« 自家製タレでせん刺し … 焼肉・なべ「ほらふき」(呉) | トップページ | 恒例、フルさんの征西 … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)ほか »

〔コラム〕 古典酒場×ホッピー ほろ酔いと~く

ほろ酔いと~く


 今日からゴールデンウイークの9連休に突入し、朝早くに単身赴任先の呉を出発して、自宅のある東京へ。しかし、今日の行先は自宅ではなくて、赤坂サカスBIZタワーにある居酒屋「DO-ZO」。今日はここで「古典酒場×ホッピー チャリティほろ酔いと~く」が開かれるのです。

 それにしても赤坂サカスとは、おしゃれだなぁ。歩いている人たちの姿が違う! ホッピービバレッジ本社って、こんなおしゃれなところにあるんですね!

 実に1年半ぶりとなる「ほろ酔いと~く」ながら、出演者はいつもと変わらず、渋谷和宏さん(日経BP局長)、ホッピーミーナさん(ホッピービバレッジ社長)、倉嶋紀和子さん(「古典酒場」編集長)、そして私の4人。控室で、ホッピーを飲みながらの打ち合わせも話が弾みます。

 会場のほうも、午後2時の開場とともに入った人からどんどんホッピーが飲める仕組み。会場も、控室も、どんどんテンションが上がっていくのです。

 そして午後2時半、ほろ酔いと~くのスタートです。

 乾杯用のお酒は、この日のために倉嶋編集長が入手してくださった、酔仙酒造の「酔仙 初酒槽(はつふね)」(去年12月に製造されたもの)。「初酒槽」はゆく年を想い、来る年を迎えるために年末に造られる特別なお酒で、数量限定のとても珍しいものです。

 冒頭の写真は、その「酔仙 初酒槽」(本醸造生原酒)の一升瓶越しに、会場の様子を写したものです。

 こんなにも大勢のみなさんにお越しいただきまして、本当にありがとうございました。とても楽しい、あっという間の「ほろ酔いと~く」でした。

 二次会は、ホッピービバレッジのみなさん、そして古典酒場の関係者のみなさんとともに、銀座のバー「Mitani-Ya」へ。

 渋谷和宏さんは、明日の朝、日テレの「シューイチ」の生放送に出演しないといけないので、残念ながら早々とご帰宅。前はテレビ朝日によく出演されていたのに、このところアチコチのテレビ番組に出演されてるんですね!

 しかしながら、今日、お客さんのひとりと参加してくださった赤坂「鳥通」の上岡料理長もいらっしゃっていて、おとなりでお話しさせていただくことができました。上岡料理長も愛媛県出身でびっくりでした。

 「Mitani-Ya」には、三冷ホッピーが置いてあって、みんなでホッピーをグイグイ。イケメンご兄弟が二人でやっているこのバーは、料理もおいしいので、ホッピービバレッジの若手社員のみなさんもうれしそう。彼ら、彼女らは「ほろ酔いと~く」の間、会場でずっと働いてくれていたので、ここでやっと食事です。

 午後9時過ぎまで、たっぷりと飲んで食べて、お開きになったところで、倉嶋編集長と、クラシマ・プロダクツの経理を担当されている愛子さんと3人で八重洲の「俺のイタリアン」へ。ここで、お友達と3人で飲んでいた、銀座「ロックフィッシュ」の間口さんと合流です。

 間口さんも愛媛県の出身。愛媛は東西方向に、東予(とうよ)・中予(ちゅうよ)・南予(なんよ)という3つの地域に分けられるのですが、「鳥通」の上岡さんが東予、私が中予、そして「ロックフィッシュ」の間口さんが南予の出身です。

 今日は愛媛の人が多いなぁ、と思いながら飲んでいたら、間口さんと一緒に飲んでいたバッカスさんは、呉のご出身とのこと。「え~、そうなんですか」と呉の話で盛り上がっていたら、我われのすぐ近くにいた、この店の若い店員さん(女性)も呉の出身だそうで、これまたびっくり。瀬戸内海沿岸率が高いですねぇ!

 そんなこんなですっかりと酔っぱらって東京駅へ。京浜東北線で帰る愛子さんと別れ、倉嶋編集長と私は中央線で荻窪へ。さすがにもう飲めないので、ここで解散となったのでした。

 早起きして呉を出て、日付けが変わって荻窪まで。とってもよく飲んだ連休初日でした。

 「ほろ酔いと~く」にお越しいただいたみなさん、改めまして、ありがとうございました。

《平成24(2012)年4月28日(土)の記録》

|

« 自家製タレでせん刺し … 焼肉・なべ「ほらふき」(呉) | トップページ | 恒例、フルさんの征西 … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/54883963

この記事へのトラックバック一覧です: 〔コラム〕 古典酒場×ホッピー ほろ酔いと~く:

« 自家製タレでせん刺し … 焼肉・なべ「ほらふき」(呉) | トップページ | 恒例、フルさんの征西 … 焼鳥割烹「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)ほか »