« 美味しい鯛に舌づつみ … 料理屋「灘(なだ)」(呉) | トップページ | 赤ナマコの酢物で燗酒 … お食事処「一つ家(ひとつや)」(呉) »

南欧料理を食べたあと … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)

「ニース食堂」の前菜


 東京からワインの好きなMさん、Yさんが呉にやってきて、仕事が終わってから「ニース食堂」で懇親会です。「ニース食堂」は、南欧(南フランス)の料理とワインが売りの店。私自身はこの店に来るのは初めてです。

 まずは生ビールをもらって乾杯すると、ワインと料理は、その辺の事情に詳しいMさんが注文してくれます。

 最初の肴は鯛のカルパッチョ。昨夜に続いての鯛でしたが、こうやってカルパッチョにしても、瀬戸内でとれた鯛はやっぱりうまいですねぇ。

 続いてはキノコの温野菜。Mさんが選んでくれたワイン(白1本、赤2本)を飲みながら、ステーキ、ピザ、そして最後にスパゲティ(ナポリタン)からデザートへと一気になだれ込みます。南欧料理のメニュー構成は、イタリアンに似てるんですね。

 Mさん、Yさんのお二人は、明日の早朝の飛行機に備えて、今日は広島泊まりなんだそうで、8時20分ごろに呉を出発する高速バス(クレアライン)で広島へと向かわれました。

 お二人を見送って、まだちょっと飲み足りないのでバーに行くか、小料理に行くか、屋台に行くか。迷いつつ屋台の前を通過し、結局、中通にもどって「魚菜や」へ。

 午後8時40分の「魚菜や」は先客なし。というか、この店は午後10時に閉店なので、あと1時間ちょっと。お客さんたちも、すでに引けた後なんですね。

 音戸の地酒「華鳩(はなはと)」を燗でお願いして、錫(すず)のチロリを燗づけ器に入れる前に、燗を待つ間のお酒として、冷たいままの華鳩をチロリからお猪口に1杯もらいます。

 すぐに出される今日のお通しはエノキの酢の物。このエノキをつまみに、1杯の冷酒を舐めるように飲みつつ、燗がつくのを待ちます。

 燗がついたところで、おでんのロールキャベツ(関西風ダシ)と、女将おすすめの牛スジ(関東風ダシ)をもらいます。

 女将さんから、この店の常連さんたちの近況を聞きながら、おでんと燗酒をちびりちびり。

 燗酒が空いたところで、次は仁方(にがた)の「宝剣(ほうけん)」を冷酒でもらって、つまみには、目の前の大皿に盛られているブロッコリーのサラダを取り分けてもらいます。

 宝剣を飲み終わったところで閉店時刻になり、お勘定は2千円でした。どうもごちそうさま。

120209a 120209b 120209c
「ニース食堂」ステーキ / チーズ盛り合わせ / エスカルゴ

120209d 120209e 120209f
ピザ / 牛肉の赤ワイン煮込み / スパゲティ

120209g 120209h 120209i
3種類のデザート

120209j 120209k 120209l
「魚菜や」エノキの酢の物 / 牛スジとロールキャベツ / ブロッコリーのサラダ

・「魚菜や」の店情報前回

《平成24(2012)年2月9日(木)の記録》

|

« 美味しい鯛に舌づつみ … 料理屋「灘(なだ)」(呉) | トップページ | 赤ナマコの酢物で燗酒 … お食事処「一つ家(ひとつや)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/54161847

この記事へのトラックバック一覧です: 南欧料理を食べたあと … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉):

» 名残の天然ガキを食す … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
「今年は寒いからか、まだ岩ガキがあるんよ」と女将・小栗さん。 「やった! 先週くらいで終わるって聞いてたから、今シーズン最後の岩ガキを食べそこなったかと思ってました。」  ということで生ビールと、その岩ガキを酢の物で、そしてもう一品、刺身と天ぷらが選べる地ダコを天ぷらで注文すると、すぐに出される生ビールとともに、まずはお通しの「おからサラダ」です。  この地方で岩ガキというのは、磯の岩場で採れる天... [続きを読む]

受信: 2012.03.27 09:00

« 美味しい鯛に舌づつみ … 料理屋「灘(なだ)」(呉) | トップページ | 赤ナマコの酢物で燗酒 … お食事処「一つ家(ひとつや)」(呉) »