« 〔コラム〕 炒飯弁当で飲んで、天ぷらうどんで〆 | トップページ | ラッキー続きの日曜日 … 屋台「一二三(いちにいさん)」(呉)他 »

鱧だ!鮎だ!穴子だ! … 料理屋「灘(なだ)」(呉)他

鮎の塩焼き


 金曜日の今日はビヤハウス「オオムラ亜」で、イカナゴの釘煮(200円)をつまみに生ビール(500円)を3杯ほど飲んだ後、魚を食べようと料理屋「灘」へと向かいます。

 「灘」は手前が細長いカウンター席(6席)で、その奥がちょっと広がって4人掛け3卓のテーブル席。総席数18席の店内を、店主・灘さんと手伝っている女性、そして学生アルバイトの3人で切り盛りしています。

 人気の「灘」は、いつもお客さんでいっぱい。今日も奥のテーブル席にもグループ客がいるほか、カウンター席も男性ひとり客と、男女二人連れの2組が座っていて、私もその中間あたりに座ります。

 いつものように剣菱の燗酒(400円)を注文して、料理は「おまかせ三品(みしな)」(2,500円ほど)を注文します。

 おまかせ三品というのは、メニューに明記されているわけではないのですが、毎日、筆で手書きされている70品以上のメニューに迷った場合には、もっともおすすめの注文の仕方。グループの場合は事前予約が必要ですが、ひとり、二人ならその場でおまかせ三品を注文することが可能です。

 お通しの筍(たけのこ)煮をつつきながら待つうちに、まず出されたのは鱧(はも)の焼造りです。骨切りした鱧を炙り、ミョウガとワサビ、芽ジソを添えて出してくれるのを、梅肉醤油でいただきます。

 2品めは鮎の塩焼き。6月となると鮎ですよねぇ。ぷっくりと肥えていて見るからに美味しそう。思わず燗酒もおかわりです。

 造り、焼き物ときて、3品めは穴子(あなご)の胡麻揚げです。野菜天もたっぷりと添えられているのがうれしいですね!

 最後は賀茂泉の燗酒(400円)をいただいて、2時間ほどの滞在。

 金曜日なので、さらにお好み焼きの「のぶ」、屋台の「富士さん」とハシゴして、社宅に帰り着いたのは午前2時前でした。

120608a 120608b 120608c
「灘」お通し(筍煮)と燗酒 / 鱧の焼造り / 穴子の胡麻揚げ

120608d 120608e 120608f
「オオムラ亜」いかなご釘煮 / 「のぶ」とろろ焼き / 「富士さん」もやし炒め

・「オオムラ亜」(前回) / 「」(前回) / 「のぶ」(前回) / 「富士さん」(前回

《平成24(2012)年6月8日(金)の記録》

|

« 〔コラム〕 炒飯弁当で飲んで、天ぷらうどんで〆 | トップページ | ラッキー続きの日曜日 … 屋台「一二三(いちにいさん)」(呉)他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/55265023

この記事へのトラックバック一覧です: 鱧だ!鮎だ!穴子だ! … 料理屋「灘(なだ)」(呉)他:

» ラッキー続きの日曜日 … 屋台「一二三(いちにいさん)」(呉)他 [居酒屋礼賛]
 土曜、日曜は松山の実家に帰省。呉~松山間は高速船で1時間、フェリーでも2時間の距離なので、呉に単身赴任してきて以来、1ヶ月に1度くらいのペースで帰省しています。  18歳で高校を卒業して以来、ずっとよその土地で暮らしてきたので、今またときどき故郷でのんびりと過ごせるのは嬉しい限り。  日曜日の夕方、実家を出発して、呉港に到着するのは午後8時ごろ。  屋台のラーメンで夕食にしようと、呉港から、蔵本... [続きを読む]

受信: 2012.07.27 11:45

» 鉄板カウンターで飲む … お好み焼き「のぶ」(呉) [居酒屋礼賛]
 倉嶋編集長と行く呉酒場さんぽ。  3軒めとして、前に来られたときに店内の様子をのぞき見ただけだった、呉最古のスタンドバー「どん底」を目指しますが、台風の影響か、残念ながら今日はお休み。  それじゃ、と次に向かったのはお好み焼きの「のぶ」です。せっかく呉(広島)にいらっしゃったんなら、やっぱり鉄板でできたカウンターでも飲んでいただかないとね!  「のぶ」は、その営業時間が午後5時から、日付けが変わ... [続きを読む]

受信: 2012.08.02 06:49

» 沼袋たつや店主夫妻と … 「のぶ」「富士さん」「どん底」「BAR ANCHOR」(呉) [居酒屋礼賛]
 沼袋「たつや」の店主夫妻(たっつんさん、まるたんさん)と巡る呉酒場。午後8時に、1軒目の「關白」を出て、すでに閉店して片付け中の「オオムラ亜」で、生ビールサーバーをちらりと見せていただいてから、お好み焼きの「のぶ」へ。せっかく広島に来てもらったので、カウンター全体が鉄板でできているお店も見ていただこうという考えです。  ただし、明日の昼、お好み焼きを食べる予定が入っているので、今日はトロロ焼きと... [続きを読む]

受信: 2012.10.23 08:00

» 松山から母が出てきて … 料理屋「灘(なだ)」(呉)ほか [居酒屋礼賛]
 松山から母がやってきて、呉観光をしたあと、夕食は料理屋「灘」に向かいます。  平成12(2000)年に、店主・灘佳憲(なだ・よしのり)さんが創業したこの店は、平成20(2008)年5月に現在の場所に移転。  店名に“料理屋”と冠してあるとおり、この店の売りはなんといっても料理。お酒は、その料理を美味しくいただくための脇役的な存在ながら、料理の味をより盛り立てるように、少数精鋭のいいお酒がそろって... [続きを読む]

受信: 2012.12.26 09:08

« 〔コラム〕 炒飯弁当で飲んで、天ぷらうどんで〆 | トップページ | ラッキー続きの日曜日 … 屋台「一二三(いちにいさん)」(呉)他 »