« 軽~く晩酌のつもりが … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) | トップページ | タコスには荒くれモン … 酒菜居酒屋「燻(KUN)」(呉) »

旧友たちと松山で飲む … バー「露口(つゆぐち)」(松山・大街道)

バー「露口」


 金曜日。呉での仕事を終えてから、午後6時に呉港を出発するフェリーで松山へと向かいます。

 8時前に松山観光港に到着すると、旧友RとYちゃん(女性)が待っていてくれました。Yちゃんと会うのは30年ぶりくらい。体形はもちろん、髪形すらちっとも変っていなくてびっくりです。

 我われ男性陣は太ったり、髪が白くなったり、薄くなったりと、久しぶりに会うと、けっこう変化してる人が多いのですが、女性陣は変わらない人が多いですねぇ! 日々の精進が違うんでしょうか。

 Yちゃんの時間はピタッと止まっていて、旧友Rと私の二人だけが30年分の年を取ったような、そんな感じ。それなのにYちゃんの二人のお子さんが27歳と25歳で、それぞれ社会人だと言うんだから、ますますびっくりですよねぇ。

 そんなわけで向かった1軒めは、旧友Rが最近よく行っているという二番町(=松山の飲み屋街)の焼き鳥屋、「炭心(すみしん)」です。仕事を終えた旧友Tも、この店で合流です。

 店の外には看板もないような、まるで隠れ家風の焼き鳥屋にもかかわらず、金曜日の店内はほぼ満席。人気店なんですね。「ここの焼き鳥がうまいんじゃ」と旧友Rがすすめてくれるとおり、本当に焼き鳥がうまい。

 カウンター8席ほど、テーブル席も8席(4席×2)ほどのお店を、店主夫婦が切り盛りしていて、焼き鳥を焼くのはご主人が、飲み物をはじめ、店内のやりくりは奥様が担当している様子。お客さんが多いので、焼いても焼いても間に合わないくらいの状況ですが、1本1本、じっくりと気合を込めて焼き上げてくれます。

 ひとしきり食べて飲んだところで「炭心」を出て、2軒目は松山を代表する老舗バー、「露口」です。「炭心」と「露口」とは、同じ通りの、数軒どなりという関係。前回、「露口」の後に行った、うどんの「石松」も、この両店の間にあります。

 金曜日ながら、午後11時という遅い時刻だからか、カウンターのみの「露口」も、奥のほうに4~5席分の空きがあり、我われ4人はそこに並んで座ります。(実は「炭心」を出る直前に、旧友Rが「露口」に電話してくれて、入れることを確認してから向かったのでした。)

 ここに来たら、なんといっても角ハイボール。そのハイボールを4杯もらって、改めて乾杯です。

 ここのハイボールは8オンス(240ml)のタンブラーに、50mlのウイスキーが入る、昔ながらの濃いタイプ。この濃さがおいしいのです。

 しかしながら、日ごろ家族で飲むのはビールがほとんどというYちゃんには、このハイボールはちょっときつかったようで、「もうちょっと薄いカクテルをお作りしましょうね」と、露口さんが作ってくれたのはキウイのグラスホッパー。

 本来のグラスホッパーはグリーン・ペパーミント・リキュールと、ホワイト・カカオ・リキュール、そして生クリームをシェークして作るショートカクテルですが、今回作ってくれたのは、キウイジュースがたっぷりと入った、アルコール分が弱めのロングカクテルです。

「お洋服の色と合わせてみました」と露口さん。な~るほど、そういうことだったんですね。淡いグリーンが春らしいですね。

 あっという間に「露口」の閉店時刻(午前0時)。お勘定は4人で6,700円でした。

 4人とも帰り道が同じ方向なので、1台のタクシーに乗り込んで、ひとりずつ順番に降りながら帰宅したのでした。

 今日はわざわざ集まってくれて、ありがとうね!

120330a 120330b 120330c
角ハイボール / 朝子ママ / キウイのグラスホッパー

・「露口」の店情報前回

《平成24(2012)年3月30日(金)の記録》

|

« 軽~く晩酌のつもりが … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) | トップページ | タコスには荒くれモン … 酒菜居酒屋「燻(KUN)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/54455158

この記事へのトラックバック一覧です: 旧友たちと松山で飲む … バー「露口(つゆぐち)」(松山・大街道):

» 54周年と成田一徹さん … バー「露口(つゆぐち)」(松山) [居酒屋礼賛]
『露口朝子さん手ずからの「サマークイーン」である。ジンをベースにホワイトキュラソー、フレッシュのグレープフルーツとレモン少々をシェイク、ミントチェリーを沈め、ペパーミントの葉を飾る。1981年のサントリー・トロピカルカクテル・コンテストのグランプリ受賞作。日本のまとわりつくような景気を一気に鎮める力強さがある。なおかつその爽やかさは穏やかに体にしみる。名作である。「バー露口」の看板メニューのひとつ... [続きを読む]

受信: 2012.10.29 22:14

» 濃いハイボールがいい … バー「露口(つゆぐち)」(松山)ほか [居酒屋礼賛]
 8オンス(240ml)のタンブラーに、サントリー角瓶を50mlと氷を2個。ソーダ(炭酸水)を満たし、やわらかく上下にステアすると、ウイスキーの琥珀色がはっきりと出た、濃い味わいをもつ、「露口」ならではの角ハイボールができあがります。  このところ、いろんなお店で出される角ハイボールは、10オンス(300ml)のタンブラーで、ウイスキーは30ml。  タンブラーの容量とウイスキーの量の割合は、「露... [続きを読む]

受信: 2014.12.13 15:11

« 軽~く晩酌のつもりが … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) | トップページ | タコスには荒くれモン … 酒菜居酒屋「燻(KUN)」(呉) »