« 普通にうまいのが魅力 … 大衆食堂「くわだ食堂(くわだしょくどう)」(呉) | トップページ | 「あわもり」の後継店 … おでん「かわすじ」(新広) »

店情報: おでん「かわすじ」(新広)

    かわすじ
  • 店名: かわすじ
  • 電話: 0823-73-2597
  • 住所: 737-0125 広島県呉市広本町1-1-36
  • 営業: 16:30-21:00、日祝休(祝日営業の場合あり)
  • 場所: JR呉線広駅または新広駅から徒歩約10分。ちょうど両駅の中間あたりにある、広(ひろ)交差点の海側、1本呉よりの路地(たつみ横丁)の中にある。白地に黒で「かわすじ」と大書されたのれんが目印。
  • メモ: 昭和28(1953)年創業の老舗おでん屋「あわもり」の跡を継いで、平成23(2011)年4月に開店。平成26(2014)年6月に、たつみ横丁の中に移転した。つまみはおでんのみで、かわ、すじにく、アキレス、あぶら、きも、みみ、ウィンナー、鶏つくね、たまご、うずらたまご、あつあげ、こんにゃく、ひらてん、ぼうてん、たまねぎ、ねぎ、大根、レタス、じゃがいもが、すべて1串110円。特に、かわ(豚の皮)は、他ではあまりお目にかからない逸品。飲み物は泡盛220、生ビール330、瓶ビール(キリンラガー中瓶)440、酒330、ウーロン茶330、ラムネ160、炭酸水160。(2014年12月調べ)

  • 住所: 737-0125 広島県呉市広本町1-1-4
  • 営業: 16:00-21:00、日祝休
  • 場所: JR呉線広駅または新広駅から徒歩約10分。ちょうど両駅の中間あたりにある、広(ひろ)交差点の長浜(ながはま)側道路沿い。
  • メモ: 平成23(2011)年4月に、昭和28(1953)年創業の老舗おでん屋「あわもり」の跡を継いで開店。つまみはおでんのみで、すじ、かわ、あつあげ、こんにゃく、ひらてん、ぼうてん、きも、たまご、たまねぎ、ねぎま、ウインナー、いわしだんご、れんこん、鶏つくね、レタス、などが、すべて1串90円。特に、かわ(豚の皮)は、他ではあまりお目にかからない逸品。飲み物は泡盛160円、生ビール300円、キリンラガー大瓶500円、日本酒250円。(2012年3月調べ)

|

« 普通にうまいのが魅力 … 大衆食堂「くわだ食堂(くわだしょくどう)」(呉) | トップページ | 「あわもり」の後継店 … おでん「かわすじ」(新広) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/54317084

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: おでん「かわすじ」(新広):

» 「あわもり」の後継店 … おでん「かわすじ」(新広) [居酒屋礼賛]
 去年(2011年)の3月、独身寮時代からよく通っていた「あわもり」が閉店しました。  運よく、店を居抜きのまま、メニューもそのまま継承しましょうという後継者が現れて、閉店直後の4月から「かわすじ」という店名で再スタートを切ることができたのです。  私自身も再開後に、何度か「かわすじ」にも行ったのですが、「あわもり」をよく知っているからか、両者の違いの部分が気になって気になって仕方がなくて、その後... [続きを読む]

受信: 2012.03.29 22:21

» ぐるりと広でハシゴ酒 … やき鳥「第五鳥八(だいごとりはち)」(新広)ほか [居酒屋礼賛]
 土曜日の今日は、昼からの~んびり飲もうと、電車に乗って広(ひろ)にやってきました。  1軒目として目指したのは、手打ちうどん「峰(みね)」。まずは、うどんやおでんでちょいと1杯飲もうかという考えで、店に到着したのは午後1時。昼食客が引けてくる時間帯を狙ったつもりなのですが、さすがは人気の「峰」。この時刻だと、まだまだ店内はいっぱいでした。  こんな満席状態の中で、の~んびりとお酒を飲むのはちょっ... [続きを読む]

受信: 2012.04.01 11:40

» 甘さが旨さ!肉うどん … そば処「平原(ひらはら)」(呉)など [居酒屋礼賛]
 関東で食べるそばのツユは、まっ黒いのに甘い。いっぽう、西日本で食べるうどんは、澄んだスープなのにしょっぱい。  これは関東のツユが、かえし(濃口醤油+みりん+砂糖)+ダシで作られているのに対して、西日本のツユは、濃厚なダシを少量の薄口醤油で味付けした吸い物風だからということのようです。  人の舌は、甘みがあるほうがコク(栄養素)があるように感じるので、西日本のうどんには、甘く煮たお揚げ(油揚げ)... [続きを読む]

受信: 2012.06.29 08:32

» 加水して変化を楽しむ … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉)他 [居酒屋礼賛]
 バー「アンカー」では、いつも1種類のウイスキーを、ひとり1ショットのみ、500円のサービス価格で提供してくれています。  これは日替わりとか週替わりではなくて、そのウイスキーのボトルが空けば、次のウイスキーに移るという仕組みです。今は「レッドブレスト12年」。普段は1ショット900円のアイリッシュウイスキーです。  これをストレートで注文すると、香りがわかりやすいように、チューリップグラスにウイ... [続きを読む]

受信: 2012.08.15 07:07

» たつみ横丁の中に移転 … おでん「かわすじ」(新広@呉市) [居酒屋礼賛]
 私が人生で初めて経験した大衆酒場、それが広(ひろ)(呉市)のおでん屋、「あわもり」でした。  このすぐ近くに、新入社員として入社した会社の独身寮があり、先輩に連れられて行ったのが始まりでした。  つまみはおでんしかなくて、飲みものも、ほとんどの人が泡盛(あわもり)の梅割りを飲んでいる。  しかも、ほとんどの客がひとり客で、おでんを数本食べて、泡盛を2~3杯飲んだら、千円ぐらいのお勘定を払って、ス... [続きを読む]

受信: 2015.01.25 10:40

« 普通にうまいのが魅力 … 大衆食堂「くわだ食堂(くわだしょくどう)」(呉) | トップページ | 「あわもり」の後継店 … おでん「かわすじ」(新広) »