« おまかせ三品で小宴会 … 料理屋「灘(なだ)」(呉) | トップページ | 〔お知らせ〕 「古典酒場 Vol.11 ~絆KIZUNA酒場~」出版 »

呉おすすめ酒場めぐり … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉)ほか

BAR ANCHOR


 東京からの来客と「本家鳥好」へ。あらかじめ「3人で」と予約しておいたところ、生け簀の後ろ側の落ち着く席をとっておいてくれました。

 まずは生ビール(600円)で乾杯し、料理は、みそだき(300円)3人前、かき造り(800円)1人前、かき天ぷら(800円)1人前、かき串焼き(400円)3人前を注文します。せっかくの呉なので、ぜひ呉のカキを堪能してもらおうと思っているのです。

 まず出てきたのは、みそだき。これはカキではなくて、鶏の皮の味噌煮です。「お客さんが注文していないものは出さない」というのが、この店の方針。だからお通しはありません。注文するとすぐに出てくるみそだきは、お通しの代わりに、最初の一品として注文する人が多いのです。この店の甘くないみそだきは、万人に好かれる味わいじゃないかと思います。実に呑兵衛好みのする味付けなのです。

 かき串焼きが出てきたタイミングで、熱燗(水龍、450円)ももらって、かき酒にします。

 残念ながら、今日の活魚は大きくなくてお造り(刺身)にはならないとのことで、お造りは断念。じゃこ唐揚げ(500円)や、かき鍋(800円)を追加注文し、焼き鳥も食べようと、呉ならではの串カツ(300円)や、ささみ天ぷら(400円)、もみじ焼き(600円)の塩焼きをもらいます。

 串カツがなぜ呉ならではかというと、この串カツ、豚肉のカツではなくて、焼き鳥にする鶏ネギマに衣をつけてカツにしたものなのです。呉で串カツというと、ほぼこのスタイル。串天は、同じく鶏ネギマを天ぷらにしたものです。

 もみじ焼きは、鶏の胸肉(手羽肉)を焼いたもの。骨付焼(600円)が鶏もも肉を焼いたもので、昔はそれぞれ手羽焼き、もも焼きと呼んでいたそうなのですが、焼き鳥のほうにも“手羽先”というメニューができて、ややこしくなってきた。そこで、それぞれを、もみじ焼き、骨付き焼きと呼ぶように変えたんだそうです。

 なぜ“もみじ”かというと、硬い親鶏の胸肉に、食べやすくするために包丁で切り目を入れて焼きあげた姿が、手の平のように見えるからです。

 東京から来たSさんは焼酎が好きということで、「魔王」で知られる白玉醸造の普通酒、「白玉の露」(500円)を湯割りで注文しました。この店では「魔王」だって800円で飲めるのです。

 呉の“とり屋”を十分に楽しんだ後、2軒目はスタンド「シロクマ」。入ったのが午後8時過ぎと早かったので、他にお客さんはいなくて、カウンターの中にいるのもユカリさんだけ。飲んでいるうちにマスターやママさんたち、そして他のお客さんたちもやってきて、にぎやかになりました。

 3軒目は屋台。年明けから、いきつけの屋台「一二三」が出ていなくて心配していたところへ、先週はそのとなりの「八起」まで閉まっていて、どうしたものかと思っていたのですが、今日はその「八起」が開いています。

 さっそくその「八起」に入り、焼酎(400円)を水割りや湯割りでもらって、おでんを食べながら、状況を確認してみると、なんと「八起」の店主はインフルエンザにかかって、先週いっぱいずっと休んでたんだそうです。

「後半はもう治ってたんですけど、みんなにうつしたらいけないと思って休んだんです」

 ついでに「一二三」のことも聞いてみたところ、女将さんが体調を崩して入院治療をしているので、ずっとお休みされているとのことでした。(筆者注: その後、女将さんは無事に回復され、もうちょっと暖かくなったら「一二三」も再開されるそうです。)

ワンタンメン 同行のSさんとOさんは半ラーメン(500円←普通ラーメンと同額)を、私はワンタンメン(700円)をもらって〆ます。私は、ここのワンタンが大好きなのです。このワンタン、注文を受けてから具を皮に包んで茹でてくれます。

 「最後にもう1軒」と向かった4軒目はバー「アンカー」。伊予柑のカクテルなど、好みの飲み物をいただきて、呉の長い一夜を終えたのでした。

・「本家鳥好」(前回)/「「シロクマ」(前回)/「八起」(前回)/「アンカー」(前回

《平成24(2012)年2月24日(金)の記録》

|

« おまかせ三品で小宴会 … 料理屋「灘(なだ)」(呉) | トップページ | 〔お知らせ〕 「古典酒場 Vol.11 ~絆KIZUNA酒場~」出版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/54240404

この記事へのトラックバック一覧です: 呉おすすめ酒場めぐり … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉)ほか:

» 生ワカメの季節が到来 … 屋台「八起(やおき)」(呉) [居酒屋礼賛]
 春を告げる生ワカメの季節。さっとゆで冷ました、緑も鮮やかな生ワカメを、刺身のように醤油をちょいとつけていただきます。ポン酢醤油でさっぱりといただくのも美味しいんですよね。  今日は仕事関係の飲み会で1次会、2次会と飲んだ後、屋台の「八起」にやってきました。  ここは、おでん(1個100円~150円、タコのみ300円から)とラーメン(500円)、ワンタンメン(700円)が主体の屋台ですが、実は屋台... [続きを読む]

受信: 2012.03.23 21:00

» 一発できれいな泡立ち … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉) [居酒屋礼賛]
 料理屋「灘」からの帰り道、最後にもう1軒と立ち寄ったのは、中通郵便局の向かい側の路地の中、ビルの2階にある「BAR ANCHOR」(店の公式HP)です。  今日は1軒目、2軒目(=「灘」)と、主として燗酒を飲んできたので、ここでの1杯目はビールをいただきます。  「BAR ANCHOR」には生ビールは置いていません。  前からよく書いてきましたが、現在は(というか、ずいぶん前から)生ビールも、瓶... [続きを読む]

受信: 2012.04.08 09:01

» 呉で飲むならこんな店 … おでん「迷亭(めいてい)」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
 遅めの夏休みで、西武線沿線の呑み仲間である、ふぢもとさんと直ちゃんのお二人が、呉まで足をのばしてくれました。  今回も、まずは「オオムラ亜」の生ビールで乾杯です。このスイングコック式の生ビールサーバーは、東京でも見かけないタイプ。ぜひここで飲んでいってもらわねば。つまみは、花ソーセージと、のりチーズです。  2軒目は、独自のスタイルのジンギスカン焼きでおなじみの「關白」で、牛バラのジンギスカン焼... [続きを読む]

受信: 2012.11.06 21:12

» スープ豆腐で焼酎湯割 … 「本家鳥好(ほんけとりよし)」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
 呉の『とり屋』の発祥の店、「本家鳥好」で、スープ豆腐(400円)をつまみに、若店主がそろえた、自慢の焼酎をいただきます。  数ある焼酎の中から、1杯目は芋焼酎「かめしこみ八幡(はちまん)」の湯割りを選択。  博多で過ごした学生時代、日本酒などよりも安くてたくさん飲めるということが主な理由で、焼酎ばかり飲んでました。  当時の芋焼酎は、いかにも芋焼酎という匂いがあって、湯割りにすると特に強烈。その... [続きを読む]

受信: 2012.11.29 22:52

« おまかせ三品で小宴会 … 料理屋「灘(なだ)」(呉) | トップページ | 〔お知らせ〕 「古典酒場 Vol.11 ~絆KIZUNA酒場~」出版 »