« とり屋創業の真相は?! … 活魚・やき鳥「本家鳥好(ほんけとりよし)」(呉) | トップページ | 呉のとり屋の定番料理 … 活魚・やき鳥「本家鳥好(ほんけとりよし)」(呉) »

デベラを肴に飲んだ後 … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉)

デベラ


 新年のごあいさつに、独身寮時代の寮長のご自宅へうかがったところ、いろいろな料理の後、日本酒のつまみにデベラとカエリを出してくれました。

 デベラは瀬戸内の、特に広島の名産物で、出平鰈(でべらかれい)を略した呼び方。カリンカリンに干したものを、金槌(かなづち)や木槌(きづち)、ない場合は包丁の柄などでガンガン叩いて、ちょっと炙り、好みで醤油をつけたりしながらいただきます。

 カエリは前にも書いたとおり、小さなイリコのこと。カタクチイワシはその成長に従って、チリメン→カエリ→イリコと呼ばれるようになっていきます。

 チリメンのときは、どっちかというと薬味というか、そういう食べ方をすることが多いですよね。冷奴にかけたり、おにぎりにしたり、チャーハンの具にしたり。味わいが強いので、おいしいんですよね。

 イリコまでの大きさになると、これはダシとして使われることが多くなる。

 カエリというのは、ちょうどそのまま食べておいしい、いい酒の肴になる大きさなんですよね。これもちょっと炒って食べるとよりおいしい。

 イリコよりも大きくなると、脂がのりすぎていて、昔は捨てるしかなかったらしいのです。それではもったいないので、なんとかこれをおいしく食べようと工夫した結果、生まれたのが、小イワシの刺身、小イワシの天ぷらといった、小イワシ料理なんだそうです。小イワシのおいしさを知っちゃった今となっては、昔、捨ててたってことのほうが「えっ!?」て感じですよね。

 最後はお茶漬けをいただいたのですが、それと一緒に出してくれた漬物がすばらしくうまい。聞けば、自分で育てた野菜を、自分で漬けたんだそうです。う~ん。〆のお茶漬けなのですが、この漬物でお酒が飲みたいっ!

 ちらりと新年のごあいさつをさせていただくつもりが、すっかり長居してしまい、帰途についたのは午後10時過ぎ。このまままっすぐ帰ればいいものを、やっぱり途中で引っかかっちゃいますねぇ。単身赴任社宅近くの「BAR ANCHOR(アンカー)」です。

 ずっと日本酒をいただいていたので、ここではガッツリとTHE MACALLAN(ザ・マッカラン)18年をストレートでもらい、さらにはGORDONジンで作るマティーニをクイッといただいて、今日1日を締めくくったのでした。

 やぁ、今日もよく飲んだ1日でした。

120107a 120107b 120107c
炙ってほぐしたデベラ / カエリ / 自家製漬物でお茶漬け

120107d 120107e 120107f
「アンカー」ザ・マッカラン18年 / 本日のチャーム(お通し) / マティーニ

店情報前回

《平成24(2012)年1月7日(土)の記録》

|

« とり屋創業の真相は?! … 活魚・やき鳥「本家鳥好(ほんけとりよし)」(呉) | トップページ | 呉のとり屋の定番料理 … 活魚・やき鳥「本家鳥好(ほんけとりよし)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/54035981

この記事へのトラックバック一覧です: デベラを肴に飲んだ後 … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉):

» 呉おすすめ酒場めぐり … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
 東京からの来客と「本家鳥好」へ。あらかじめ「3人で」と予約しておいたところ、生け簀の後ろ側の落ち着く席をとっておいてくれました。  まずは生ビール(600円)で乾杯し、料理は、みそだき(300円)3人前、かき造り(800円)1人前、かき天ぷら(800円)1人前、かき串焼き(400円)3人前を注文します。せっかくの呉なので、ぜひ呉のカキを堪能してもらおうと思っているのです。  まず出てきたのは、み... [続きを読む]

受信: 2012.03.17 09:18

« とり屋創業の真相は?! … 活魚・やき鳥「本家鳥好(ほんけとりよし)」(呉) | トップページ | 呉のとり屋の定番料理 … 活魚・やき鳥「本家鳥好(ほんけとりよし)」(呉) »