« 呉の豚足は鉄板で焼く … 屋台「一二三(いちにいさん)」(呉) | トップページ | 店情報: お食事処「ひろ」(呉) »

ピートの香りを実体験 … バー「アンカー(BAR ANCHOR)」(呉)

泥炭に着火


 「オオムラ」、「一二三」と飲み歩いて、今日の3軒目はバー「アンカー」です。

 「アンカー」では、いつも『今月のウイスキー』ということでサービス・ウイスキーを1本置いていて、ひとり1杯、500円で飲むことができます。

 『今月のウイスキー』といいながらも、実はその1本のボトルが空くまで、そのウイスキーがサービス・ウイスキーで、空くと次の新しいウイスキーが、サービス・ウイスキーに設定されます。だから1ヶ月もつものもあれば、もたないものもある。でも必ずなにか1本のサービス・ウイスキーはあるのです。

 自分で注文するときは、知ってるウイスキーにかたよりがちなので、こうやって安価にいろいろなウイスキーを楽しめる機会が用意されているというのはいいことですよね。

 現在の『今月のウイスキー』は「クラガンモア(CRAGGANMORE)12年」。飲んだことのないウイスキーなので、さっそくその「クラガンモア」をストレートでいただきます。

 ん~、香りがいいですねぇ。

 スペイサイド(スコットランド東岸の川沿い)・モルトなのにスモーキーな香りがするのもおもしろい。

「そういえば、ウイスキーのブレンダーは“香り”でブレンドしていくと聞いたことがあるんだけど、ほんと?」と店主に聞いてみると、

「えぇ。こんなのがあるんですよ」

 と言いながら見せてくれたのは、木製の立派な箱に入った“スコッチウイスキー・アロマ・ノージングキット(Scotch Whisky Aroma Nosing Kit)”。中には24個の香りの小瓶が入っています。

1. ALCOHOL (アルコール)13. CUT GRASS (刈った芝生)
2. VANILLA (バニラ)14. MALTY (モルティー)
3. HAY (干し草)15. MEDICINAL (薬品)
4. BUTTERY (バター)16. NUTTY (ナッティー)
5. CARAMEL (カラメル)17. PEATY (ピーティー)
6. CITRUS (シトラス)18. PHENOLIC (フェノール)
7. DECAY (腐敗)19. SMOKY (スモーキー)
8. ETHEREAL (エーテル)20. SOLVENTY (溶剤)
9. EARTHY (土っぽい)21. SHERRY (シェリー)
10. ROSE WATER (ローズウォーター) 22. SPICY (スパイシー)
11. CARNATION (カーネーション)23. SPIRITUOUS (スピリッツ)
12. FRUITY (フルーティー)24. WOODY (ウッディー)

 アルコール(1)とエーテル(8)、フルーティー(12)の違い。ピーティー(17)とスモーキー(19)の違いなんかは、酔ってないときに、じっくりと嗅ぎ分けてみたいですねぇ。この店に来るときは、いつも酔ってるのが残念だなぁ。

 店には泥炭(ピート)も置いていて、それも見せてくれたばかりか、「ちょっと焼くと、香りが立つんですよ」とバーナーで火を入れてくれました。

 こうなると、やっぱりそのピートの香りが特徴的なアイラ(スコットランド西岸の島)・モルトですね。「アードベッグ(ARDBEG)10年」を、これまたストレートでいただいて、1時間半ほどの滞在は1,850円でした。ごちそうさま。

 「アンカー」を出たところで午前0時半。ちょっと小腹がすいたので、「うどんの天」で、かけうどん(450円)を食べて〆。ラーメンの500円は高いと思わないのに、かけうどんの450円は、なんだか高く感じるなぁ。カクテルが800円だと安いと思うのに、日本酒が800円だと高いと思うのと似てるのかもね。

120511c 120511d 120511e
クラガンモア12年 / チャーム(果物) / アロマ・ノージングキット

120511f 120511g 120511h
泥炭(ピート) / アードベッグ10年 / 「うどんの天」かけうどん

店情報前回

《平成24(2012)年5月11日(金)の記録》

|

« 呉の豚足は鉄板で焼く … 屋台「一二三(いちにいさん)」(呉) | トップページ | 店情報: お食事処「ひろ」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/55085524

この記事へのトラックバック一覧です: ピートの香りを実体験 … バー「アンカー(BAR ANCHOR)」(呉):

» つるりと尻尾の先まで … お食事処「富士さん(ふじさん)」(呉)など [居酒屋礼賛]
 カウンター上にずらりと並ぶ大皿料理のひとつに、つぶ貝を発見!  広島方面でつぶ貝というと、その辺の磯にいる小さな巻貝のこと。塩ゆでして、まち針や安全ピンで身を取り出していただきます。  これがなかなかうまくいかなくて、途中で切れてしまうことが多いのです。そうすると、一番お酒に合う肝の部分が、貝殻の中に残ってしまって、もう取り出すことができません。  つるちと尻尾の先まできれいに出てくると、思わず... [続きを読む]

受信: 2012.07.09 23:38

« 呉の豚足は鉄板で焼く … 屋台「一二三(いちにいさん)」(呉) | トップページ | 店情報: お食事処「ひろ」(呉) »