« 鉄板カウンターで飲む … お好み焼き「のぶ」(呉) | トップページ | 店情報: 銘酒処「酒狸(さけたぬき)」(呉) »

呉酒場さんぽ〆の1軒 … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉)

アードベッグ10年


 「のぶ」を出たところで午前0時半。店の前で解散して、倉嶋編集長を今日の宿へと送っていきつつ、最後にもう1軒と、今日の4軒めとなる「BAR ANCHOR」に入ります。

 この店を一人で切り盛りする森貞慶章さんは、30歳という若さながら、すでにベテランの風格で、とても居心地がいいのです。

 料理屋は料理が主で、酒は従。居酒屋は料理と酒がちょうどいいバランスなのに対して、バーの主役はあくまでも酒。まず第1に酒があって、会話や料理がその後に続きます。

ジン・トニック 今日の主役。倉嶋編集長はブラッディ・マリーを、私はジン・トニックを選びます。

 こうして一緒に注文すると、同時進行でカクテル作りを進めていって、最後はほぼ同時に、でもちょっとだけレディーファーストで出してくれるのが、なんとも心憎いですね。

 主役が出たら、次は会話。カウンターでの会話は、ひとりで静かに飲んでいるお客にとっても格好の酒の肴。ここで小粋な会話ができるとすばらしいのですが、たいていは酒場での失敗談になってしまうのがくやしいなあ。

 倉嶋さんの2杯めはレッド・アイ。1杯めのブラッディ・マリーがウォッカ+トマトジュースだったのに対して、2杯めのレッド・アイはビール+トマトジュース。今夜はトマトジュースで攻めているようです。

 私の2杯めはアードベッグのストレート。最後の1杯は、アードベッグかマティーニで、ガツンと強烈に締めるのが好きなのです。

 東京で飲んでるときは、帰り道が気になったりするのですが、今日は、倉嶋編集長の宿も、私の社宅も、ここから徒歩2分ほど。しかも同じ方向なので、とっても安心。

 ひとつ問題なのは、呉には倉嶋さんが大好きな、夜中でも開いてるハンバーガー店があまりなくて、「富士そば」にいたっては1軒もないこと。この点だけを心配しつつ、「倉嶋編集長と行く呉酒場さんぽ」、全4軒を、無事にまわり終えたのでした。

 遠くまでお越しいただき、本当にありがとうございました。またの来呉を、心からお待ちしております。>倉嶋さん

店情報前回

《平成24(2012)年6月19日(火)の記録》

|

« 鉄板カウンターで飲む … お好み焼き「のぶ」(呉) | トップページ | 店情報: 銘酒処「酒狸(さけたぬき)」(呉) »

コメント

とっても楽しい呉酒場さんぽ。ありがとうございました! どのお店も実に酔い時間でした。お忙しいところに、お心配りくださいまして、感謝多謝です。

投稿: 倉嶋 | 2012.08.03 09:05

こちらこそ、お忙しい中、呉まで足をのばしていただきましてありがとうございました。
東京で、呉で、またご一緒させていただけることを楽しみにしております!

投稿: 浜田信郎 | 2012.08.04 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/55338887

この記事へのトラックバック一覧です: 呉酒場さんぽ〆の1軒 … バー「アンカー(ANCHOR)」(呉):

» 出もどって〆ラーメン … 屋台「一二三(いちにいさん)」(呉)他 [居酒屋礼賛]
 金曜日ながら、飲み始めがすっかり遅くなってしまい、午後9時ごろに「一二三」です。瓶ビール(550円)と豚耳(600円)を注文し、その豚耳ができるまでの間に、おでんの大根と厚揚げ(各100円)をもらってスタート。  豚耳ができてきたところで、焼酎(いいちこ)の水割り(400円)に切り換えて、豚耳のプリッ、コリッとした食感を味わいます。  とそのとき、ピピピッと鳴った電話は「オオムラ亜」の店主・亜矢... [続きを読む]

受信: 2012.08.07 07:00

« 鉄板カウンターで飲む … お好み焼き「のぶ」(呉) | トップページ | 店情報: 銘酒処「酒狸(さけたぬき)」(呉) »