« 二日目も呉でハシゴ酒 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)他 | トップページ | 店情報: お食事処「富士さん(ふじさん)」(呉) »

うどんに始まり終わる … 屋台「一二三(いちにいさん)」(呉)ほか

「一二三」


 昨夜はたくさん飲んだので、土曜日の今日は昼前までごろごろと、録りためたTV番組を見たり、本を読んだりして過ごし、昼前にやっと起き出して、本日初の食事は、「平原」のカレーうどん定食(500円)です。コロッケ、冷奴、キンピラから1品を選ぶおかずは、コロッケをもらいます。

 炭水化物(うどん)+炭水化物(ごはん)という定食ながら、うどんはお吸い物代わり。スパイシーなカレー味が、二日酔いの口に心地よいですねぇ。

 うち(単身赴任社宅)に戻って、たまった家事を済ませるともう午後4時過ぎ。3時には開いている「オオムラ亜」に出かけると、他に先客はいなくて、店主・亜矢さんと手伝いの女性のみ。13席のカウンターのど真ん中に座って、生ビール(500円)です。ここは生ビールしかないので、注文しなくても、座ると生ビールが出されます。

 旧「オオムラ」時代には、つまみは乾き物しかありませんでしたが、「オオムラ亜」になってから、調理した料理もメニューにのぼるようになりました。そのつまみはすべて200円か300円。すべてがそうというわけではありませんが、基本的に乾き物が200円で、調理したものが300円といった感じです。

 今日の調理メニューは、ポテトサラダ(300円)、マカロニサラダ(300円)に、枝豆(200円)。

「ポテトサラダとマカロニサラダのミックスはできる?」と聞いてみると、

「昨日からそれがよく出るんよ」とのこと。さっそくそのミックスサラダをいただきます。

 30分もしないうちにカウンターは満席になり、私も3杯目となる生ビールとともに、ポールウインナー(200円)をいただきます。ポールウインナーは、1934年(昭和9年)の発売以来、80年近く販売され続けている伊藤ハムの商品ながら、関西地区を中心に販売されているので、首都圏をはじめ、中部地方以東の人たちにはなじみがないかもしれませんね。

 生ビール3杯に、つまみが2品。2千円のお勘定で「オオムラ亜」を出て、夜の部、2軒目は屋台の「一二三」です。

 午後6時半の「一二三」は、ちょうど今、開店準備を終えたばかり。さっそく焼酎の水割り(400円)をもらって、つまみにはおでん(各100円)の玉子と、切り出し(牛スジの肉の部分)、アキレス(牛スジの筋の部分)をもらい、メザシ(9尾1人前で450円)も焼いてもらいます。

 さらにもう1杯、焼酎の水割りをおかわりして、1時間半ほどの滞在。お勘定は1,550円でした。

 「一二三」のラーメン(500円)で〆としてもよかったのですが、それをせずに出てきたのは、なんだか急にうどんの出汁(だし)の味わいが恋しくなったから。「一二三」からも歩いてすぐの、細うどんの老舗「山乃家」(中通店)に入り、かけうどん(330円)をいただきます。この少し甘~い出汁がいいんだな。汁まで完食して〆。

 単身赴任社宅に帰り着いたのは午後8時半でした。これくらいで飲み終えると、明日にダメージは残らないな。

 「平原」のカレーうどん定食に始まり、「山乃家」のかけうどんで終わった1日でした。

120519a 120519b 120519c
「平原」カレーうどん定食 / 「オオムラ亜」乾き物 / ミックスサラダ

120519d 120519e 120519f
「一二三」おでん / めざし / 「山乃家」かけうどん

・「平原」の店情報前回) / 「オオムラ亜」の店情報前回) / 「一二三」の店情報前回) /

《平成24(2012)年5月19日(土)の記録》

|

« 二日目も呉でハシゴ酒 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)他 | トップページ | 店情報: お食事処「富士さん(ふじさん)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/55153150

この記事へのトラックバック一覧です: うどんに始まり終わる … 屋台「一二三(いちにいさん)」(呉)ほか:

» つるりと尻尾の先まで … お食事処「富士さん(ふじさん)」(呉)など [居酒屋礼賛]
 カウンター上にずらりと並ぶ大皿料理のひとつに、つぶ貝を発見!  広島方面でつぶ貝というと、その辺の磯にいる小さな巻貝のこと。塩ゆでして、まち針や安全ピンで身を取り出していただきます。  これがなかなかうまくいかなくて、途中で切れてしまうことが多いのです。そうすると、一番お酒に合う肝の部分が、貝殻の中に残ってしまって、もう取り出すことができません。  つるちと尻尾の先まできれいに出てくると、思わず... [続きを読む]

受信: 2012.07.09 23:38

» サバ煮とトロロで燗酒 … お食事処「寿(ことぶき)」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
 午後3時半に「くわだ食堂」を出て、れんが通りを北上。今日の2軒目は、開店十日目となったビヤハウス「オオムラ亜」に入ります。  ハチク(淡竹)煮(300円)をつまみに、生ビール(500円)を、グッと1杯、思わず2杯。1時間ほど飲んで、1,300円のお勘定を払ったら、次へと向かいます。  さらに北上し、れんが通りを突き抜けたところで右へ。3軒目はお食事処「寿」です。  ここも1軒目の「くわだ食堂」と... [続きを読む]

受信: 2012.07.11 22:14

» 鍋焼きうどんで日本酒 … そば処「平原(ひらはら)」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
 日曜日の今日は「減塩サミット」の二日目。同じ場所(大和ミュージアム)で「海軍グルメフェア」も開催されています。  まずは減塩屋台に出店中の伊酒屋「ヴェッキオ」で減塩ピザ(500円)をゲットし、「海軍グルメフェア」からは、呉地ビール(海軍さんの麦酒)のアルト(500円)をもらって、ピザとビールで遅めの朝食です。  その後も、ビールを片手にあちこちを見学し、昼食は「海軍グルメフェア」の屋台で、ぶっか... [続きを読む]

受信: 2012.07.13 21:07

« 二日目も呉でハシゴ酒 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)他 | トップページ | 店情報: お食事処「富士さん(ふじさん)」(呉) »