« サザエ香りバター焼き … 料理屋「灘(なだ)」(呉) | トップページ | 普通にうまいのが魅力 … 大衆食堂「くわだ食堂(くわだしょくどう)」(呉) »

名残の天然ガキを食す … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)ほか

岩ガキ酢


「今年は寒いからか、まだ岩ガキがあるんよ」と女将・小栗さん。

「やった! 先週くらいで終わるって聞いてたから、今シーズン最後の岩ガキを食べそこなったかと思ってました。」

 ということで生ビールと、その岩ガキを酢の物で、そしてもう一品、刺身と天ぷらが選べる地ダコを天ぷらで注文すると、すぐに出される生ビールとともに、まずはお通しの「おからサラダ」です。

 この地方で岩ガキというのは、磯の岩場で採れる天然のカキのこと。日本海沿岸で採れる大粒の夏ガキとはまったく別ものです。

 この岩ガキ、エサが少ないからか養殖物と比べると、かなり小粒なのですが、肉も味わいも引き締まっていて、それはそれは美味しいのです。通常は12月ごろに出まわって、1月になるともうあまり採れなくなって、2月にはもう終了といった感じなのですが、今年は3月に入ってもまだ残ってたんですねぇ。

 その岩ガキは、注文を受けてから大根おろしで洗って、酢の物にしてくれます。おぉ、これはまた、3月なのに粒も大きいですねぇ。いかにも“海のミルク”といった感じの、軽くえぐみのある味わいは、天然ものならでは。この岩ガキに合わせて出してもらった「華鳩(はなはと)生もと」の燗酒にもよく合います。

 そして地ダコ天。この店の天ぷらは、カウンターの中、客の目の前で揚げて出してくれるので、できたての熱々を食べることができるのです。一緒に出された藻塩(もしお)をちょっとつけていただくと、地ダコの自然な甘みがすばらしい。これまた燗酒によく合うなあ。

 店内にいる客は、常連の老夫婦と、60代くらいの男性ひとり客、そして私の4人。ここ「魚菜や」では、素材を厳選した和風のお惣菜をリーズナブルに楽しむことができるので、長年にわたって通い続けるお客さんが多いのです。

 毎日、手書きされるお品書き。今日は刺身やお惣菜として、地ダコ刺、地ダコ天、カキ天、カキフライ、白子、おからサラダ、煮さば、うるめいわし、わけぎぬた、たかなの煮物、沖縄のもずく、ぎんなん、が。そして「おでん」として、アキレス、ロールキャベツ、はんぺん、ごぼう天、じゃが芋、玉子、大根、こんにゃく、こんぶ、厚あげ、がんもどき、がんす、ウインナー、しらたき、がそれぞれ書き出されています。

 おでんは、関東風の黒い甘辛いだしと、関西風の白いだしの両方があって、好みのだしで煮込まれたおでんを選ぶことができます。東京暮らしの経験もある女将なので、「アキレス(牛スジ)」や「がんす」などのこっちの材料に加えて、「はんぺん」なんかも入っているところが面白いですね。さすがに「ちくわぶ」や「(魚の)すじ」はありません。

 「華鳩」に続いては、「千福(せんぷく)特撰黒松」を燗でもらって、つまみには季節の「分葱(わけぎ)ぬた」を大皿から取り分けてもらいます。春近し、といった感じですね。

 2時間ほどくつろいで、今日のお勘定は3,800円でした。どうもごちそうさま。

おからサラダ 地ダコ天 わけぎぬた
おからサラダ(お通し) / 地ダコ天 / わけぎぬた


 「魚菜や」を出て、たいていの場合はここから二次会に向かうのですが、今日は週のはじめの月曜日。しかも年度末で飲み会の頻度もぐんと高くなっているので、今日のところはサクッと〆て帰りますか。

 そんなわけで向かったのは、そば処「平原(ひらはら)」です。

 “そば処”といいつつも、西日本エリアではやっぱり“うどん”が大人気。ここ「平原」でも、ほぼすべてのメニューで、“うどん”も“そば”も選べるようになっていて、しかも“うどん”も“そば”も自家製手打ち麺。さらに値段も安いときているので、午前11時から午後9時まで(正月三が日以外、無休)の営業時間中、いつも大勢のお客でにぎわっているのです。

肉うどん 今宵の〆に選んだ一品は「肉うどん」(400円)。うどんに別鍋で煮た牛肉、ネギ、そして玉ネギの具がトッピングされます。どぎつくない自然な甘みが美味いですねぇ! この自然な甘みは、玉ねぎから出ているんですね。この甘味なら、生卵を加えて食べてもおいしいかもしれません。

 そこへ、ふらりと入ってきたのは、単身赴任中の会社の同僚。「天ざるそばと生ビールのセット」(980円)を注文して、生ビールを飲み始めます。「晩酌付きの夕食が、千円以内で楽しめるので、ここにはよく来るんですよ」とのこと。

 この店には、彼が注文した「天ざるそばorうどんと、生ビールor千福のセット」(980円)の他に、「鍋焼きうどんと、生ビールor千福のセット」(900円)もあって、ちょいと一杯飲みながら、食事を済ませて帰るにもちょうどよくて、我われ単身赴任族のみならず、呉への出張族もよく利用しているお店なのでした。

・「魚菜や」の店情報前回)/「平原」の店情報前回

《平成24(2012)年3月12日(月)の記録》

|

« サザエ香りバター焼き … 料理屋「灘(なだ)」(呉) | トップページ | 普通にうまいのが魅力 … 大衆食堂「くわだ食堂(くわだしょくどう)」(呉) »

コメント

いつも美味しそうな写真が並んでいます。でもこれだけ美味しいものが、この値段で食べられるのは最高ですよね。仙台で食べたとしても、この値段では食べることができません。単身赴任族御用達というのも納得できますね。

投稿: おおぽん | 2012.03.27 10:00

呉をはじめとする瀬戸内海の漁港近くの町では、魚介類はすごく安く手に入るようです。
夏場のハモなども、京阪神方面と比べると、うんと安いと聞きました。
その魚介類に、日本酒が爆発的に合うので、2年前に呉に来て以来、日本酒を飲む機会がものすごく増えています。

投稿: 浜田信郎 | 2012.04.02 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/54316270

この記事へのトラックバック一覧です: 名残の天然ガキを食す … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)ほか:

» ぐるりと広でハシゴ酒 … やき鳥「第五鳥八(だいごとりはち)」(新広)ほか [居酒屋礼賛]
 土曜日の今日は、昼からの~んびり飲もうと、電車に乗って広(ひろ)にやってきました。  1軒目として目指したのは、手打ちうどん「峰(みね)」。まずは、うどんやおでんでちょいと1杯飲もうかという考えで、店に到着したのは午後1時。昼食客が引けてくる時間帯を狙ったつもりなのですが、さすがは人気の「峰」。この時刻だと、まだまだ店内はいっぱいでした。  こんな満席状態の中で、の~んびりとお酒を飲むのはちょっ... [続きを読む]

受信: 2012.04.01 11:57

» 今日で閉店なんだけど … 「有象無象(うぞうむぞう)」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
 「有象無象」が今日で閉店ということで、月刊「くれえばん」の木戸編集長と共に、閉店間際の「有象無象」にやってきました。  店内にはいつもの常連さんがちらりほらり。おおかたの常連さんは、もう帰られたそうです。  まだ「トロワ・リビエール」のラム酒が残っているということで、そのラムをミストスタイル(小さい氷たっぷりのロック)でいただきます。  今日で閉店の「有象無象」ながら、店主・アヤさんも、常連のみ... [続きを読む]

受信: 2012.04.11 20:19

« サザエ香りバター焼き … 料理屋「灘(なだ)」(呉) | トップページ | 普通にうまいのが魅力 … 大衆食堂「くわだ食堂(くわだしょくどう)」(呉) »