« 北区の人気やきとん店(2) … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条) | トップページ | 〔コラム〕 西日本新聞「土曜エッセー」で“酒場浴” »

北区の人気やきとん店(3) … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条)

古典酒場Vol.9より


「今までに食ったことがないような美味いものを食わせてやるから、オレについてきな!」とみんなをリードしてくれる店主のもとで、『埼玉屋劇場』とも呼ばれる串焼きの世界を堪能中です。

 そんな「埼玉屋」の様子は、「古典酒場 Vol.9」(本当に旨いホルモン酒場特集号)の連載漫画『ホッピー育ての親 名物酒場店主のホッピー子育て奮闘記』(中川のぞむ・漫画、ホッピービバレッジ株式会社・監修)にも描かれています。(上の絵がその漫画の1コマです。)

 今日は客のみんなが、クレソンサラダ(420円)と店主おまかせの串焼き(各140円)9本セットをいただく定番コースを食べていて、1本目に和牛リブロースのレア、2本目に上シロ(豚の直腸)の塩焼きが出されたところです。

 続く3本目はレバ(岩中豚、140円)の塩焼き。これまでの2本を、出されるや否やといったスピード感で必死に食べていたのを見てくれていたのか、「おにいさんには、これくらいのがいいだろう」と、焼き台の上にずらりと並んだレバの中から、うんと若焼きにできあがったレバを1本取り上げて、だれよりも早く出してくれました。おぉ~っ。焼き台の横に座って良かったのぉ。もちろん大急ぎでいただくと、そのレバの甘いこと。

「今日のレバは甘いだろう?」と、他の客にも焼きあがったレバを配りながら店主が聞いてくれます。レバは見た目では味(特に甘みの度合い)はわからなくて、切って食べてみるしかないんだそうです。

 4本目はハツ(140円)塩焼き。5本目は同じ岩中豚の豚バラ(140円)と続きます。

 生レモンサワー(440円)も、おかわりをもらいます。冷たくて、ちょっと酸っぱいこの味が、口の中をビシッとリフレッシュしてくれるのです。

 最初に出してくれたクレソンサラダ(420円)も食べ終えたので、ここで大根サラダ(210円)を追加注文します。クレソンサラダは、クレソンと、拍子木切りの大根をポン酢醤油っぽいドレッシングでいただくもの。大根サラダは、クレソンサラダの大根の部分のみ、という一品です。このサラダのドレッシングに、塩焼きの焼き物をちょいと浸けて食べてもおいしいんですよね。

 6本目はチレ(豚の脾臓)。これをガーリックバターでいただくのが「埼玉屋」流です。チレはこの食べ方か、あるいは「秋元屋」やその系列店のような味噌焼きにするかが一番合うように思います。チレそのものはクニュクニュとした食感はおもしろいものの味はないので、あまり大きくカットするよりは、「埼玉屋」のチレ程度の適度な大きさにして、外部のソース(ガーリックバターなど)の味で食べさせるのがいいんでしょうね。

 7本目はカシラ塩、8本目はタン塩です。

 カシラは豚の頭(首から上)に付いている肉、タンは豚の舌です。食肉センターでは、頭、手足の先、内臓は落として枝肉とするので、その枝肉以外の部分がすべて“もつ”として扱われるのです。カシラなんて、ほぼ正肉と同じですよね。

 そして定番コースの最後の1本となる9本目。「さぁ、これが今日のメインディッシュだ」と言いながら出してくれたのはシャモ(軍鶏)です。

「まだ食べないでよ。これからソースをつけるからね」と店主が言っているところへ、厨房から出てきた息子さんと、奥さん(なのかな?)が、シャモの上にサルサソースをのせていってくれます。クゥ~ッ、うまいっ。

 本当はまだまだ食べていきたいんだけれど、もう生レモンサワーを4杯も飲んじゃったし、せっかくの東京なので、あと何軒かまわりたいし、ということで、今日は定番の9本コースだけでお勘定をお願いします。

 ちょうど2時間ほどの滞在。やきとん(各140円)9本に、生レモンサワー(440円)4杯、クレソンサラダ(420円)と大根サラダ(210円)で、本日のお勘定は3,650円でした。うぅ~、満足。どうもごちそうさま!

店情報前記事

《平成24(2012)年5月1日(火)の記録》

|

« 北区の人気やきとん店(2) … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条) | トップページ | 〔コラム〕 西日本新聞「土曜エッセー」で“酒場浴” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/54961700

この記事へのトラックバック一覧です: 北区の人気やきとん店(3) … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条):

« 北区の人気やきとん店(2) … やきとん「埼玉屋(さいたまや)」(東十条) | トップページ | 〔コラム〕 西日本新聞「土曜エッセー」で“酒場浴” »