« 東京に着くともつ焼き … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) | トップページ | プロの書き手の方々と … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)他 »

新作料理?ナポリタン … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮)他

スパゲティ・ナポリタン


 上の写真は「ペルル」の新メニュー(なのかな?私が知らなかっただけ?)スパゲティ・ナポリタン。ただし私がたのんだものではなくて、となりの常連さんが最後に注文された、〆のひと品です。

 店の切り盛りに加えて、調理も担当されているは山田さん。先代店主のころから「ペルル」を手伝っており、しかも、そのころからすでに料理も任されていたので、常連さんにとっても、『山田さんの料理』=『ペルルの料理』といった感じで、まるで違和感がありません。

 だから、このナポリタンのように、山田さんの作る新作料理は、そのまま「ペルル」の新作メニューとして認知されるのでした。

 今日は沼袋のもつ焼き「ホルモン」を出たあと、同じ沼袋の「たつや」にも立ち寄って、このところお気に入りのクエン酸サワー(380円)+追加のもろみ酢(100円)をいただきつつ、「たつや」の店主やご常連さんたちとの談笑タイム。1時間ちょっと、1,180円のお勘定で切り上げて、電車で都立家政へ。

 土曜日の今日は、「竹よし」の手伝いはキティちゃん。カウンター席には大常連のN尾さんや、かんちゃんたちの姿もあります。

 ここは「菊正宗」(350円)を燗酒でもらって、つまみはキティちゃん特製の「マニアな人のやみつきキュウリ」(300円)。

 「竹よし」もまた1時間ほどの滞在ながら、燗酒とキュウリだけで過ごしたので、お勘定はなんと650円ですって!

 平成13(2001)年7月に、この店に初めて来てから、10年以上になりますが、さすがに650円というお勘定は、最低新記録ですねぇ。たいへん失礼いたしました。次回はたくさんいただきますね。

 その「竹よし」のあと、テクテクと歩いて「ペルル」へとやって来たところ、今日はは大常連・T田さんのお誕生日なんだそうで、店内はおおにぎわい。お祝いのワインをいただいて、ウイスキーの水割りも飲んで、今日のお勘定は500円でした。ごちそうさま!

120721i 120721j 120721k
「たつや」クエン酸サワー+もろみ酢 / 「竹よし」キュウリと燗酒 / 「ペルル」水割り

・「たつや」の店情報前回) / 「竹よし」の店情報前回) / 「ペルル」の店情報前回

《平成24(2012)年7月21日(土)の記録》

|

« 東京に着くともつ焼き … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) | トップページ | プロの書き手の方々と … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/55477777

この記事へのトラックバック一覧です: 新作料理?ナポリタン … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮)他:

» プロの書き手の方々と … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)他 [居酒屋礼賛]
 今日は6人で「竹よし」のテーブル席です。  今日のメンバーの一人目は、文筆家の木村衣有子(きむら・ゆうこ)さん。初めてお会いする木村さんと私の共通点はというと、同じ読売新聞夕刊の「ぶらり食記」に執筆させていただいていたということです。  この「ぶらり食記」、週に1回の連載を、4人ほどの執筆者が持ち回りで担当するので、順番が回ってくるのは月に1回程度。  私が2009年5月から2010年3月までだ... [続きを読む]

受信: 2012.08.23 07:00

» 江田島の地酒・島の香 … やきとん「たつや」(沼袋) [居酒屋礼賛]
 赤羽駅東口を18時40分に出発する「(赤31系統)高円寺駅北口行き」バスで環七通りを下り、野方(のがた)へ。野方駅北口バス停から歩いても15分ほどで、となり駅の沼袋に到着します。(電車だとわずか1分。)  今日の2軒目は、やきとん「たつや」です。  東京に帰ってきたら、もつ焼き(やきとん)とホッピーは絶対に押さえておきたい。  まずは三冷白ホッピーと、冷製おまかせ3点盛り(525円)をもらうと、... [続きを読む]

受信: 2012.11.17 10:45

» うずら卵をピータンに … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) [居酒屋礼賛]
 上の写真、オリーブか葡萄(ぶどう)のようにも見えますが、実はこれは「うずらピータン」(400円)。その名のとおり、うずらの卵をピータンにしたものです。  つるんと一口で食べられる大きさがいいですね。いいつまみになります。  しかもピータン独特のクセも少ないので、ピータンがあまり好きじゃない人でも、これなら食べられるかも!  私自身は、本当のピータンも大好きなので、こうしてクセが少なくなってしまう... [続きを読む]

受信: 2013.02.21 06:10

« 東京に着くともつ焼き … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) | トップページ | プロの書き手の方々と … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)他 »