« 鳥も魚も、どっちも! … 居酒屋「鳥八茶屋(とりはちちゃや)」(呉) | トップページ | 二日目も呉でハシゴ酒 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)他 »

通と食す屋台焼きそば … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉)

まずはおでんで一献


 東京を出発して、四国→中国→近畿をロングツーリング中の飲み仲間・SaltyDogさんと行く呉酒場。3軒目は屋台の「富士さん」です。

 SaltyDogさんは、「焼きそば名店探訪録」という、「焼きそば」の専門食べ歩きサイトも作られているほどの焼きそばフリーク。

 ここ「富士さん」の名物料理がホルモン焼きそば(900円)なので、さっそくそれを1人前注文して、そのできあがりを待つ間に、おでんを2個ずつもらって、芋焼酎(黒霧島)の水割り(400円)で乾杯です。

 屋台の「富士さん」は昭和49(1974)年の創業。今年で創業38年になります。

 現在の店主・山内一寛さんは、創業店主であるお父さんの跡を継いだ2代目。4人兄弟の末っ子で、お父さんが屋台の「富士さん」を開いたときは、まだ高校生だったそうです。ちなみに、お母さんのお名前が富士子さんなので、店名が「富士さん」になりました。

 この店を紹介するときに、いつも“屋台の”と枕詞(まくらことば)が付くのは、中通3丁目に、一寛さんのお姉さん夫婦がやっている“店舗の”「富士さん」もあるからです。

 人気の名物料理・ホルモン焼きそば(900円)は、常連さんの希望で生まれた一品。定番メニューであるホルモン炒め(700円)に「麺も入れてくれ!」ということで作り始めたんだそうです。

 とはいうものの、この店にある麺は、ラーメン(500円)を作るための中華麺のみ。

 そこで、ラーメンを作るときと同じように、寸胴(ずんどう)で中華麺をゆであげて、それをしっかりと湯切りをして、ホルモン炒めに加えるようにしたんだそうです。

 味付けも、ホルモン炒めを作るときと同じく、焼肉のタレ風のもの。

 この店には、焼きそば(600円)というメニューもあり、これも同じく、ゆであげた中華麺で作ってくれる焼きそばなのですが、こちらはソースで味付けします。

 中華麺ならではの、ツルツルっとした食感と、噛みしめるときのシコシコ感がおもしろんですよねぇ。クセになる一品です。

 1時間ほどの滞在。お勘定は二人で2,100円(一人当たり1,050円)でした。どうもごちそうさま。

120517d 120517e 120517f
厚揚げ、鶏もつ / 平天、大根 / ホルモン焼きそば

店情報前回

《平成24(2012)年5月17日(木)の記録》

|

« 鳥も魚も、どっちも! … 居酒屋「鳥八茶屋(とりはちちゃや)」(呉) | トップページ | 二日目も呉でハシゴ酒 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/55138700

この記事へのトラックバック一覧です: 通と食す屋台焼きそば … 屋台「富士さん(ふじさん)」(呉):

» 鱧だ!鮎だ!穴子だ! … 料理屋「灘(なだ)」(呉)他 [居酒屋礼賛]
 金曜日の今日はビヤハウス「オオムラ亜」で、イカナゴの釘煮(200円)をつまみに生ビール(500円)を3杯ほど飲んだ後、魚を食べようと料理屋「灘」へと向かいます。  「灘」は手前が細長いカウンター席(6席)で、その奥がちょっと広がって4人掛け3卓のテーブル席。総席数18席の店内を、店主・灘さんと手伝っている女性、そして学生アルバイトの3人で切り盛りしています。  人気の「灘」は、いつもお客さんでい... [続きを読む]

受信: 2012.07.26 11:45

« 鳥も魚も、どっちも! … 居酒屋「鳥八茶屋(とりはちちゃや)」(呉) | トップページ | 二日目も呉でハシゴ酒 … おでん「魚菜や(ぎょさいや)」(呉)他 »