« 〔コラム〕 今年のテーマは「居酒屋を研究する」 | トップページ | 店情報: バー「岩崎(いわさき)」(呉) »

〆サバで呑んで鯛めし … お食事処「一つ家(ひとつや)」(呉)

シメサバで燗酒


 昨夜(金曜日)は、仕事関係の飲み会と、「魚菜や」の“トークの日”が重なって、まずは仕事関係の一次会で、老舗焼肉店「加瀬多」へ。

 がっつりと焼肉を食べて、みんなで二次会に向かう途中で、ひとりでちょいと抜け出して「魚菜や」の“トークの日”に参加。小さいカワハギの煮つけが、ひとりに1尾ずつついて、呉の地酒が進みます。

 「魚菜や」で飲み終えて、みんなが二次会をやっているラウンジ「レジェンド」に向かうと、予想どおりまだまだ盛り上がっいて、合流成功。

 二次会を終えて、最後に残った3人でバー「アンカー」に入ったのは午前1時半。生のザクロで作るジャックローズを作ってもらって、カマンベールフランベもいただきます。結局、飲み終えたのは午前3時ごろ。いやぁ、よく飲みました。

 そんなわけで、今日(土曜日)は昼ごろ起き出して、朝食兼昼食は、喫茶「ぼんぼん」でちゃんぽん(650円)。この店は朝5時から開いているのですが、閉まるのも午後2時と早いのです。ふだんはどういうお客さんが来るんでしょうね。

 それから夜までは単身赴任社宅で過ごし、午後8時ごろ、夕食に向かったのはお食事とステーキの店、「一つ家」です。

 呉の多くの小料理屋は、メニューに値段表記がありません。「魚菜や」もそうだし、ここ「一つ家」もそうです。

 煮物などの料理は、カウンター上段の大皿に並んでいて、それを見て選びます。刺身やステーキ、玉子焼きなどは、黒板に書き出されていて、注文を受けてから調理してくれます。

 まずはアサヒの中瓶ビールをもらって、つまみにはハス(レンコン)、ゴボウ、厚揚げなどの煮物をもらうと、「今日はヒジキもおいしいよ」と女将さん。それももらいます。

 ビールがなくなったところで、燗酒(千福・上撰)を大徳利で注文し、つまみにはシメサバを切ってもらいます。プリッと大きなシメサバがいいですねぇ。

 最後は鯛めしと味噌汁をもらって食事にしますが、この鯛めしが、それだけで燗酒が飲めるほどいいつまみになります。

 ゆっくりと2時間弱の滞在。お勘定は3,800円でした。どうもごちそうさま。

111118a 111118b 111118c
「魚菜や」カワハギ煮つけ / 「アンカー」カマンベールフランベ / スティンガー

111119a 111119b 111119c
「ぼんぼん」ちゃんぽん / 「一つ家」煮物でビール / シメサバ

111119d 111119e 111119f
鯛めし / 漬物 / 味噌汁

・「一つ家」の店情報前回

《平成23(2011)年11月19日(土)の記録》

|

« 〔コラム〕 今年のテーマは「居酒屋を研究する」 | トップページ | 店情報: バー「岩崎(いわさき)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/53693851

この記事へのトラックバック一覧です: 〆サバで呑んで鯛めし … お食事処「一つ家(ひとつや)」(呉):

» 赤ナマコの酢物で燗酒 … お食事処「一つ家(ひとつや)」(呉) [居酒屋礼賛]
 晩酌付きの夕食を食べようと向かったのは「一つ家」です。日曜、午後7時半の「一つ家」は、カウンターに5人(男性ひとり、男女カップル、2~3席空いて男性二人)、右手小上がり1卓に3人(男性2+女性1)と大にぎわい。  女将さんが「どうぞ」と声をかけてくれて、カウンターの空き席に座ります。ちょうど小上がり用の牛ヒレステーキを仕上げているところだったので、出されたお絞りで手を拭きながらゆっくりと待ち、女... [続きを読む]

受信: 2012.03.08 21:50

« 〔コラム〕 今年のテーマは「居酒屋を研究する」 | トップページ | 店情報: バー「岩崎(いわさき)」(呉) »