« つぶ貝をポン酢醤油で … 瀬戸内料理「源蔵(げんぞう)バスセンター店」(広島・紙屋町) | トップページ | 呉おすすめ酒場めぐり … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉)ほか »

おまかせ三品で小宴会 … 料理屋「灘(なだ)」(呉)

白子醤油やき


 今日は仕事関係の飲み会。その幹事役・Mさんに「どこかおすすめのお店はありませんか?」と聞かれたのは先週のこと。

「最近、中通(なかどおり)の『灘』という店に行き始めたのですが、魚料理が美味しくて、しかもそれほど高くないのでいいんじゃないかと思います。」

 と回答したところ、その「灘」を予約してくれました。

 はじめて入った奥の間は、すべてテーブル席で、正面にちょっと個室風の4人卓。右手に4人卓と、2人卓がふたつあり、通常は4人分×2にして使っている様子。今日は6人で予約なので、2人卓のひとつを4人卓側にずらして、6人用の卓として使えるようになっています。

 4人卓も、2人卓も、それぞれゆったりとした造りで、6人用の卓に、大の男6人で座っても、まったくストレスはありません。そういえば、カウンター席もゆったりですよね。

 まずは生ビールをもらって乾杯すると、今日のお通しはほうれん草のゴマ和えです。

 予約時にMさんが確認してくれたところ、品書きには明記されていないけれど、「おまかせ三品(みしな)」という、店主おすすめの3品を出してくれる、1人前2,500円くらいのセットもあるんだそうで、今日のはその「おまかせ三品」でいくことになりました。

 なお、ここ「灘」では、料理の鮮度を保つために1品あたりの仕入れ量は、それほど多くないので、今回のように何人もで同じ料理を食べたい場合には、予約するときに申し出ておく必要があるそうです。

 お通しに続いて、1品めの料理として出されたのは、「盛り合わせ造り」。丸いお皿に、鰆(さわら)のたたき3切れと、真鯛の造り3切れ、そして地ダコの造りが2切れという3点盛りです。

 こういうお造りが出てくると、やっぱり日本酒ですよね。1杯めの生ビールを飲み干した後は、すぐに「剣菱」の燗酒に切り替えます。

 真鯛の造りがのっている大葉の下には、拍子木に切った山芋が2切れ。刺身ももちろんおいしいけれど、この山芋も、大葉で巻いて、ちょいと醤油をつけていただくと、うまいですねえ!

 2品めは「白子醤油やき」。1人前に鱈(たら)の白子が3個。白子が茶色く見えるほど醤油がついてるんだけど、その割に味のバランスはちょうどいい。醤油の風味の中から、ねっとりと濃厚な白子が出てくる感じ。白子と醤油は相性がいいんだなぁ。いくらでも食べられそうです。

 そしてまたこれが、燗酒との相性も抜群。う~ん、とうなりながら、あっという間に完食してしまいました。横に添えられているカブの甘酢漬け3切れがこれまたいいですねえ!

 そして、「おまかせ三品」の3品めは、これまた季節の「かきふらい」。とは言うものの、さすがに「灘」のカキフライは、普通のカキフライとは違いますねぇ。パン粉の衣じゃなくて、薄く切った食パンで生牡蠣をサンドイッチにして、それを揚げているのです。パンのもっちりとした食感と、ちょっと甘い味わいのの中に包み込まれてカキが出てくるのがおもしろいなあ。これもまた初めての食感です。横には揚げたグリーンアスパラも添えられています。これでおまかせ3品が終了。

 燗酒は、最初の1本を小徳利でもらっただけで、あとはみんなで燗酒に切り替えて、大徳利がどんどん、どんどん空いていきます。今日のメンバーは、みんなよく飲むからなあ。

 最後に「じゃこごはん」(みそ汁、香のもの付き)を追加でもらって〆。

 お勘定は6人で31,700円(ひとりあたり5,300円弱)でした。やあ、おいしかった。どうもごちそうさま。

120220a 120220b 120220c
ほうれん草胡麻和え / 盛り合わせ造り / じゃこごはん(みそ汁、香のもの付き)

店情報前回

《平成24(2012)年2月20日(月)の記録》

|

« つぶ貝をポン酢醤油で … 瀬戸内料理「源蔵(げんぞう)バスセンター店」(広島・紙屋町) | トップページ | 呉おすすめ酒場めぐり … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉)ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/54223884

この記事へのトラックバック一覧です: おまかせ三品で小宴会 … 料理屋「灘(なだ)」(呉):

» 真鯛の造り、4種4様 … 料理屋「灘(なだ)」(呉) [居酒屋礼賛]
 美味しい魚が食べたくなって、最近よく行っている「灘」に向かいます。土曜日、午後7時前の店内は、手前カウンター席(全6席)の奥側に3人(カップルと男性一人客)、奥のテーブル席にも客が入っている様子。土曜日なら静かなのかな、と思っていたのですが、そうでもなくてびっくりです。  カウンター席は、カップルが一番奥に、1個空けて男性一人客が座り、手前2席が空いている状態。これまでと同じく、カウンターの一番... [続きを読む]

受信: 2012.03.19 21:17

« つぶ貝をポン酢醤油で … 瀬戸内料理「源蔵(げんぞう)バスセンター店」(広島・紙屋町) | トップページ | 呉おすすめ酒場めぐり … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉)ほか »