« 釣りメバルを活造りで … 活魚・やき鳥「本家鳥好(ほんけとりよし)」(呉) | トップページ | 三杯屋の奇跡、舞台に … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) »

蒸して焼くのが骨付焼 … 活魚・やき鳥「本家鳥好(ほんけとりよし)」(呉)

骨付焼を焼く店主


前編からの続き)

 骨付焼(ほねつきやき)も、呉の“とり屋”の名物料理のひとつ。親鶏(おやどり)のもも肉を、骨付きのまま焼いたもので、たれ焼きと塩焼きが選べて、それぞれ1本600円。メニューには「たれ焼は柔らかく、旨みをぎゅっとひきだし、塩焼は親鶏ならではの味わいと歯ごたえを楽しめます」と書かれています。

 「たれ焼きと塩焼きは、違うものなんですか?」と確認してみると、たれ焼きが蒸して柔らかくしたもも肉にタレをつけて焼き上げるのに対して、塩焼きは生のもも肉をそのまま焼いていくんだそうです。なるほど。

 たれ焼きは、歯が立ちにくいほど硬い親鶏のもも肉を、なんとか食べやすくするための工夫が入ってるんですね。この焼き方もまた「本家鳥好」で独自に考案したものなんだそうです。今日はそのたれ焼きのほうをいただいてみることにしました。

 たれ焼きの骨付焼は、すでに蒸し終わっていて火が通った状態なので、焼き台での調理はあっという間。ほとんど待つこともなく骨付焼が出てきました。

 おぉ。確かにこれは食べやすい。とても柔らかくて、骨からの身ばなれもいい。それでいて親鶏ならではのうまみも、肉の中にきっちりと閉じ込められています。タレがからまった表面の皮の部分もいいですねぇ!

 次回は、しっかりと硬い、塩焼きのほうもぜひ試してみたいと思います。

 ささみ天ぷら(400円)も、呉の“とり屋”では当たり前のメニューだけど、他の土地では見かけない料理のひとつ。中通4丁目の「利根」が元祖と言われています。その「利根」では、ささみを丸ごと天ぷらにして、三杯酢をかけて出されますが、ここ「本家鳥好」では一口大に切ったささみを天ぷらにし、天つゆでいただきます。

 そして最後の締めに注文したのは“やきめし”(500円)。

 “やきめし”もまた、なぜか呉ではよく見かける料理です。呉のどこの“とり屋”に行ってもメニューに載ってるし、普通の食堂や喫茶店にもあるし、昔住んでた独身寮のスナックのメニューにもありました。炒飯(チャーハン)じゃなくて、あくまでも“やきめし”であるところがポイントなんですよね。もしかすると隠れた呉の名物なんじゃないかとも思えるほど。でも、呉だけじゃなく、広島や大阪など、もっと広くの鉄板文化圏(?)に共通する料理なのかもしれませんね。

 鶏の油でジャージャーと炒めてできあがる、「本家鳥好」の“やきめし”は、具も玉ネギとネギだけと、ものすごくシンプル。ギトッとするほど油が多いように見えるんだけど、実際に食べてみると、そうでもないというのもおもしろい。これが鶏油の特徴なのでしょうか。玉ネギの自然な甘みもいいなぁ。

 この“やきめし”にウスターソースをたっぷりとかけて食べるのも、昔からの呉っ子の流儀なんだそうですよ!

 「本家鳥好」の〆のメニューは、この“やきめし”の他に、オムライス(800円)、おじや(500円)、そして白飯の小(150円)と大(200円)と少数精鋭。オムライスやおじやも人気が高いそうです。

 同じ“とり屋”でも、たとえば「三とり本通店」には、親子丼(630円)、かつ丼(800円)、天丼(800円)や、おむすび(2個300円)、お茶づけ(420円)まであるし、「鳥八茶屋」ではなんと、にぎり鮨(1,240円)も出してくれます。

 閉店時刻(午後10時)まで、じっくりと3時間半も腰を据えて、大瓶ビール(600円)1本と燗酒(450円)4本でのお勘定は4,800円でした。

 うぅ~、よく食べた、よく飲んだ。どうもごちそうさま!

120126d 120126e 120126f
骨付焼(たれ焼き) / ささみ天ぷら / やきめし

店情報前回

《平成24(2012)年1月26日(木)の記録》

|

« 釣りメバルを活造りで … 活魚・やき鳥「本家鳥好(ほんけとりよし)」(呉) | トップページ | 三杯屋の奇跡、舞台に … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/54076881

この記事へのトラックバック一覧です: 蒸して焼くのが骨付焼 … 活魚・やき鳥「本家鳥好(ほんけとりよし)」(呉):

» 呉おすすめ酒場めぐり … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
 東京からの来客と「本家鳥好」へ。あらかじめ「3人で」と予約しておいたところ、生け簀の後ろ側の落ち着く席をとっておいてくれました。  まずは生ビール(600円)で乾杯し、料理は、みそだき(300円)3人前、かき造り(800円)1人前、かき天ぷら(800円)1人前、かき串焼き(400円)3人前を注文します。せっかくの呉なので、ぜひ呉のカキを堪能してもらおうと思っているのです。  まず出てきたのは、み... [続きを読む]

受信: 2012.03.17 09:18

« 釣りメバルを活造りで … 活魚・やき鳥「本家鳥好(ほんけとりよし)」(呉) | トップページ | 三杯屋の奇跡、舞台に … 「武蔵屋(むさしや)」(桜木町) »