« 旧友たちと松山で飲む … バー「露口(つゆぐち)」(松山・大街道) | トップページ | ぷっつんとろり鯛白子 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »

タコスには荒くれモン … 酒菜居酒屋「燻(KUN)」(呉)

メキシカンタコス


 月曜・火曜の二日連続休肝日のあとの水曜日。仕事を終えて、飲む気満々で向かったのは屋台の「燻」です。

 ここは1軒目として料理を楽しめる屋台。開店直後の7時ながら、女性ひとり客、男女4人組(男性1人、女性3人)、そして男性ひとり客と、すでに6人の先客がいて、私で7人目。開店早々、残席はあと2~3席という大盛況ぶりです。

 注文は生ビール(500円)とホルモン塩炒め(580円)。そのホルモン塩炒めは、まずフライパンで牛ホルモンを炒めて、その後、レタスとシメジを投入してサッと炒め、塩胡椒で味付け。レタスのシャキシャキ感と、ホルモンのムッチリ感とがいいバランスです。ホルモンは牛腸だけじゃなくて、他の部位も入っていて、食べやすく小さくカットされています。

 4人連れの男性客がハムステーキ・和風おろしソース(600円)を注文すると、「はいよっ」と、店主がクーラーボックスから取り出したハムステーキの分厚いこと! これもまたうまそうだ。この屋台にいると、ひとの注文するものが、全部おいしそうに見えて困ってしまう。

 生ビールに続いてはグラスワインの赤(400円)をもらって、つまみはいつものスモークチーズとナッツ(450円)です。厚めにスライスしたスモークチーズ3切れを、さらに2分割して出してくれるので、チーズは都合6個とボリュームたっぷり。ワインにもよく合います。

 最後にもう1杯、今度はグラスワインの白(400円)をもらって、メキシカンタコス(400円)を注文します。タコスは、トウモロコシの生地を薄くのばして鉄板で焼いたトルティーヤに具を盛り、好みでライムの汁をしぼってかけたり、サルサをかけて食べるもの。

 ここのメキシカンタコスは、ゆるやかに二つに折ったトルティーヤの中に、ピリ辛く炒めた肉みそ風のひき肉をまずたっぷりと入れ、その上に千切りにしたレタスを、これまたたっぷりと詰め込んだもの。

 これにタバスコや、呉(ますやみそ)で作られた調味料(ペッパーソース)である「くれモン」、もっと辛い「荒くれモン」をたっぷりとかけて食べるのがいいのです。

 個人的には「荒くれモン」をかけるのが好きだなあ。この「荒くれモン」は、呉市特産のレモンと、海人の藻塩(あまびとのもしお)を使い、生唐辛子の新鮮な辛味を生かした激辛の調味料だそうです。

 午後9時半まで、2時間半ほど楽しんで、お勘定は2,730円。どうもごちそうさま。

 帰り道、なにやら汁ものが食べたくなって、「うどんの天」で、かけうどん(450円)を食べて〆としたのでした。

120404a 120404b 120404c
ホルモン塩炒め / スモークチーズとナッツ / 「うどんの天」かけうどん

店情報前回

《平成24(2012)年4月4日(水)の記録》

|

« 旧友たちと松山で飲む … バー「露口(つゆぐち)」(松山・大街道) | トップページ | ぷっつんとろり鯛白子 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »

コメント

いつも楽しく拝見しております。

私も転勤族で、出身は北千住で今は大阪に住んでいます。

ぜひ、大阪に来てくださいhappy01

良いお店ありますよ〜

投稿: 小川 | 2012.04.21 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/54481924

この記事へのトラックバック一覧です: タコスには荒くれモン … 酒菜居酒屋「燻(KUN)」(呉):

« 旧友たちと松山で飲む … バー「露口(つゆぐち)」(松山・大街道) | トップページ | ぷっつんとろり鯛白子 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉) »