« 冷たいマグロに熱い酒 … 「二毛作(にもうさく)」(京成立石) | トップページ | もつ焼きで大切なのは … やきとん「たつや」(沼袋) »

鯉のうま煮で丸眞正宗 … 鯉とうなぎの「まるます家(-や)」(赤羽)

鯉のうま煮で丸眞正宗


 「宇ち多゛」→「二毛作」と、下町・立石の名酒場をハシゴして、今日の3軒目は赤羽の「まるます家」です。

 立石~赤羽間は直線距離で約12キロ。京成立石駅から、青砥、日暮里、田端と3回乗り換えて約35分。酒場ファン垂涎の2拠点(立石と赤羽)は意外と近いのです。

 到着したのが午後3時半と、昼には遅く、夕方には早い時間帯であったにもかかわらず、やっぱり「まるます家」はほぼ満席。しかしながら、ダブル「コ」の字カウンターの、向かって右側の内側に、ひとり分の空きがあり、そこに入れてもらいます。

 飲み物は、北区で造られた「丸眞正宗」の生酒(300mlボトルが700円)をもらって、肴は鯉のうま煮(800円)を注文します。

 表の看板に「鯉とうなぎのまるます家」と書かれているとおり、この店の看板メニューは鯉とうなぎ。うなぎは、このところの値上がりで、「まるます家」でも値上げを余儀なくされていますが、鯉のほうは前のまま。うま煮の他にも、鯉のあらい(400円)、鯉の生刺(600円)、鯉こく(350円)が選べます。

 ここの鯉は、信州佐久の養殖業者から仕入れたもので、生刺(なまさし)で食べられることからもわかるとおり、クセも臭みもまったく感じたことがありません。

 鯉のうま煮は、内臓ごと輪切りにした鯉を、醤油(濃口)、酒、砂糖、みりんでじっくりと煮込んだもの。全体が茶色に色づき、ほろりと身がほぐれます。

 内臓と皮が、特に美味しいなぁ。

 鯉のうま煮をいただいた後は、さっぱりと生野菜(400円)を注文すると、レタスや玉ネギ、トマトにワカメなどが、ガラス食器に山盛りで出されます。

 午後5時過ぎまで、のんびりと1時間40分ほどの滞在。お勘定は1,900円でした。

 この店もまた、帰京のたびに立ち寄りたい名酒場の1軒です。

120602g 120602h 120602i
「まるます家」 / 壁に並ぶメニュー短冊 / 生野菜

店情報前回

《平成24(2012)年6月2日(土)の記録》

|

« 冷たいマグロに熱い酒 … 「二毛作(にもうさく)」(京成立石) | トップページ | もつ焼きで大切なのは … やきとん「たつや」(沼袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/55219208

この記事へのトラックバック一覧です: 鯉のうま煮で丸眞正宗 … 鯉とうなぎの「まるます家(-や)」(赤羽):

» 鯉を肴に取材を受ける … 鯉とうなぎの「まるます家(-や)」(赤羽) [居酒屋礼賛]
 1週間(9日間)の夏休みも、すでに中日(なかび)5日目。やってきたのは赤羽の名店、鯉とうなぎの「まるます家」です。  現在の時刻は午前10時。こんな時間なのに、店内はすでに混んでいて、かろうじて空いていた左側コの字カウンターの角の部分に座り、同行者の到着を待ちます。  いつもは自分が取材をさせてもらう側になることが多い「まるます家」ですが、今日はなんと、自分自身が取材される側。  読売新聞のニュ... [続きを読む]

受信: 2012.09.03 23:41

« 冷たいマグロに熱い酒 … 「二毛作(にもうさく)」(京成立石) | トップページ | もつ焼きで大切なのは … やきとん「たつや」(沼袋) »