« 〔くれ便り〕 「山乃家」の鍋焼きうどん定食 | トップページ | 〔コラム〕 古典酒場×ホッピー ほろ酔いと~く »

自家製タレでせん刺し … 焼肉・なべ「ほらふき」(呉)

せん刺し


 やっと風邪も治って、今日は呉の地域情報誌である月刊「くれえばん」の取材で「ほらふき」です。

 はじめていただいた、せん刺し(600円)には、自家製の赤いタレが添えられています。見た目はとっても辛そうに見えるのに、実際に食べてみるとそんなことはなくて、酸味が効いたいい味わいでした。

 ここに来る客、ほぼ全員が注文するという定番の名物が、ほらふき鍋。1人前が1,800円ながら、この1人前で、女性であれば3人が満腹になる量があります。男性でも二人ではちょっときびしい。

 この店を一人で切り盛りしている女将・永野薫(ながの・かおる)さんは二代目。創業者である初代女将は、二代目のお母さんで、ほらふき鍋はお母さんが考えたオリジナルの鍋物なんだそうです。

「もともとは家(うち)で食べていた家庭料理だったんだけど、25年ほど前にこの店を開いたときに、それをこの店で出すようにしたんですよ」

 と二代目女将。初代女将を7年ほど手伝った後、3年前に初代女将が引退し、店を引き継ぎました。

ほらふき鍋 そのほらふき鍋は、鍋の底のほうにごく少量の鶏ガラスープを入れ、ホルモン(牛腸)、ハチノス(牛胃)、天ぷら(平天)、うどん、白菜、玉ねぎ、ねぎ、えのき、もやしを盛り込んでいきます。ど~んと盛られた具材は、鍋の上に20センチほどの山になるボリューム。

 この具材の上に、ニンニクや唐辛子のほか、12種類以上もの野菜や果物などを混ぜ合わせた、自家製の味噌タレをかけて火にかけます。

 なにしろ野菜が多いので、グツグツと煮え始めると野菜からどんどん水分が出てきて、最終的にはちょうど鍋の深さと同じくらいの水分量になるのです。

 全部食べてもまだ足りない場合は、それぞれの具材ごとに追加注文することが可能です。

 最後はご飯を投入して、おじやにするのがこれまた定番の食べ方。このときチャンジャ(300円)を入れてパンチを効かせたり、生卵を溶きいれてマイルドにしたりしながら楽しみます。

 この日の取材記事は、現在(平成24年5月21日~6月20日)発売中の「月刊くれえばん 2012年6月号」(税込370円)に掲載されています。

店情報前回

《平成24(2012)年4月25日(水)の記録》

|

« 〔くれ便り〕 「山乃家」の鍋焼きうどん定食 | トップページ | 〔コラム〕 古典酒場×ホッピー ほろ酔いと~く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/54865396

この記事へのトラックバック一覧です: 自家製タレでせん刺し … 焼肉・なべ「ほらふき」(呉):

» ほらふき鍋で燗酒6升 … 焼肉・ホルモン「ほらふき」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
「ブラジルには鍋ものがない。ぜひ鍋が食べたいなあ」  という話をしていたら、元の職場の面々が「ほらふき」を予約してくれて、14人で『ほらふき鍋』を囲むことになった。  『ほらふき鍋』というのは、「ほらふき」の先代女将(現在の女将のお母さん)が考案した、オリジナルの牛もつ鍋。もともとは女将のご家庭で、家庭料理として食べていたものを、店でも出すようになったんだそうな。  この『ほらふき鍋』、牛もつ(ホ... [続きを読む]

受信: 2014.12.15 22:07

« 〔くれ便り〕 「山乃家」の鍋焼きうどん定食 | トップページ | 〔コラム〕 古典酒場×ホッピー ほろ酔いと~く »