« 〔コラム〕 「宇和島の鯛めしは生卵入りだった」(太田和彦・著) | トップページ | 野球のあとにカクテル … 「BAR ANCHOR(アンカー)」(呉) »

オオムラの未来に乾杯 … 「関白(かんぱく)」(呉)

牛バラのジンギスカン焼き


 小さなビアホール「オオムラ」の改装工事が始まったということで、「くれえばん」の木戸編集長と一緒に、その様子を見させていただきました。

「なるべく以前の『オオムラ』の雰囲気を残したまま再開したい。特に生ビールサーバーは、絶対にこのまま使いたい」

 という、「オオムラ」の新店主・アヤさんの希望に沿って工事はスタートしていました。

 内装工事を担当されているMさん(この方も「有象無象」の常連さん)によると、全部壊してやり直すほうが、工事はうんと簡単なんだそうです。私の記憶では、全部壊してやり直すんなら1週間くらい。この雰囲気を残して改装するんだと3週間くらいかかると言ってたように思います。

 それでもMさんご自身も、この老舗の雰囲気をそのまま残していくことには賛成してくださっていて、床に近いあたりの、壁やカウンターの木が腐っている部分なども、なるべく他の部分との差を感じさせないように改装してくれようとしているようです。

 問題は古い生ビールサーバーで、内部のチューブなどは問題ないものの、ビールを注ぐコックの部分にゆるみが生じていて、コックをきっちりと締めることができないようです。ここをどうするかが、今後の大きな課題になりそうです。

 ひとしきり「オオムラ」の状況を見せていただいてから、アヤさん、木戸さんと3人で「関白」へ。ホルモン煮(500円)と、牛バラ(1,200円)、豚耳と豚足のミックス(1,000円)を注文して、生ビール中(エビス、700円)で乾杯です。

 ホルモン煮は、コブクロをはじめとした内臓肉各種をさっとゆがいて、刻みネギをたっぷりとかけ、ポン酢醤油でいただくもの。首都圏のミソ味、あるいは醤油味ベースの、もつ煮込みとはちょっと違います。

 牛バラや、豚足、豚耳などは、すべてフライパンの湯でゆでた上で、カンカンに熱したジンギスカン鍋の上に、野菜と一緒にのせてできあがります。ジュワァ~~ンと激しくのぼる湯気が、いかにもおいしそう!

 さらにはカモネギ焼き(600円)や、サラダ(450円)を追加注文すると、サラダは大ぶりのボウル状の器に、ひとりだと食べきれないかもと思うほど、たっぷりと生野菜を盛ってくれます。

 生ビールをそれぞれ2杯ずつほど飲んだ後は、エビス瓶ビール(大瓶700円)に切り換えて飲み進み、さらに1軒だけでは話足らず、2軒目はすぐ近くにある食彩の館「しゃらく」へ。「オオムラ」の過去や未来を話しながら、楽しい夜を過ごしたのでした。

(注:生ビールサーバーなどの問題はすでに解決し、2012年5月17日(木)、新生「オオムラ」は、無事に営業を再開しています。)

店情報前回

《平成24(2012)年4月16日(月)の記録》

|

« 〔コラム〕 「宇和島の鯛めしは生卵入りだった」(太田和彦・著) | トップページ | 野球のあとにカクテル … 「BAR ANCHOR(アンカー)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/54814263

この記事へのトラックバック一覧です: オオムラの未来に乾杯 … 「関白(かんぱく)」(呉):

» 夏のおでんもいい感じ … おでん「迷亭(めいてい)」(呉)他 [居酒屋礼賛]
 久しぶりにやってきたのは「迷亭」。ここはカウンター12席だけのおでん屋で、夏でも、冬でも、酒の肴はおでんがメイン。おでん以外のメニューは1~2品あるかどうかといったところ。日本酒や焼酎の品ぞろえもいいので、酒好きには人気の酒場なのです。  土曜日の今日は、昼前までゴロゴロと過ごして、昼食は「関白」のラーメン定食。自慢の牛テールスープを使ったラーメン(単品600円)に、昼だけ小鉢が2品(今日は冷奴... [続きを読む]

受信: 2012.07.30 11:45

« 〔コラム〕 「宇和島の鯛めしは生卵入りだった」(太田和彦・著) | トップページ | 野球のあとにカクテル … 「BAR ANCHOR(アンカー)」(呉) »