに「三とり本通店」へと向かいます。  店名からもおわかりのとおり、この店もまた、焼き鳥と活魚の両方を楽しめる呉の“とり屋”の1軒なのですが、親子丼630、かつ丼800、天丼800、焼き飯530などのご飯ものも充実してい... [続きを読む]

受信: 2012.03.03 11:12

« 余市×宮城峡=竹鶴! … バー「岩崎(いわさき)」(呉) | トップページ | 日曜日はすべて早めに … お食事処「寿(ことぶき)」(呉) »